Web音遊人(みゅーじん)

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

息を吹き込んで楽器を振動させ音を鳴らすフルートは、人の声色に近く、まるで歌っているかのように演奏できるのが魅力。難しいと思われがちなこの楽器の練習ポイントをご紹介します。

Q1.フルートを構えると力が入ってしまい、姿勢を維持できません。どうしたらいいですか?

A.フルートの構え方の基本は三点支持法。右手親指、左手人差し指の付け根、唇の3点でフルートを支えるというものです。まずは、これがしっかりできているか見直すところから始めましょう。それぞれの位置を意識したうえで、鏡などを使って3点のバランスを確認しましょう。指全体で握りしめるように持ってしまうと、力が入って指がうまく動かなかったり、また息を吹き込んだときの振動が止まり響きが悪くなったりすることにもつながります。三点支持法は基本ではありますが、習得には時間がかかります。できればレッスンなどで指導してもらうのもよいでしょう。

Q2.うまく音が出ないときの原因と対処法は?

A.音を出すためのポイントは唇の当て方、唇の形、圧力、そして息のスピードの4つです。まずは当て方から。個人差はありますが、歌口(リッププレート)の3分の1から半分までを塞ぐ位置が適切。位置と同時に角度も重要です。次に唇は、にっこり微笑む感じのリラックスした形で。3つめの圧力については、三点支持のひとつである唇にしっかり圧力をかけましょう。最後に息ですが、フルートはロウソクの火をふーっと吹き消すようなく冷たい息をまっすぐ前にスピードをもって吹くことで音を出します。手のひらを顔の前に置き、真ん中に息が当たっているかどうかを確認するといいですよ。この4つを押さえれば、必ず音は鳴りますから、頑張ってください!頭部管では音が鳴るのに楽器をつけたら出なくなったという場合は、焦らずに頭部管練習に戻ってみるのもいいでしょう。

Q3.高い音を出しやすくするコツはありますか?

A.低音を出すときには口の形は大きく、高音になるほど小さく、という原則は頭に入れつつも、あまり意識し過ぎないほうがいいと思います。それよりも高音を出す際に大事なのは、息にスピードがあること。そして、そのスピードを支えるお腹です。まずは、出したい音を8分音符など短い長さで、タンギングを使わずに出す練習をしてみましょう。「ふっ、ふっ、ふっ」と息を吹いたときにお腹がへこむはずです。できるようになったら、2拍、4拍と長くして練習してみてください。腹式呼吸を意識することで安定した高音を出せるようになりますし、全体的な上達にもつながります。楽器を持たずに、息のトレーニングをするだけでも効果があります。

Q4.自宅などで音を出さずにできる練習はありますか?

A.フルートは横に構えて吹くので、指使いが曖昧になりがちです。フルートを肩に乗せて、譜面に沿って押さえる指の位置を目で確認する練習をしましょう。視覚的に覚えるので、音を出す際にも指使いが確実になります。

Q5.気温が低いと楽器にどんな影響が出ますか?

A.楽器が冷たくなると音の立ち上がりがよくない、響かないと感じる方は多いと思います。そんなときはキーをすべて押した状態で歌口から息を入れて温めましょう。ただ、冷たい楽器に温かい息をたくさん吹き込んだあとに練習すると、管の中に水滴がたまりやすくなります。タンポが水分を含んで膨張し、自然に乾燥することを繰り返していると、タンポがだんだんと縮んでしまって急に音が鳴らなくなることも。クリーニングペーパーやガーゼを巻いた掃除棒でこまめに水滴を取ってあげましょう。

協力:ヤマハ音楽教室・ヤマハミュージックレッスン 桑野千尋講師

楽器に関する疑問・質問大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」では、楽器に関する疑問や質問を募集しています。ぜひ、お聞かせください!
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:谷村新司さん「音がない世界から新たな作品が生まれる」

3734views

音楽ライターの眼

ビオラの歌、共鳴するピアノ/伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート

883views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

13645views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

72446views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8365views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

4892views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

5725views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3999views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6868views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7378views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3189views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19016views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7669views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10006views

音楽ライターの眼

2020年代にブルースを受け継ぐ男。ジョー・ルイス・ウォーカーが『ブルース・カミン・オン』を発表

1123views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

8102views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4446views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11816views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8907views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3736views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

9334views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3511views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19016views