Web音遊人(みゅーじん)

ホワイトスネイクが新編成ベスト三部作の完結編『ザ・ブルース・アルバム』を発表

2021年2月、ホワイトスネイクの『ザ・ブルース・アルバム』が発売となった。

2020年の『ザ・ロック・アルバム』『ラヴ・ソングス』に続く新編成ベスト・アルバム“レッド・ホワイト&ブルース”三部作の完結編で、“白”、“赤”に続いて“青”をイメージ・カラーとする本作。前2作と同様、『スライド・イット・イン』(1984)から『フォーエヴァーモア』(2011)までの6枚のスタジオ・アルバムやデヴィッド・カヴァーデイルのソロ作『イントゥ・ザ・ライト』(2000)からの曲を収録している。今回は未発表曲こそないものの、全曲をリミックス、楽器パートの差し替えなどを行っている。

『スライド・イット・イン』からの「スロー・アンド・イージー」、『白蛇の紋章』(1987)からの「クライング・イン・ザ・レイン」など、ホワイトスネイクのライヴでお馴染みのクラシックスも収録されているが、いわゆるグレイテスト・ヒッツとは一線を画する選曲で、ニュー・アルバムを聴いているような新鮮さを感じることが出来る。『ライヴ…イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ブルース』(2006)収録のスタジオ・トラック「イフ・ユー・ウォント・ミー」などの隠れた秀曲がフィーチュアされるのも楽しい。

三部作すべてについて言えることだが、既発曲であっても従来のものとは異なったヴァージョンになっている。特に、元々デヴィッドのソロ・アルバムとなる前提で作られた『レストレス・ハート』(1997)からの楽曲のニュー・ヴァージョンは新たにジョエル・ホークストラのギターとデレク・シェリニアンのキーボードが加えられて、よりロックな厚みを増したものだ。

なお、デレクは自らの演奏について、筆者(山﨑)とのインタビューでこう語っていた。

「デヴィッドはオリジナルの1980年代風シンセのサウンドが気に入らなくて、よりヴィンテージ・ロック風のオルガンを被せたんだ。もしジョン・ロードが弾いたら?みたいなイメージで弾いたよ」

三部作はそれぞれ異なったテーマがあり、楽曲が重複することはないが、唯一の例外が「ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ」だ。『白蛇の紋章』からシングル・カットもされたこの曲だが、『ザ・ロック・アルバム』にはジョン・サイクスがギター・ソロを弾くヴァージョン、『ザ・ブルース・アルバム』にはMTVでヘヴィ・エアプレイされたビデオと同様のヴィヴィアン・キャンベルが弾くソロがフィーチュアされている。両ギタリストともゲイリー・ムーア直系のマシンガン・ピッキングを披露しているが、2人のフレージングがかなり異なっていて面白い。

3枚いずれも音楽だけでも楽しめるが、デヴィッドによる英文ライナーノーツ(日本盤には邦訳も添付)はアルバムをさらに楽しいものにしてくれる。普段ツイッターでさまざまなギャグを提供しているだけあり、その語り口は軽妙で、新しい話題も豊富に提供。2022年、『レストレス・ハート』新装盤から一連のアルバムがボックス・セット仕様で順次再発されるとか(「5年から7年をかけて再発する」と語っている)、元々デヴィッドのソロ作として発表された『イントゥ・ザ・ライト』を「これからはホワイトスネイクの作品扱いにする」と宣言するなど、思わず身を乗り出す新ネタが次々と飛び出す。

なお『トラブル』(1978)から『セインツ・アンド・シナーズ』(1982)までの初期作品に関しては「元マネージャーの管理下にあって、自分にはアーティスティックな発言権がない」と語っており、海外でリリースされた初期作のボックス・セット『Box ‘O’ Snakes』(2011)が初期ホワイトスネイクへの“別れの挨拶”となったという告白も貴重だ(近年でも海外ではレーベルを超えたベスト盤が編まれ、初期曲も収録されているため、まるっきり過去と決別したわけでもないようだが)。

最新アルバム『フレッシュ・アンド・ブラッド』を引っ提げて2020年3月にジャパン・ツアーが予定されていたホワイトスネイクだが、新型コロナウィルスの影響で中止に。そんな状況下で、ファンの渇きを癒やし、バンドの音楽を新たな光で照らすのが“レッド・ホワイト&ブルース”三部作だ。1951年生まれ、70歳へのカウントダウンが始まったデヴィッドのロック最終章を彩るベスト・アルバムは、その栄光の軌跡に相応しい充実した作品だ。

■インフォメーション

アルバム『The BLUES Album』

発売元:RHINO
発売日:2021年2月19日
価格:2,750円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

4107views

音楽ライターの眼

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

1465views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

4576views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

38333views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

15064views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5166views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13156views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3752views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17879views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3761views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5020views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18135views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4790views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5197views

アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

その夜、《ゴルトベルク変奏曲》はフランス語で”演じられた”/アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

3355views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

9298views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8057views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

5885views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3629views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3461views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

54328views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3339views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21674views