Web音遊人(みゅーじん)

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

小学生も幼稚園児も赤ちゃんも、みんなで出かけて、さまざまなアートを体験できる場があったらいいと思いませんか?池袋の東京芸術劇場で毎年開催されている『子どもたちと芸術家の出あう街』は、そんなお母さん、お父さんの願いを叶えてくれるイベント。「オーケストラ演奏会」をはじめ、「芸術体験ワークショップ」や0歳から入れる「はじめての音楽会体験」など、盛りだくさんのプログラムでアートな一日を過ごすことができます。

このイベントのユニークな特徴は、東京都内の4つのオーケストラが1年ごとに交代で登場するところ。2020年2月11日(火・祝)に開催される『第16回 子どもたちと芸術家の出あう街』は、新日本フィルハーモニー交響楽団が企画・制作・出演するとのことで、同団のスタッフにお話をうかがいました。

「今回は“アートで話そう”というテーマのもとに開催されます。2020年は東京オリンピックが開催される年で、世界中からいろいろな国の方々がいらっしゃいますが、国や言葉の違いを超えて、アートでひとつになれる、コミュニケーションが取れるということを伝えたいと思い、このテーマにしました」(企画・制作/石丸佳代子さん、以下同)

オーケストラ演奏会は、怒りんぼうの人形“プンプン”が登場するストーリー仕立てになっていて、ダンサーの三輪亜希子さんがこの人形の役を踊るとのこと。
「いつもひとりぼっちで、自分の気持ちを誰もわかってくれないとプンプン怒っている人形が、ある日たまたまコンサートホールに迷い込んでしまいます。そこでいろいろな音楽が聴こえてきて、指揮者の原田慶太楼さんが“こんな音楽もあるよ、こんなのはどう?”といろいろな楽器や演奏を紹介していきます。最初のうちは“そんなんじゃないよ!”と怒ってばかりいたプンプンですが、だんだんと音楽に心の扉を開かれていって、“あれ、なんか面白いかも”と興味を示しはじめるというお話が導入になっています」

まさに、アートを通して心を通い合わせるストーリー。前半は「音楽でつむぐ、ものがたりの世界」と題して、バレエやオペラなどからストーリーや情景が思い浮かべやすい曲を、後半は「音楽にのって、ワクワク気分が踊りだす!」と題して、さまざまな民族の踊りにちなんだ曲や日本ならではの曲がプログラムされています。

「原田さん、三輪さん、そして司会の田添菜穂子さん、お三方とも新日本フィルとはこれまで何度も共演しているので息もぴったりです。原田さんの“はじけっぷり”にもご注目ください(笑)」

(写真左から)指揮者の原田慶太楼さん、ダンサーの三浦亜希子さん、司会の田添菜穂子さん

4歳以上の子どもたちがオーケストラ演奏会を聴いている間、0~3歳の子どもたちは「はじめての音楽会体験」で室内楽の生演奏に触れることができます。
「0歳から入れる演奏会は定員が少なく、チケット代が500円ということもあって例年大変人気で、すぐに完売してしまう状況でしたので、今回から初の試みとして2回開催することになりました。約40分と赤ちゃんにとっては長めの時間ですが、30分だとお母さんやお父さんにはちょっと物足りないのかなと思って。ご両親と赤ちゃん向けに、演出に凝るというよりは、本物の音楽をきちんと届けたいという思いで企画しています」

こうした演奏会のほか、音楽だけでなく造形や身体表現、伝統文化などを体験できる多種多様なワークショップがこのイベントの魅力。今回は新たに「パペット作り」と「カリグラフィー」のワークショップが加わりました。
「パペット作りは、身近な材料を使って誰も見たことのない生き物を作るというもので、“ひぽぽたあむ”という人形劇団が指導にあたってくださいます。基本は親子参加で、親も1体、子どもも1体のパペットを作ります。普段は子どもに“ああしなさい、こうしなさい”と指示ばかりしている親自身が工作に夢中になることで、親の目から離れ、子どもの自由な発想が生まれるのだそうです。カリグラフィーは“西洋の書道”とも言われますが、特殊なペンを使って文字を書くだけでなく、ここではオリジナルのメッセージカードを作っていただきます。同じ部屋で日本の書道のワークショップも行っているので、ぜひ見比べながら参加していただければと思います」

(写真左)パペット作り(写真右)カリグラフィー

毎回恒例の楽器体験(バイオリン、フルート、クラリネット、トランペットという4つの楽器を体験することができる)や、新日本フィルの楽団員と一緒に音楽づくりに挑戦するワークショップも人気です。

「ワークショップはほとんどが事前予約制ですが、当日ふらりと来ても楽しんでいただけるよう、ミニライブやフェイスペインティングも予定しています。楽団員もスタッフもあちこち走り回って大変な一日ですが、子どもたちの様子を見ていると、ああ、やってよかったなと思いますね。楽しいところでは、わぁーっと騒ぎつつ、集中して聴くときはすーっと引き込まれたり、弦がピッツィカートになった途端に赤ちゃんがそちらを向いて注目したり、とてもイキイキと反応してくれます」

(写真左上)楽器体験、(右上)手作りトランペット(左下)フェイスペインティング(右下)書道体験

『子どもたちと芸術家の出あう街』は東京芸術劇場だけでなく、都内各地の文化施設や学校などに出向いてアウトリーチも行っているとのこと。ぜひチェックしてみてください!

■子どもたちと芸術家の出あう街「アートで話そう」

日時:2020年2月11日(火・祝)10:00~17:00
会場:東京芸術劇場(東京都豊島区西池1-8-1)

●新日本フィルハーモニー交響楽団によるオーケストラ演奏会
時間:15:00開演(14:00開場)
会場:東京芸術劇場 コンサートホール
料金: S席 大人4,000円、子ども2,000円/A席 大人3,000円、子ども1,500円/B席 大人2,000円、子ども1,000円
※子どもは4歳から高校生まで
※いずれも全席指定、税込
※3歳以下のお子様はご入場いただけません。託児サービス、もしくは「はじめての音楽会体験」をご利用ください)

●はじめての音楽会体験
時間:(1)14:00開演(13:30開場)/(2)15:30開演(15:00開場)
会場:東京芸術劇場 シンフォニースペース
料金:一人500円(自由席)
対象:0~3歳の親子連れ

●芸術体験ワークショップ
バレエ・楽器体験・雅楽・書道など、アートで心つながるさまざまなワークショップを開催
※事前申込が必要です

詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

7210views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

4677views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13935views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16975views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8485views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7103views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10169views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7293views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19215views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5610views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8014views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24880views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

7069views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13632views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

912views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6816views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9287views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

5009views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12226views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8014views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17949views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6730views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29336views