Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

音楽を通して友だちになり、夫婦になったという2組の夫婦4人編成のバンド。音楽を縁(えにし)に出会い、さらにいろんな人と出会いたいという気持ちを込めて、「いろんな(any)出会いを(see)」=「AnySees(エニシーズ)」と名づけた。

松戸仁一(じんいち)さんと吉田廣司(こうじ)さんは中学のブラスバンド仲間。同じ高校に進み、フォークバンドやロックバンドを組んできた。松戸裕子(ゆうこ)さんと吉田愛理(えり)さんは音大の友だち同士。裕子さんと仁一さんのお付き合いが縁で、20歳のときにメンバー4人と仲間を集めて、オリジナルミュージカルを公演したこともある。
社会人になってバンド活動は卒業したものの、数十年たっても仁一さんと廣司さんは毎月飲み交わす間柄だった。8年前、お互いの伴侶とともにライブバーで飲んでいたときにオーナーからすすめられ、40年近いブランクを経て4人でバンド活動を再開した。
楽曲はそれぞれが好きな曲を持ち寄り、4人の相談で決めていく。ジャンルは限定せず、ビートルズやカーペンターズ、アバ、ザ・ピーナッツ、中島みゆき等々。ロックにフォーク、カントリーと幅広い。また、仁一さんや廣司さんのオリジナル曲も多く、レパートリーは60曲を超えるという。
「すべてにハーモニーを入れたいというのが僕たちのスタイル。その一方でライブでは必ず全員が一曲はソロで歌うようにしています」と、廣司さんがライブ構成について話す。

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

左から吉田廣司さん、吉田愛理さん、松戸裕子さん、松戸仁一さん。

もうひとつ、エニシーズの大きな特徴は、曲によって楽器の担当を自在に変えていること。全員がボーカル・コーラスを担うのに加えて、仁一さんはギター、ベース、キーボード、廣司さんはギター、ベース、裕子さんはピアノ、ドラム、パーカッション、愛理さんはシンセサイザー、パーカッションと、複数の楽器をこなす。裕子さんはドラムを2年ほど前から習い始め、愛理さんは現在ギター教室に通っている。バンドを始めてからさらに楽器のレパートリーを増やしているのだ。
「それぞれ演奏する楽器が増えていくから、セットリストを考えるのもひと苦労。音を厚くするためにメンバーを増やすという手もあるけれど、そうは考えない。この4人でやるという形は崩したくないんです」と、バンドリーダーの仁一さんは、このメンバーだからこその音を大事にする。

バンドを始めてから夫婦の会話も音楽の話題がグンと増えたという2組。その仲むつまじい姿は、ライブにくるお客さんたちからもうらやましがられるほどだ。常連さんも多く、なぜかみんな、彼らのライブが終わるとカラオケに行きたくなるのだという。
「僕たちの歌を聴いて、自分たちも歌いたくなるみたい」(廣司さん)というエニシーズのさわやかなハーモニー。人生のさまざまな局面を乗り越えて、仲間と音楽に夢中になれる時間を楽しむ。そんな姿が同世代のみならず、幅広い世代の共感を呼んでいるに違いない。

■バンド紹介

●バンド名
AnySees(エニシーズ
●結成時期
2008年10月
●モットー
いつでも、どこでも、いろんな出会いを!
●練習頻度
集まるのは週1回。お互いの家を行き来して練習。
●平均年齢
66歳
●メンバー
松戸仁一/Jin(ギター、ベース、キーボード、ボーカル)
松戸裕子/Yuko(ピアノ、ドラム、パーカッション、ボーカル)
吉田廣司/Kozi(ギター、ベース、ボーカル)
吉田愛理/Ery(シンセサイザー、パーカッション、ボーカル)
●活動内容
月に1度、池袋のライブバーで3曲を演奏。都内ライブハウスで年数回の演奏のほか、毎年、池袋のフォーク&カントリーフェスティバルに出演。

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

5887views

音楽ライターの眼

UKパンク・ロックの伝説ザ・ダムドがオリジナル編成で2021年に復活

1457views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5991views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

1780views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2139views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

5248views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

13081views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2816views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15073views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5313views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3567views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18234views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

7644views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20475views

音楽ライターの眼

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

369views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2495views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3902views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1669views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15550views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

4943views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

8458views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4157views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6172views