Web音遊人(みゅーじん)

1970年の初来日、大阪フェスティバルホールのステージ。

リヒテルとヤマハ、音の軌跡。生誕100年記念公演『リヒテルに捧ぐ』

スヴャトスラフ・リヒテル。いうまでもなく20世紀を代表するピアノの巨人。バッハから20世紀音楽にいたるまで膨大なレパートリーを持ち、残された名演奏の数々は没後20年近くになる今日、ますますその輝きを増しています。
1950年代、東西冷戦で西側と東側の交流が途絶えていた時代、ロシア(当時のソビエト連邦)にリヒテルという凄いピアニストがいるという情報が西側に流れ、長い間“幻のピアニスト”といわれていました。リヒテルが西側で初めて演奏を披露したのは1960年。その演奏の素晴らしさは、瞬く間に西側の音楽ファンに知れ渡ります。

1969年イタリアのパドヴァでの演奏会で、リヒテルは発売されて2年しかたっていないヤマハのフルコンサートグランドピアノ「CF」と出会います。この演奏会で「CF」を弾いたリヒテルは、その後南フランスのマントン音楽祭でもヤマハを選びます。調律にあたったのは、ヤマハの村上輝久を中心とするスタッフでしたが、このときの「日本のピアノ」と調律技術者のめざましい活躍ぶりは、ヨーロッパの新聞に写真入りで大きく紹介されました。
翌1970年は大阪万博の年。リヒテルは初来日を果たし、大阪フェスティバルホールでの2日目以降、全ステージで「CF」を弾きます(写真上)。そしてその後の来日公演はもちろん、海外での公演でも可能な限りヤマハのピアノを使用しました。
3回目の来日に当たる1979年、思いがけない、そして素晴らしいプレゼントがヤマハの技術者たちに贈られました。浜松のヤマハ本社ピアノ工場の一角にある視聴室でのリサイタルです。「ピアノづくりや調律という、ピアノにとって大切な意味を持つ仕事にたずさわる方々に、私の演奏をぜひお聴かせしたい」と、リヒテルが自発的に申し出たのでした。本格的なリサイタル形式で約2時間。リヒテルの演奏で、自分たちの日ごろ手がけているピアノが、これほど美しく息づくことに誰もが感動しました。このリヒテルからのプレゼントは、その後の来日のたびにくり返されました。

1979年のヤマハ本社ピアノ工場でのリサイタル。

ヤマハ本社ピアノ工場でのリサイタル。

終生ヤマハを愛し続けた理由を、リヒテルは次のように語っています。
「ほんとうに良いピアノというのは、心の感度、音楽に反応する心の感度がいい。言い換えれば、悲しい音を出したいときは悲しく、嬉しい音を出したいときは嬉しく鳴ってくれないといけない。ヤマハは、そういった心の感度の良さとブリリアントな面の両面を持っている」
今年はそのリヒテルの生誕100年。2015年3月13日(金)から1か月にわたり、上野公園を中心とした会場で開催される「東京・春・音楽祭」では、『リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)』と題して、さまざまなイベントが行われます。リヒテルと関わりの深い演奏家による4つのコンサートのほか、ドキュメンタリー・フィルム上映会、写真展など、巨人リヒテルの知られざる素顔に触れることができます。
みなさんも、20世紀最大のピアニスト リヒテルに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

■リヒテルに捧ぐ(生誕100年記念)

東京・春・音楽祭2015(2015年3月13日~4月12日)
詳しくはこちらをご覧ください。

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

2973views

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

1746views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1785views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

15655views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2613views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

3193views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2992views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4363views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5379views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3205views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3681views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22615views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11931views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9963views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

2802views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

3051views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3445views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2902views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9214views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3355views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

30705views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4349views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6419views