Web音遊人(みゅーじん)

壷阪健登

ジャズの新時代を拓く瑞々しいリリシズム/壷阪健登ソロ・ピアノ・コンサート“Departure”

瑞々しいリリシズムだ。ジャズの新時代を拓く若手ピアニストが登場した。2023年11月18日、ヤマハホールで開かれた「壷阪健登ソロ・ピアノ・コンサート“Departure”」。即興演奏や数々の自作は抒情とロマンにあふれ、新鮮で若々しい。しかもデビューアルバムがこれからとは思えないほどの熟成ぶり。壷阪健登と共に聴き手はジャズの未来を発見していく。

壷阪のソロ公演は2023年から始めてこれが3回目。確信を持った堂々とした弾きぶり、自らが創造する音楽への没入感は、たったの3回目とは思えない。華奢な体を自由に揺らし、時には口ずさみながら、疎らな和音とリズムから美しい旋律へ、ハーモニーへと音を紡いでいく。心から愛する響きと向き合い、夢のような音楽が自然に湧き上がってくるかのようだ。

限りなく自由な創意へのエール

1曲目は即興演奏を経て壷阪の自作『With Time』。感傷的な分散和音から立ち現れる抒情的な旋律、劇的な展開。ピアノの音色は柔らかく滑らかだが、重厚な場面もあり、豊かな表情を見せる。スタンダードナンバーの『グッド・モーニング・ハートエイク』、三木たかし作曲『ともだちはいいもんだ』へと、音の一つひとつを大切にし、楽しみながら奏でていく。

壷阪健登

4曲目『こどもの樹』も自作。東京の青山学院大学の向かいにある岡本太郎のモニュメント「こどもの樹」から発想を得て作曲した。「子供たちが個性的であってほしい」との願いを込めた。膝を叩いて足踏みし、ブルース風の曲が次第に激しくなり、ストラヴィンスキーの『春の祭典』を思わせるリズムの爆発が起きる。限りなく自由な創意へのエールのようだ。

壷阪の高い完成度は背景を知れば納得する。慶應義塾大学を卒業後、渡米し、2019年バークリー音楽大学を首席卒業。ピアニストの小曽根真が若手演奏家を世界に紹介するプロジェクト「From OZONE till Dawn」のメンバーの一人となった。2023年にはスペインのサン・セバスチャン国際ジャズ・フェスティバルでもソロ出演し、世界から注目を浴びている。

壷阪健登

熟成した新ロスト・ジェネレーション

「失われた世代ね、あなたたちは」とはヘミングウェイの小説「日はまた昇る」の巻頭句に使われた米詩人ガートルード・スタインの言葉。小曽根をスタインのようなリーダーだとすれば、壷阪ら「From OZONE till Dawn」の若手演奏家は、大戦ではないが、新型コロナウイルス禍の影響を被った新ロスト・ジェネレーション。ライブ困難期に彼らは熟成した。

後半はいよいよ壷阪ワールド全開。この日のための新曲『デパーチャー(Departure)』は『枯葉』のようなバラードで、ショパンの風味さえある。晩秋に似合うロマンティックな曲想。公演後、壷阪に好きな音楽を聞いたら、ブラームス、シューベルト、キース・ジャレットなどを挙げてくれた。ジャズだけでなくクラシックも聴き込んでいることが分かる曲作りだ。

壷阪健登

カーペンターズの『シング』でポップな旋律を印象付けた後、締めは自作の3曲。『暮らす喜び』ではシンプルなテーマを自在に発展させる変奏の妙を聴かせた。『Solace』では静かな中での間の取り方にシューベルトのピアノソナタを思わせるセンスがあった。最後を飾ったのはデュナーミクの大きな『Kirari』。今後のライブとデビューアルバムに期待したい。

壷阪健登

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
音楽ジャーナリスト。日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Takako Miyachi

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15624views

音楽ライターの眼

マリアム・バタシヴィリが世界中の音楽ファンに向けて動画を配信

3624views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4920views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

49640views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4530views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

17336views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13928views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6653views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23422views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5341views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7909views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9608views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7490views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8188views

音楽ライターの眼

摂氏40度をはるかに超える、“個性の競演”の熱量/イエルーン・ベルワルツ トランペット・リサイタル -竹沢絵里子(ピアノ)とともに-

1273views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9088views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1873views

82Z

楽器探訪 Anothertake

アンバー仕上げが生む新感覚のヴィンテージ/カスタムサクソフォン「82Z」

2157views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6816views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5272views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175711views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8918views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9608views