Web音遊人(みゅーじん)

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

終演後、メトロポリタン歌劇場を埋め尽くした観客は総立ちとなり、拍手喝采で熱唱を称えた。翌日の新聞は「輝かしく力強い高音」「弱音の繊細なフレーズの美しさ」「筋肉質で敏捷性に富む声」と、こぞって高い評価を与えている。

「私はブーイングが起きるかもしれないと恐れはしましたが、自分を信じ、全身全霊を傾けてうたい、演じました。私はいまでもそうですが、ちょっと手を抜くということができない性格で、どんなに疲れていても目一杯声を張り上げてしまうのです」

シャイな子どもだったというリチートラをそこまで大胆かつ前向きな性格にしたのは、オペラの力だろうか。

「そうです。オペラの作曲家、作品、内容、表現、演技、解釈などについて自分で一から勉強しましたから、それが自信になっているのでしょう。いまではかつてのような内気な人間ではなく、かなりの野心家です(笑)。夢は歴史に名を残すような歌手になること。そのためには勉強、勉強、努力、努力、これしかありません。私は政治的なバックもありませんし、コネもありません。音楽大学を出たエリートではなく、アウトロー的な歌手ですから、自分であらゆるところにアピールしなくてはなりません。ただ待っているだけではチャンスは巡ってこないのです。前進あるのみ、挑戦し続けるだけです」

リチートラはこうした話題になると、一気に口調が熱気を帯び、雄弁になる。

「勉強と努力、これしか道を拓くすべはありませんでした。でも、ひたすら努力を続ければ、きっと夢はかないます。私がいいお手本です。いま悩みを抱えている人も、人生が思い通りにいかない人も、けっしてあきらめないでください」 

彼はすばらしいことばを残してくれた。しかし、こういう野心をもった若者を部下にもつと、上に立つ人間のほとんどは脅威に感じて、いつのまにか部下を疎ましく扱いがちだ。それに関しては……。

「そうかもしれませんね。人の上に立つ人間はそれだけの才能があって地位を得たのですから、若い人の能力もいち早く見抜いて伸ばしてくれると考えがちですが、現実はなかなか難しいでしょうね。才能を伸ばしてあげたい気持ちはあるけど、自分が追い越されると心配する気持ちが先行してしまう。でも、考えてみてください。世界は劇的なスピードで変化しているのです。目の前にいる才能ある部下を押さえつけても、世界中にいる才能のある人が、知らぬ間に出てきて、あっというまに飛び越えていってしまうのが現在の競争社会なのです。それは何もオペラの世界に限ったことではなく、事業でも同じことです。目の前の才能を育てなければ、別の競争相手に負けてしまうのです。会社の社長でも、次なる新たな才能をもった人が継いでいかなければ、会社は成り立たなくなってしまいます。自分が置いていかれないためには努力し、心を広くもち、柔軟性を保つことが必要でしょうね。これはベルゴンツィやムーティ、ドミンゴから学んだ姿勢です。上に立つ人は、そうしたさまざまな心配をうまく抑えて賢明な判断ができる器を要求されます。そういう上司にはいい部下がきっとついてくると思います。いま、世界は非常に速いテンポで進化し、常に動いています。上に立つ人ももちろんですが、若者も広い視野に立って物を見ることが必要不可欠だと思います」

最後に、オペラやクラシックにあまりなじみのない人に、リチートラの歌をどのように聴いてほしいと思うかと聞いてみた。

 「オペラとは普遍的な美を備えています。喜びについてうたわれる箇所も多く、私は常にそれを伝えたいと思って全力投球でうたっています。ぜひ、ナマの歌を聴きにきてください。そしてオペラを愛してください」

 こう笑顔で答えてくれたリチートラ。もうその情熱的で一途な歌声を聴くことはできないが、彼はいくつかすばらしい録音を残してくれた。それを聴きながら、熱き歌声とひたむきに人生を歩んでいたリチートラを偲びたい。

(終わり)

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■アルバムインフォメーション

『サルヴァトーレ・リチートラ ザ・ベスト』
『サルヴァトーレ・リチートラ ザ・ベスト』
発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2012年2月22日
価格:1,800円(税抜)

『禁断の恋』
『禁断の恋』
発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2006年8月23日
価格:2,400円(税抜)

 

特集

矢野顕子

今月の音遊人

今月の音遊人:矢野顕子さん 「わたしにとって音は遊びであり、仕事であり、趣味でもあるんです」

5635views

音楽ライターの眼

『スター・トレック』のカーク船長がブルース・アルバムを発表!?ウィリアム・シャトナー『The Blues』

2778views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6460views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63051views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16639views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4150views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17184views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10313views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6202views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4973views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9436views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11189views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13284views

音楽ライターの眼

2019年11月来日。エレクトリック・ギターの名手ジミー・ヘリングが原点となったギタリスト達を語る

5313views

アカネキカク akaneさん

オトノ仕事人

楽曲のイメージをもとに、ダンスの振りを考え、演出をする/振付師の仕事

1725views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4673views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44113views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

7863views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5534views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

12735views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7063views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9436views