Web音遊人(みゅーじん)

1970年の初来日、大阪フェスティバルホールのステージ。

リヒテルとヤマハ、音の軌跡。生誕100年記念公演『リヒテルに捧ぐ』

スヴャトスラフ・リヒテル。いうまでもなく20世紀を代表するピアノの巨人。バッハから20世紀音楽にいたるまで膨大なレパートリーを持ち、残された名演奏の数々は没後20年近くになる今日、ますますその輝きを増しています。
1950年代、東西冷戦で西側と東側の交流が途絶えていた時代、ロシア(当時のソビエト連邦)にリヒテルという凄いピアニストがいるという情報が西側に流れ、長い間“幻のピアニスト”といわれていました。リヒテルが西側で初めて演奏を披露したのは1960年。その演奏の素晴らしさは、瞬く間に西側の音楽ファンに知れ渡ります。

1969年イタリアのパドヴァでの演奏会で、リヒテルは発売されて2年しかたっていないヤマハのフルコンサートグランドピアノ「CF」と出会います。この演奏会で「CF」を弾いたリヒテルは、その後南フランスのマントン音楽祭でもヤマハを選びます。調律にあたったのは、ヤマハの村上輝久を中心とするスタッフでしたが、このときの「日本のピアノ」と調律技術者のめざましい活躍ぶりは、ヨーロッパの新聞に写真入りで大きく紹介されました。
翌1970年は大阪万博の年。リヒテルは初来日を果たし、大阪フェスティバルホールでの2日目以降、全ステージで「CF」を弾きます(写真上)。そしてその後の来日公演はもちろん、海外での公演でも可能な限りヤマハのピアノを使用しました。
3回目の来日に当たる1979年、思いがけない、そして素晴らしいプレゼントがヤマハの技術者たちに贈られました。浜松のヤマハ本社ピアノ工場の一角にある視聴室でのリサイタルです。「ピアノづくりや調律という、ピアノにとって大切な意味を持つ仕事にたずさわる方々に、私の演奏をぜひお聴かせしたい」と、リヒテルが自発的に申し出たのでした。本格的なリサイタル形式で約2時間。リヒテルの演奏で、自分たちの日ごろ手がけているピアノが、これほど美しく息づくことに誰もが感動しました。このリヒテルからのプレゼントは、その後の来日のたびにくり返されました。

1979年のヤマハ本社ピアノ工場でのリサイタル。

ヤマハ本社ピアノ工場でのリサイタル。

終生ヤマハを愛し続けた理由を、リヒテルは次のように語っています。
「ほんとうに良いピアノというのは、心の感度、音楽に反応する心の感度がいい。言い換えれば、悲しい音を出したいときは悲しく、嬉しい音を出したいときは嬉しく鳴ってくれないといけない。ヤマハは、そういった心の感度の良さとブリリアントな面の両面を持っている」
今年はそのリヒテルの生誕100年。2015年3月13日(金)から1か月にわたり、上野公園を中心とした会場で開催される「東京・春・音楽祭」では、『リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)』と題して、さまざまなイベントが行われます。リヒテルと関わりの深い演奏家による4つのコンサートのほか、ドキュメンタリー・フィルム上映会、写真展など、巨人リヒテルの知られざる素顔に触れることができます。
みなさんも、20世紀最大のピアニスト リヒテルに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

■リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)

東京・春・音楽祭2015(2015年3月13日~4月12日)
詳しくはこちらをご覧ください。

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

2340views

萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

不可思議な靄(もや)のなかを導かれるような時間/萩原麻未&ヴォーチェ弦楽四重奏団スペシャル・コンサート

606views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

4255views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

29449views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

4926views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

3679views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

10685views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1188views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9076views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

2053views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

2934views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10856views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

5649views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

4620views

神保彰 ワンマンオーケストラ - Web音遊人

音楽ライターの眼

たったひとりで聴かせる驚異のオーケストラマジックに、聴衆は釘づけ!/神保彰 ワンマンオーケストラ2017 ~GINZA DE JIMBO~

5384views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

9057views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4120views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3124views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1031views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

1691views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

29180views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1557views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10249views