Web音遊人(みゅーじん)

岩崎宏美さん

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

オーディション番組『スター誕生!』をきっかけに高校生で歌手デビューし、圧倒的な歌唱力で人々を魅了してきた岩崎宏美さん。歌手生命の危機となる病気の発病など、波乱に見舞われることもあった岩崎さんですが、音楽について語る様子は実に明るく楽しそう。元気をくれる歌声のように、語る言葉にもエネルギーがこもっています。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

ジャクソン5の『ABC』でしょうか。我が家は、姉と妹の良美と三姉妹そろって童謡を習っていたのですが、親は音楽に縁がなかったので、家の中で常に音楽が流れているような環境ではありませんでした。ステレオは一台だけあったのですが、私や妹がレコードをいじると針を傷つけるからと触らせてもらえず、姉が聴きたい曲しか聴けませんでした。
なので、小学校5年生の時に学校の行事で長野県の菅平高原に行って、ジュークボックスを聴けるのがうれしかったんです。目をつぶって選ぶと、流れてきた曲が『ABC』。衝撃的な格好良さでした。洋楽をほとんど知らなかったからもう夢中で、スピーカーの前に体育座りして聴き入ってしまいました。「ファファンファンファファーン」という高音の歌声は、男の子が歌っているのか女の子なのか分かりませんでしたが、それが、マイケル・ジャクソンだったんです。同級生の女の子が「このレコードうちにあるんだ、うちでは誰も聴かないからあげる」と言ってくれて、それからは本当によく聴きましたね。マイケルとは同い年ということもあり、中学生の時は結婚したいと思っていたくらいです。ベッドの横に「マイケルの好きな飲み物……パンチ」などと、雑誌で見た情報を書いてみたり。「パンチ」って何だったんでしょう?(笑)。コーラスでも何でもいいから、彼のそばで働いてみたいと思いました。中学3年生の時、初めて見た洋楽のコンサートは、姉に連れていってもらったジャクソン5の武道館公演。その時のマイケルは変声期で、私の知っている声ではなかったけれど、兄弟で助け合いながら色んなパートに振り分けて歌ってくれて、すごく素敵でした。

岩崎宏美さん

Q2.岩崎さんにとって「音」や「音楽」とは?

家にいて疲れている時は、声の入っている音楽はあまり聴かないかもしれないですね。声を聴いてしまうと、職業柄つい体が反応してしまうんです。だから、クラシックだったりハワイアンだったり、ボサノバみたいなものだったり、メロディーだけで心が安らぐ音楽を聴きますね。
私は体調が少し悪くても、自分の声の調子が良いと元気になれます。本当に声が健康のバロメーターだなあと思います。
ハワイアンが好きになったのは、16歳の時に初めてハワイに行った時です。『スター誕生!』でハワイ大会があり、私は新人コーナーに出演するために連れて行ってもらいました。海外に行くのは初めてだったので、パスポートも飛行機も初めてでした。ハワイに到着して飛行機を降りると、花のレイをかけられて、ほっぺにチュッとされて……。お花の匂いがして湿気もなくて、こんなきれいなところがあるんだ、と感動しました。そのときに思ったことが「老後はここで暮らしたい」。16歳なのにね(笑)。そんな夢のような楽園は、どこの場所に行ってもハワイアンが流れていました。実にリラックスできる音楽だなあと思いました。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

それはもう、私の同業者でしょう。みーんな、楽しんでいますよね。もちろん私もそうですし、ステージに立ってパフォーマンスをする人だけではなくて、ディレクターなど影で支えてくれる人もそうですね。音に携わる仕事ができることを、私は誇りに思っています。歌は、小学校2年生の時から習っていて一番続いているお稽古事なので、それを職業にすることができて本当にうれしいです。他に、何にも取りえがないですから。
レコーディングは大好きですね。私がいなくなった後も形として残るものだから、みんなでとても大切に作り上げています。でも、私がもっとも楽しんでいる瞬間はコンサートの時です。お客様の反応が生で聴けるのは、やっぱり嬉しいものです。そのために日頃から喉に気を使って、いい声が保てるように頑張っています。いつ何が起こるか分からないですが、自信がある限りは歌い続けていきたいです。

岩崎宏美〔いわさき・ひろみ〕
1975年、『二重唱(デュエット)』でデビュー。当時から抜群の歌唱力を誇り、『ロマンス』『思秋期』では数々の賞を受賞。1982年、火曜サスペンス劇場主題歌『聖母たちのララバイ』が130万枚の大ヒットを記録するなど、歌手として着実な実績を上げていく。一方でミュージカルやドラマなどでも多彩な才能を発揮。特に、『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役は、歌手人生において大きな影響を与えた。2015年にはデビュー40周年を迎え記念アルバムのリリースやコンサートを開催。2017年8月に4年ぶり29作目となるオリジナルアルバム『Hello! Hello!』発売。同年、映画『美女と野獣』実写版ではポット夫人の吹替を担当。
岩崎宏美オフィシャルサイト  http://www.hiroring.com/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:今井美樹さん「私にとって音楽は、“聴く”というより“浴びる”もの」

3195views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターの革命児がビートルズに出逢うまでのプロローグ

2585views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

5297views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

1552views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2797views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

11741views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

14932views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4830views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17634views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5855views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3956views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20520views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

5664views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15196views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

5010views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

4456views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

3105views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4863views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

9003views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3905views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

14636views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3945views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20520views