Web音遊人(みゅーじん)

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

欧米のオルガン文化を取り入れ、日本で独自に開発、発展してきたエレクトーン。両手両足で上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤を操り、全身を使って音楽を表現する奏者の姿は躍動感たっぷり。思わず見入ってしまいますよね。

エレクトーンにはありとあらゆる楽器の音が詰まっており、ひとつの楽器の音を単独で鳴らすこともできれば、ストリングスやブラスなどのセクションごとに複数の楽器の音を重ねて鳴らすこともでき、表現力の幅広さはまさに無敵。3つの鍵盤にさまざまな音色(ボイス)を振り分け、リズムをバックに「ひとりオーケストラ」や「ひとりロックバンド」を楽しむこともできます。

またエレクトーンならではの特徴のひとつが、「レジストレーション」(以下レジスト)と呼ばれるボイスやリズムの組み合わせを使う演奏スタイル。なおエレクトーンには、音楽ジャンル別によく使われるボイス、リズムを組み合わせた「レジストレーションメニュー」が内蔵されており、そのまま使ったり、編集を加えたりすることができます。

「例えばオーケストラの曲を弾きたいとなったとき、何もないところからボイスやリズムの組み合わせを考えるのは大変です。ですが、オーケストラ系のレジストレーションメニューを使えばすぐに演奏がはじめられますし、オリジナルのレジスト作りもより簡単に行うことができます」と、開発担当の鳥村浩之さん。

幼いころからエレクトーンに親しみ、ヤマハ入社後はエレクトーンの開発一筋に打ち込んできた鳥村浩之さん。「まるで指揮者のように、音楽全体をコントロールしている気分に浸れるところがエレクトーンの醍醐味のひとつです」

奏法についても、エレクトーンならではの特徴があります。それは鍵盤のタッチ。同じ鍵盤楽器でも、ピアノの場合は減衰音(鍵盤を叩いた後、徐々に小さくなる音)ですが、エレクトーンは持続音で、打鍵後もタッチによって音量や音質に変化をつけられます。そのため、通常は鍵盤で表現できない弦楽器や管楽器の伸びやかな音も再現可能となります。

出せる音が無限にあり、自由に編集を加えられるエレクトーンは、もはやシンセサイザーと同様のハイテク楽器。でも、音作りがメインであるシンセサイザーとは異なり、一度きりの演奏をどう聴かせるかに重点が置かれているのがエレクトーン。このポイントが、楽器の根幹であるといえます。

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

<写真左>作成したレジスト(ボイスやリズムの組み合わせ)は、上鍵盤の下に16個並ぶメモリーに記録。演奏しながら右手の親指でボタンを押したり、足でスイッチを蹴ったりしてレジストを切り替えます。なお、エレクトーンのスイッチボタンが多いのは、鍵盤を弾きながらメニューなどの切り替え操作を簡易にするためです。

<写真右>上鍵盤でメロディ、下鍵盤でハーモニー(伴奏)、ペダル鍵盤でベースと、音楽の要素を3つの鍵盤に分けて弾くエレクトーン。楽曲の構造を掴みやすく、演奏スキルだけでなく、作曲や編曲の力をつけることもできます。

「エレクトーンは事前にいろいろ仕込む楽器と思われがちですが、仕込みは主にライブ演奏のためにすることですし、ピアノやオルガンのようにその場で弾くことも楽しさのひとつです。また、エレクトーン一台で完結する音楽だけでなく、ほかの楽器と一緒にアンサンブルすることもできます」(鳥村さん)

技術の発展によって多彩な表現が可能となったエレクトーンですが、果たして最新のエレクトーン事情はどうなっているのでしょうか。詳しくは、Take2で見ていくことにしましょう。

Take1:改めて考える エレクトーンってどんな楽器?
Take2:エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」
Take3:変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

■ヤマハ エレクトーンのサイトはこちら

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

12074views

音楽ライターの眼

セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの新たな時代を拓く

3360views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

17043views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

8991views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

16347views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5598views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5026views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7756views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22998views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4498views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4495views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24682views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8654views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

19556views

音楽ライターの眼

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<前編>

3335views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5598views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5999views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4974views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15666views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4146views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

160921views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9351views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7206views