Web音遊人(みゅーじん)

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

2017年にデビュー25周年を迎えた広瀬香美さん。3月には、現在の拠点であるロサンゼルスでの公演を満員で成功させるなど、活躍の場を広げています。気持ちよく伸びていくハイトーンボイスを維持し続けるその源は、日々の鍛錬と新たな課題に果敢にチャレンジしていく姿勢にあるようです。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

小さい頃から音楽はたくさん聴いてきていて、どれが一番というと思い出せないくらい。その中で最近、一番よく聴いていたのが、2017年のオータムツアーで初めて歌ったマライア・キャリーの『Forever』です。4月にセットリストが決まって以来、7月までずーっと練習していましたから。驚くほど難しい曲で、こんなに大変な“お題”はここ最近なかったので、同じところを何度も聴いては練習をくり返しました。
この曲はマライアのデビューアルバムに入っているのですが、そんなに有名な曲ではないんですよね。私もこのアルバムは持っていましたが、『Forever』はあまり記憶になくて。でも、今回あらためて聴いてみて、ちょっと地味ともいえるこの曲を、こんなに感極まるまで歌えるマライア・キャリーは、なんてすごい歌手なんだと。身をもって知りました。遅ればせながら私の中では、今、マライアがブームなんです(笑)。
毎日4時間ほど歌の練習をするのですが、そのうちの1時間半はこの曲にかけていました。まだ、納得はいっていないけれど、彼女の技術や気持ちの持っていき方などを多少は盗めたかな、と思います。とても実り多きツアーになり、マライアが私のことを少し、上手にしてくれたんじゃないかなって。彼女に感謝です。それでも、まだまだ課題は残っています。到達しないまま終わるのは悔しいので、できれば来年も歌いたい、練習したい。そして、「このくらい上手になりました」って、皆さんにご披露できたらいいですね。

広瀬香美さんインタビュー

Q2.広瀬さんにとって「音」や「音楽」とは?

小さい頃にピアノを習い始めてからずーっと音楽を続けています。好き嫌いを意識する前に音楽の中にいた。例えて言うと、私は音楽というロールプレイング・ゲーム(RPG)のゲームソフトの中にいるキャラクターだと思っています。このRPGの中には、お客様やスタッフという、私を応援してくれるキャラクターもいて、私にも努力する素質はあって、第1ステージ、第2ステージと進むうちに、運良く売れたりもして、またステージが進んでいく。さらに先へ行くと、およそ倒せないようなマライア・キャリーというモンスターも現れてくる(笑)。こうやってステージが変わるからこそ、飽きることなく続けていけるんですね。
失恋したときに音楽で癒されたという話をよく聞きますが、私にはそういう曲がないんです。感情的に浸れる曲があればいいなぁとは思うのですが……。自分が創作をする身なので、音楽を聴くときは学術的になってしまい、「あー、このCでこの音を使うのね」とか、分析しちゃうんです。ただ、声がいい方の歌を聴いて、それに癒されることはあります。今だとブルーノ・マーズとか。「いい声だなぁ、いい声帯だなぁ」って。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

私にとっては音楽を辞めたときに振り返って思う、究極の言葉かもしれません。マラソン選手も同じではないかなと思うんです。選手として走っているときはマラソンを楽しんではいない、遊んではいないんじゃないかなって。闘っていますよね。私も今は、音楽というものの中で闘っていて、苦しんでいるし、もがいているんです。「ヒット曲が書けていいな」「あんなに歌えていいな」と思ってくださる方もいらっしゃいますが、私は自分を全然うらやましいと思わない。なりたい理想の姿や、こんなふうに歌いたいという音は自分の中にあるのですが、現実ではそれを表現できないときもありますから。
いつかは音楽をやめるときがくる。そのときに、私は究極のところ、音と遊んだんだなって、最後、思うのだろうなと。今はまだ「音で遊ぶ人」じゃないですね。「音と闘う人」かな。

広瀬香美〔ひろせ・こうみ〕
4歳でピアノを始め、5 歳から作曲を習い始める。国立音楽大学在学中にロサンゼルスに行き、ボビー・ブラウンやBABYFACEのコンサートを見て、ポップスに開眼。1992年、アルバム『Bingo!』でデビュー。1993年、シングル『ロマンスの神様』が175万枚のヒットを記録。その後、ドラマ、ミュージカル、映画の音楽監督、アーティストへの楽曲提供及び、プロデュースなどを、幅広く手がける。1999年、初のベストアルバム『The Best LOVE WINTER』が203万枚のビッグヒット。現在はロサンゼルスを拠点に音楽活動を行い、日本でもコンサートツアーを開催している。
広瀬香美オフィシャルサイト  http://hirose-kohmi.jp/

 

特集

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

2869views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

992views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

5275views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

1620views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

2393views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

4826views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1757views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

803views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

12145views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

2652views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2352views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13923views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

3754views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

10314views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

1517views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5842views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5161views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6963views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

2623views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2425views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

38878views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1557views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13923views