Web音遊人(みゅーじん)

ベートーヴェンの生誕250年に、3大ピアノ・ソナタを極める

インタビューで多くのピアニストに話を聞くなか、もっとも多く話題にのぼるのが「ベートーヴェンの後期のピアノ・ソナタを弾きたい」ということである。彼らは若いころからベートーヴェンの3大ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」を演奏し、ベートーヴェンの内奥へと歩みを進める。その後、自身の成長に合わせ、より深遠で内容の濃密な作品へと向かい、ベートーヴェンの人生を賭けた後期の3大ソナタ、第30番~第32番へと近づいていくのである。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタの変遷は、当時のピアノという楽器の歴史・発展と深い関係がある。初期の作品はウィーン・ワルター製が用いられ、1803年ころからはフランスのエラール製(68鍵)が使用されて音域が広がり、低音はダイナミックに高音は豊かな音色が奏でられるようになった。3大ソナタが作曲されたのはこの時代だとされている。1817年ころからはイギリスのブロードウッド製(73鍵)が用いられ、深みと表現力が増した。第29番「ハンマークラヴィーア」以後のソナタはこの特質が存分に生かされている。

ウィーン・メルカーバスタイの館(ベートーヴェン記念館)内部のベートーヴェン時代のピアノ

今回は「悲愴」「月光」「熱情」の3大ソナタに焦点を当て、作品をたどってみたい。今年のベートーヴェンイヤーにはこうしたソナタが演奏される機会が多いからである。

まず、ピアノ・ソナタ第8番ハ短調「悲愴」はベートーヴェンの前期の頂点をなす作品で、従来のピアノ・ソナタには見られなかった冒頭の荘重な序奏部が大きな特徴となっている。作曲者自らが与えたタイトルにも、ベートーヴェンの強い表現意志を感じ取ることができる。1797年から翌年にかけて作曲された。
第1楽章グラーヴェは独創的で長い悲愴的情緒をたたえた序奏の後、情熱的な第1主題、流動的な第2主題と続く。第2楽章は優雅な祈りの気分をたたえ、叙情的な歌をうたい上げる。第3楽章はロンド主題が何度か登場し、最後はffで強くはげしく終わる。

ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調「月光」は、ベートーヴェンの弟子であり恋人でもあったといわれる14歳年下の伯爵令嬢ジュリエッタ・グイッチャルディに捧げられている。「月光」というのはベートーヴェンが命名したものではなく、詩人ルートヴィヒ・レルシュタープが「スイスのルツェルン湖の月夜の波に揺らぐ小舟のよう」と形容したことばに由来している。ベートーヴェン自身はソナタ形式ではなく、幻想曲的手法をとっている。
曲は3楽章からなり、第1楽章は3連符の神秘的で幻想的な分散和音から始まり、この序奏部が全体の性格を決定している。第2楽章はやすらぎの音楽などと解釈されるが、ベートーヴェンがここで意図したのはより新しい気分をもった音楽だった。ベートーヴェンは常に時代の先を読み、作品に斬新さを加えていったが、ここでも演奏家や聴き手の心を高揚させる新しい音楽を生み出している。リストはこれを「底知れぬ深みの間にある一輪の花」と称した。そして第3楽章は内容的に見てもピアニスティックな効果においても、この時点までに作曲されたベートーヴェンの作品のなかでもっとも充実した音楽となっている。第1主題ははげしく、第2主題は華麗な美しさが印象的だ。

ウィーン・ベートーヴェンの散歩道にあるベートーヴェンの胸像

ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調「熱情」は中期のピアノ・ソナタの傑作で、ベートーヴェンにとって激情的な意味をもつヘ短調で書かれた。襲いかかる過酷な運命に敢然と立ち向かうベートーヴェンの激しい情熱に満ちたこの作品は、全楽章にわたって緻密な計算に基づく主題構成をもち、第1楽章冒頭の運命の動機が第2楽章、第3楽章にも影響を与え、全体を有機的に結びつけている。特に第3楽章は、緊迫感に満ちた終曲となっている。
第1楽章は全曲を支配する分散音型の主和音が静かに下降、そして上昇し、「運命の動機」を提示する。華麗な技巧と精緻な表現力が要求される楽章で、ppに始まりpppで終わる緊張感の高い音楽である。続く第2楽章は主題と3つの変奏曲からなる静かでおだやかな曲。各々の変奏が限りなく美しく、反復も多く行われる。アタッカで入る第3楽章はffによる減7の和音が連打され、主題が幾重にも変容し、プレストのコーダへと流れ込んでいく。最後はアルペッジョの連続により、すべての障害を乗り越えるような激しい勢いを見せて大曲の幕を閉じる。

さあ、あなたはどのソナタに興味がありますか。ぜひ、録音やリサイタルで演奏に触れてみて。きっとベートーヴェンの偉大さと進取の気性に触れ、心が高揚するはずですから。

※一枚目の写真は、ボン・ベートーヴェンホールの中庭にあるベートーヴェンのモニュメント。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

13718views

音楽ライターの眼

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

1749views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

8001views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

80068views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5831views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

2808views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

5697views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

6740views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16940views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4930views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4118views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7066views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6205views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8808views

音楽ライターの眼

煮詰まったジャズを毛虫から蝶へと変態させる可能性がAIには秘められているのか?

1770views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

13595views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

3105views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6741views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

5840views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

4173views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

11448views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4968views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7066views