Web音遊人(みゅーじん)

楽器づくりにチャレンジ!音が出る仕組みもわかる「つくろう、ならそう!」

コロナ禍の影響によって在宅時間が長くなった子どもたちに、手作り楽器を通して豊かな時間を過ごしてもらいたい。そんな願いを込めて作られたヤマハのウェブサイト『つくろう、ならそう!』。家にあるダンボールや輪ゴムを使って、ギターやドラム、ラッパを工作する方法が紹介されており、親子で作れば小さな子どもでも楽しむことができる。このプロジェクトを発案したヤマハデザイン研究所の鈴木僚さんにお話を伺った。

コロナ禍の社会に対してできること

全国の小中高校が臨時休校になったのは、2020年3月はじめのこと。鈴木さんがヤマハデザイン研究所のメンバーになったのは同年5月だったが、『つくろう、ならそう!』につながるアイディアは、それ以前からあたためていたものだったという。

「緊急事態宣言が出ていたころに、クリエイターの仲間と一緒に『うちでつくろう』というプロジェクトをはじめました。子どもたちが家でできる簡単な工作やものづくりのアイディアを、1日1つずつウェブサイトに公開して、作ってもらおうというものです。その後、これまでの活動の延長線上で社内でもなにかできないかと模索していたとき、楽器を工作するというアイディアを思いつき、実行に移したという流れです」

ちょうどヤマハグループ全体でも、『Yamaha COVID-19 Project』が推進されており、コロナ禍の社会に対し、音楽を通してできることを提案するためのアイディアを募集していた。鈴木さんがそれに応募したことで、『つくろう、ならそう!』が社内プロジェクトとしてスタートすることになる。

「約2か月にわたって、さまざまな楽器工作の試作を作っていきました。作り方を書いた紙と材料を、お子さんがいる同僚に渡して、夏休み中に作ってもらって感想を聞いたり、難しかった部分を聞いて改良したり。昼休みにバンド練習をしている仲間たちに、楽器の構造について尋ねてアドバイスをもらったりもしました」

さまざまな形や機構を試作

楽器の本質に触れる体験

試行錯誤の末に出来上がった楽器工作は、ギター、ラッパ、ドラムの3種類。紙、ダンボール、輪ゴムといった家にある材料だけで作ることができ、ちゃんと音も鳴る。楽器メーカーならではのこだわりポイントは、どのようなところにあるのだろう?

「リアルに作ろうとすると、より本物に近い形や音を、いくらでも追求することはできるのですが、ここはあえて、子どもが簡単に作ることができるという点に重心を置いて考えました。完成度と手軽さとのバランスが難しいですね。シンプルでありながら、基本的な楽器の仕組みがわかるように工夫しています。たとえばギターの場合は、ネックの上部に入れた切れ込みの深さによって弦の張力が変わることで音が変わるのですが、それは実際の楽器でもよく用いられる原理です。楽しみながら楽器についても知ることができます」

そのほか、ドラムはスタンドの部分をダンボールで工作し、その上に箱や缶、鍋など好きなものを乗せて叩くことができる。ラッパは自分の出した声がメガホンの長さを調節することで変化する。いずれも子どもたちにとっては、実際に作って鳴らしてみることで、楽器の仕組みに触れる体験になることだろう。

「このプロジェクトを通して、いかに楽器の魅力を子どもたちに伝えるか、いかにその楽器の大事なところだけを残してシンプルにできるかといったことを考える時間が長かったので、とても勉強になりました。楽器の本質に触れることができたように思います」

サイト立ち上げまでが「ものづくり」

さらには、楽器工作を考えるだけでなく、それを発信するウェブサイトを制作するところまで手がけた鈴木さん。『つくろう、ならそう!』のプロジェクトにおいてとくに苦労したのは、このアウトプットの部分だったという。

「ウェブサイトに掲載した図面や写真、動画など、素材はすべて自分で手作りしたものです。ウェブデザイン経験のある同じ部門の小林夏美さんを仲間に加え、どう表現したらこの楽しい世界観が伝わるかを考え、子どもが素の状態で遊んでいる姿を前面に出していきました。動画を撮影したときには、子どもたちが僕らの言うことをまったく聞かずに演奏しまくる状態になり……(笑)大変でしたが、本当に楽しんいる様子が伝わったかなと思います。動画の中で流れている音楽には、工作した楽器で鳴らした音を使っているんですよ」

今後の新たな展開も構想中とのこと。
「工作というものは世界共通の言語だと思うので日本だけでなく海外に向けても発信できるようグローバル版のウェブサイトを立ち上げました。それと、もうひとつの試みとして、より簡単に作れる「工作キット」を用意しました。このキットを使って保育園や幼稚園でワークショップを開くなど、そういった可能性も見えてきたところです」

子どもだけでなく、大人も夢中になってしまう楽器工作。ものづくりの楽しみを、ぜひご家族で体験してみてほしい。

大人も工作を楽しんでいます!


楽器工作 つくろう、ならそう!

■つくろう、ならそう!

切って、貼って、組み立てて、自分だけの楽器を作ろう。弾く、吹く、叩く、自由な方法で鳴らしてみよう。家にあるダンボールや輪ゴムを使って楽器工作を楽しもう。
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

7650views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.10

3143views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

25273views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

8921views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5000views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

16818views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9147views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4329views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8234views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6732views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3684views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6363views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5124views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6790views

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

音楽ライターの眼

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

2794views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

6798views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5637views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

11720views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

5606views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3558views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

132159views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

553views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22377views