Web音遊人(みゅーじん)

『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』アルバムレヴュー

2020年3月1日に東京・赤坂のサントリーホールで予定されていた、ヤマハ吹奏楽団の公演が流れてしまった。

「奏でる匠のオト」と題された今回の公演は、ヤマハ吹奏楽団の創立60年を祝う記念すべきステージだっただけに中止はとても残念だが、新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう最中なだけに諦めるしかない。

とは言いながら、ボクは諦め悪くこのところ、ヤマハ吹奏楽団(指揮:須川展也)『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』をハードローテーションで聴いている。

そこで今回は、連載「ジャズ事始め」をちょっとお休みして、このアルバムのディスク・レヴューで公演中止の無念を晴らしてみたい。

ノンプロのエキスパート集団が紡ぎ出す吹奏楽の未来

まず、ヤマハ吹奏楽団を紹介しよう。

1961年創立のこの楽団、ヤマハ株式会社およびグループ会社の従業員によって構成される、いわゆる“職場バンド”である。

だが、“演奏のプロ”でこそないものの、楽器メーカーに勤め、楽器製作に携わる者も多いとあれば、趣味の域をかなり超越していることは説明するまでもないだろう。

その証拠に、ヤマハ吹奏楽団は定期コンサートの開催や吹奏楽コンクールでの受賞歴だけでなく、アルバムもリリースしていて、手もとには『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』のほかにこのシリーズのⅠ(2015年リリース)とⅡ(2017年リリース)もある。

2019年にリリースされたⅢは、4楽章からなる大作「交響曲第3番『四季連禱』」(作曲:長生淳)、挾間美帆への委嘱作品「Planned Work」、「ファインディング・お江戸日本橋」(作曲:天野正道)、シンフォニック・メドレーの「美女と野獣」と「アラジン」(作曲:A.メンケン、編曲:三浦秀秋)、「デリー地方のアイルランド民謡(ロンドンデリーの歌)」(作曲: P.グレインジャー)というラインナップ。

吹奏楽団にとって交響曲に挑むことがどれほどのことかは想像するしかないのだけれど、「四季連禱」では元々4つの独立した楽曲を繋いだ作者の想いを反映しながら、吹奏楽ならではの楽器による表情豊かな“声”が、日本ならではの四季の情感を伝えてくれる。

2020年のグラミー賞ノミネートでも注目を浴びたジャズ作曲家・挾間美帆への委嘱作品(2017年)の収録も見逃せない。交響詩を意識した内容は「ラプソディ・イン・ブルー」へのオマージュにあふれ、ラージ・アンサンブルだけではもの足りなく感じていた彼女の作曲の振り幅をうまく広げたという印象だ。

振り幅という意味では、“硬軟”の“軟”である“日本らしさ”や“和楽器を洋楽器で表現する柔軟性”という、この吹奏楽団ならではの特色をよく表わしているのが「ファインディング・お江戸日本橋」だろう。“俗”でなければ成り立たないこの曲のテーマを、センス良く仕上げる力量こそ、この吹奏楽団の真骨頂なのではなかろうか。

アルバム後半は、耳なじみのあるメロディを用いたメドレー仕立てで構成。“吹奏楽を聴く心地よさや楽しさ”は、こういうレパートリーがあってこそ。

前半は手に汗を握る展開、後半はリラックスしてゆったりと──これはまるでコンサートそのものではないかと、聴き直すたびにそう感じるのがこのアルバム。それだけに公演中止がますます残念になってしまう。

加えて、2007年から5代目の常任指揮者を務める世界的サックス奏者の須川展也が2020年12月をもって退任というアナウンスがあり、6月に浜松での定期公演は予定されているものの、“吹き振り”の勇姿を観る機会がなくなってしまったのも気になるところ。

それはともかく、人間でいえば“還暦”を迎え、サステイナブルでエキスパート揃いの吹奏楽団が担うべき役割がますます重くなったことを伝えてくれるのが、このアルバムだと言えるだろう。

■アルバムインフォメーション

『ヤマハのオト ~奏でる匠のオト~Ⅲ』
発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
発売日:2019年9月25日
料金:2,700円(税抜)
詳細はこちら

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:荻野目洋子さん「引っ込み思案だった私は、音楽でならはじけることができたんです」

5516views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

3208views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

14733views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

88109views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6663views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

1081views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

10378views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3861views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10876views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

3137views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3750views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25659views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

7383views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16257views

音楽ライターの眼

ユニフォームが新作『SHAME(シェイム)』を発表。ノイズ・ロックの破壊衝動の向かう先へ

2462views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6617views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7372views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

6160views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

15153views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6827views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8657views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4452views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21727views