Web音遊人(みゅーじん)

待ちに待った『オトネタ』が8年ぶりに復活!進化を続ける“笑える音楽エンタメ”に期待度MAX /マキタスポーツインタビュー

マキタスポーツといえば「オトネタ」である。芸人の枠を超え、ある時はミュージシャンとしてライブ活動を行い、そしてある時は俳優としてドラマやスクリーンの上で活躍。文筆家として著作も多数という、まさにエンタメの多面体ともいえるのだが、それらの地下水脈、あるいは通奏低音として流れているのが「オトネタ」なのである。2009年にスタートした彼の単独ライブ「オトネタシリーズ」は、2012年の『オトネタ4』を最後に鳴りを潜めていた。ということは、2020年3月に草月ホールで開かれることになった『オトネタ5』は8年ぶりということか。

「いやいやそれにはちょっと事情がありまして、2019年の1月に『平成最後のオトネタ』というライブをやっているんですよ。僕の中では5回目、オトネタ5のつもりだったのですが、『平成最後』と冠をつけているのだからナンバリングをするのはおかしい、とスタッフに猛攻撃されちゃいましてね。そんなことがあったから2020年のライブはオトネタ6だ!と考えていたら、今度はスタッフが厳密にはオトネタの5回目になると、『平成最後のオトネタ』はカウントしてくれないんですよ。う〜ん、それもそうか!と、オトネタ5になったわけです。まあ、会場に足を運んでくれる皆さんにとっては、どちらでもいいよという話なんですけどね(笑)」

音楽と笑いを融合させるマキタスポーツのオリジナル芸である「オトネタ」。長渕剛の『乾杯』とサザンオールスターズの『いとしのエリー』をリミックスした『いとしのエリーに乾杯』というパロディソングを思い出す人も多いだろう。声帯模写や形態模写などのモノマネとは一線を画した、「作詞作曲モノマネ」という独自のネタである。

「オトネタっていうとほとんどの皆さんは、音楽ネタって思うじゃないですか?それが当たり前ではあるのだけど、この誤解を段々と埋めていけたらいいなと思っているんですよ。僕から言わせれば日本で作られている国産のポップスやロックはすべてオトネタだと思っている。元は海外から方法論を輸入してきて、日本のやり方で国産のものを作ったというのが現状でしょ。最初は誰しも模倣から始まり、オリジナリティを加えて型を破っていく。このやり方はオトネタと同じことです。そしてヒット曲にはある共通のパターンがあって、僕がミュージシャンに興味を持つのは、なんでこういう作曲をするのか?というところなんです。オトネタはミュージシャンの考え方をモノマネして新たな表現を生み出す“技法”のモノマネといえばわかりやすいのかな」
これが音楽研究家であり、現代ポップス論考『すべてのJ-POPはパクリである』の著書でもあるマキタスポーツならではの考察なのだ。オトネタは笑えるだけのエンタメではなく奥が深いのである。

2019年10月には、オトネタのライブとともに、マキタスポーツが認める様々なオトネタアーティストに賞を受賞してもらおうという『第1回オトネタ大賞』を開催し、話題を呼んだ。
「オトネタ大賞は初めてのイベントでしたけど、これも毎年恒例の行事にしたいと思っています。まず、年に1回の新作発表会としてオトネタがあり、その裏面にオトネタ大賞があるという位置付けでやりたい。オトネタ大賞は僕が注目している若手芸人やゲストも交えて賑やかな感じにして、オトネタは単独ライブのスタイルで笑いを突き詰めていきたいですね」
『オトネタ5』ではどんな新作で構成されるのか、期待は高まるばかりである。

■マキタスポーツ単独ライブ『オトネタ5』

日時: 2020年3月28日(土)開演18:00(開場17:30)
  2020年3月29日(日)開演13:30(開場13:00)/開演18:00(開場17:30)
会場: 草月ホール(東京都港区赤坂7-2-21)
料金: 5,500円(税込・全席指定)

詳細はこちら

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

5928views

音楽ライターの眼

世界観もさまざまに、4人の名手たちが紡ぐギターの音色に酔いしれる/Acoustic Guitar Festival Special Concert Vol.1

1955views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6652views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

28493views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7219views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6774views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4054views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5362views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8626views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4151views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2750views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5876views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2265views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6404views

音楽ライターの眼

トリオでなくてカルテット ホールと共に奏でるベテランの三重奏/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.7

1107views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

23714views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

5171views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

23335views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3406views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3398views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

11807views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2619views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20744views