Web音遊人(みゅーじん)

コンサートマスターとして、室内楽奏者として、音楽を意欲的に追求しているバイオリニスト/伊藤亮太郎インタビュー

コンサートマスターとして、室内楽奏者として、音楽を意欲的に追求しているバイオリニスト/伊藤亮太郎インタビュー

定期演奏会などがテレビ放映される機会の多いNHK交響楽団だが、指揮者のすぐ近くで楽団をリードするコンサートマスターは認知度・知名度の高い存在だろう。2015年からその地位にある伊藤亮太郎は、同時期に首席指揮者となったパーヴォ・ヤルヴィと並び、NHK交響楽団の新しい歴史を担う音楽家だ。

「2015年までは札幌交響楽団で10年間コンサートマスターを務めていましたが、N響に着任して、同じ立場でもレパートリーや雰囲気がまったく違うことを実感し、気分を新たにしました。パーヴォ氏も北欧の作品などを含めた幅広いレパートリーをおもちですから、こちらも日々が勉強ですし、定期演奏会はテレビやラジオで中継されますので緊張感も高まります」

コンサートマスターとして、室内楽奏者として、音楽を意欲的に追求しているバイオリニスト/伊藤亮太郎インタビュー

札幌交響楽団からNHK交響楽団へ移籍した際、楽団の伝統ともいうべき音の違いに驚き、慣れるまでにはやや時間を要したという。
「N響のサウンドはチェロやコントラバスの低音弦がすごく鳴るという印象が強く、最初はとても新鮮であり、驚きました。コンサートマスターの席にいても、音が迫ってくるように感じるのです。さまざまなタイプの指揮者をゲストにお迎えするのですが、基本的には指揮者それぞれの音楽的な解釈やアイデアを受け入れつつ、N響ならではのサウンドも生かした音作りをしてほしいので、コンサートマスターは橋渡し役にならなくてはいけません。いろいろな経験をすることで引き出しが増えるでしょうし、コンサートマスター冥利に尽きるような満足度の高いコンサートも増えていくのだと思います」

オーケストラを離れると室内楽の活動が多い。結成20年を迎えた弦楽四重奏団「ストリング・クヮルテットARCO」もそのひとつであり、伊藤が活動拠点を札幌から東京へ移したことを機に、演奏するチャンスを増やしていきたいという。
「メンバーそれぞれがオーケストラの楽員として多忙ですが(第2バイオリンの双紙正哉とチェロの古川展生は東京都交響楽団、ヴィオラの柳瀬省太は読売日本交響楽団に所属)、同年代の仲間として長く演奏してきましたし、経験を積んできたからこそ生まれる音楽もあるはずです。室内楽、特に弦楽四重奏の重要性については、ロンドンへ留学した際に師事したジェルジ・パウク先生に教えていただきました。ですから帰国のタイミングとほぼ同時に、同世代の素晴らしい音楽家たちとARCOを結成できたのは、とてもラッキーだったと思います。余裕ができましたら自分のリサイタルもしたいですし、N響の仲間たちと室内楽をする機会も増やしていきたいですね」

コンサートマスターとして、室内楽奏者として、音楽を意欲的に追求しているバイオリニスト/伊藤亮太郎インタビュー

そのN響メンバーとは、2017年9月30日(土)に銀座のヤマハホールでユニークなコンサートを行う。弦・管・打楽器7人によるアンサンブルに、熱狂的なクラシック・ファンとして知られる上方の落語家、桂米團治を語り手に迎え、ストラヴィンスキーの舞台作品『兵士の物語』などを演奏するのだ。
「一緒にオーケストラをやっている音楽家たちと、こういった形で共演できるのは楽しく、コンサートが待ち遠しいくらいです。桂米團治さんとは初共演ですが、この曲は物語の面白さや語り手の話しぶり、演技なども大きな魅力ですから、初めて聴く方も必ず楽しんでいただけるでしょう」
伊藤にとっても新鮮な経験だというこのコンサート。コンサートマスターとしての活躍ぶりと並行し、室内楽奏者としての活動にも注目したい。

■NHK交響楽団メンバーによる ストラヴィンスキー「兵士の物語」~語り:桂 米團治~

日時:2017年9月30日(土)19:00開演(18:30開演)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:7,000円(税込)
曲目:R.グリエール(F.プロト編)/『バイオリンとコントラバスのための組曲』、M.ラヴェル(竹島悟史編)/バレエ音楽『マ・メール・ロワ』、I.ストラヴィンスキー/『兵士の物語』

公演の詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

1269views

ニューイヤー・コンサート2018

音楽ライターの眼

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

3511views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

6935views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

5146views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

1820views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

4743views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

659views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3135views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

5276views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2553views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1928views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3169views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2898views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9771views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

2729views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5490views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

598views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

4090views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

6002views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2130views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

33568views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1284views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3169views