Web音遊人(みゅーじん)

武蔵野音楽大学楽器博物館

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

1967(昭和42)年、日本初の楽器博物館として開館した武蔵野音楽大学楽器博物館。大学付属である楽器博物館にどのような特長があるのか、主任・学芸員の守重信郎さんにお話をうかがいました。

武蔵野音楽大学楽器博物館の収蔵品第一号は、1953(昭和28)年、バイオリニストであり前学長である福井直弘氏が、ヨーロッパから持ち帰った1本のビオラ・ダモーレ(17世紀~18世紀に人気だった弦楽器)。これを機に本格的な収集がスタートし、東京の江古田キャンパス*、埼玉の入間(いるま)キャンパスに楽器博物館、教育研究施設であるパルナソス多摩に楽器展示室を備え、総計5600点を超える楽器コレクションを誇っています。

*校舎リニューアルのため、2018年春まで収蔵品を入間キャンパス楽器博物館に一時移転し、江古田キャンパス楽器博物館の資料の一部も、入間キャンパス楽器博物館において公開されています。

膨大なコレクションのなかで一際目立つのが、世界に1台しかない1853年製のナポレオン帽子型ピアノ。英国のビクトリア女王が、ナポレオンⅢ世とウージェニー妃の結婚祝いに贈ったもので、高級材であるクルミの化粧板が張られたボディと、各所に施された手の込んだ彫刻がとにかく豪華。 

武蔵野音楽大学楽器博物館

(写真左)ナポレオン帽子型ピアノ(写真右)クララ・シューマンが使っていたグランドピアノ

そのほか、作曲家シューマンの妻で、高名なピアニストだったクララ・シューマンが使っていたグランドピアノや、横は全音階、斜めは半音階で弾けて、移調しても指使いを変えずに済むヤンコピアノ、蓋を閉めるとテーブルにもなるテーブルピアノなど、ピアノがサロン楽器だった時代の文化や、楽器に施された様々な工夫を垣間見ることができます。

武蔵野音楽大学楽器博物館

(写真左)ヤンコピアノ(写真右)テーブルピアノ

また、バイオリンの銘器コレクションや、誕生から現在に至るまでの変遷が追える木管楽器コレクション、箏(そう)の製作者であり楽器収集家であった故・水野佐平氏から寄贈された邦楽器コレクションなど、希少価値の高い楽器が並びます。
「楽器本体だけでなく、弓や箏の弦を支える柱(じ)などの付属品や、一部の弦楽器については材料や製作工具類も展示、紹介することで、楽器を様々な角度から見られるようになっています」

武蔵野音楽大学楽器博物館

世界の民族楽器のコーナーでは、アルマジロを共鳴胴に使ったアンデス地方の弦楽器・チャランゴや、クジャクのハネを使ったインドのリード楽器・カハリアといった、インパクトたっぷりの原始的な楽器がずらり。チェンバロの祖先とされるカーヌーン、バイオリンの祖先とされるラバーブなど、現代の主要楽器のルーツをリアルに体感することもできます。

「楽器博物館は、歴史博物館、美術博物館、民族博物館の要素を兼ね備えています。楽器は音楽を楽しむための道具というだけでなく、どのように発展してきたかという歴史や、美術工芸品としての価値、民族・地域性を、展示を通して実感できることが何よりの魅力ではないでしょうか」

武蔵野音楽大学楽器博物館のすごさはこれだけはありません。
次ページでは、プレゼント情報も!

>続きをみる

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

10671views

船越清佳

音楽ライターの眼

「音楽があるから世界が美しい」そこを目指すフランスのピアノ指導とは/船越清佳インタビュー

2074views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

14197views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

290028views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8295views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11514views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19139views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6030views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14762views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11518views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4835views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29862views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8633views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12865views

斎藤雅広「ナゼルの夜会」

音楽ライターの眼

デビュー40周年を迎えた斎藤雅広が世に送り出す、舞踊の空気ただようアルバム

5664views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6993views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6489views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13342views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4972views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

6060views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

7929views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7435views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9947views