Web音遊人(みゅーじん)

『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』アルバムレヴュー

2020年3月1日に東京・赤坂のサントリーホールで予定されていた、ヤマハ吹奏楽団の公演が流れてしまった。

「奏でる匠のオト」と題された今回の公演は、ヤマハ吹奏楽団の創立60年を祝う記念すべきステージだっただけに中止はとても残念だが、新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう最中なだけに諦めるしかない。

とは言いながら、ボクは諦め悪くこのところ、ヤマハ吹奏楽団(指揮:須川展也)『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』をハードローテーションで聴いている。

そこで今回は、連載「ジャズ事始め」をちょっとお休みして、このアルバムのディスク・レヴューで公演中止の無念を晴らしてみたい。

ノンプロのエキスパート集団が紡ぎ出す吹奏楽の未来

まず、ヤマハ吹奏楽団を紹介しよう。

1961年創立のこの楽団、ヤマハ株式会社およびグループ会社の従業員によって構成される、いわゆる“職場バンド”である。

だが、“演奏のプロ”でこそないものの、楽器メーカーに勤め、楽器製作に携わる者も多いとあれば、趣味の域をかなり超越していることは説明するまでもないだろう。

その証拠に、ヤマハ吹奏楽団は定期コンサートの開催や吹奏楽コンクールでの受賞歴だけでなく、アルバムもリリースしていて、手もとには『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』のほかにこのシリーズのⅠ(2015年リリース)とⅡ(2017年リリース)もある。

2019年にリリースされたⅢは、4楽章からなる大作「交響曲第3番『四季連禱』」(作曲:長生淳)、挾間美帆への委嘱作品「Planned Work」、「ファインディング・お江戸日本橋」(作曲:天野正道)、シンフォニック・メドレーの「美女と野獣」と「アラジン」(作曲:A.メンケン、編曲:三浦秀秋)、「デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)」(作曲: P.グレインジャー)というラインナップ。

吹奏楽団にとって交響曲に挑むことがどれほどのことかは想像するしかないのだけれど、「四季連禱」では元々4つの独立した楽曲を繋いだ作者の想いを反映しながら、吹奏楽ならではの楽器による表情豊かな“声”が、日本ならではの四季の情感を伝えてくれる。

2020年のグラミー賞ノミネートでも注目を浴びたジャズ作曲家・挾間美帆への委嘱作品(2017年)の収録も見逃せない。交響詩を意識した内容は「ラプソディ・イン・ブルー」へのオマージュにあふれ、ラージ・アンサンブルだけではもの足りなく感じていた彼女の作曲の振り幅をうまく広げたという印象だ。

振り幅という意味では、“硬軟”の“軟”である“日本らしさ”や“和楽器を洋楽器で表現する柔軟性”という、この吹奏楽団ならではの特色をよく表わしているのが「ファインディング・お江戸日本橋」だろう。“俗”でなければ成り立たないこの曲のテーマを、センス良く仕上げる力量こそ、この吹奏楽団の真骨頂なのではなかろうか。

アルバム後半は、耳なじみのあるメロディを用いたメドレー仕立てで構成。“吹奏楽を聴く心地よさや楽しさ”は、こういうレパートリーがあってこそ。

前半は手に汗を握る展開、後半はリラックスしてゆったりと──これはまるでコンサートそのものではないかと、聴き直すたびにそう感じるのがこのアルバム。それだけに公演中止がますます残念になってしまう。

加えて、2007年から5代目の常任指揮者を務める世界的サックス奏者の須川展也が2020年12月をもって退任というアナウンスがあり、6月に浜松での定期公演は予定されているものの、“吹き振り”の勇姿を観る機会がなくなってしまったのも気になるところ。

それはともかく、人間でいえば“還暦”を迎え、サステイナブルでエキスパート揃いの吹奏楽団が担うべき役割がますます重くなったことを伝えてくれるのが、このアルバムだと言えるだろう。

■アルバムインフォメーション

『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~Ⅲ』
発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2019年9月25日
料金:2,700円(税抜)
詳細はこちら

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

4806views

音楽ライターの眼

“音の宝石箱”に魅せられて、瞬く間に時は過ぎた/松田華音 ピアノ・リサイタル

1810views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

35257views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

2067views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

6879views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

21430views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3930views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3749views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6197views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4988views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2885views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16204views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3936views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14845views

音楽ライターの眼

スーパーグループ、トマホークの新作『トニック・イモビリティ』とメンバー達の多彩な活動

356views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

4930views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

4648views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

12714views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3310views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

17150views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3749views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16204views