Web音遊人(みゅーじん)

岩崎宏美さん

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

オーディション番組『スター誕生!』をきっかけに高校生で歌手デビューし、圧倒的な歌唱力で人々を魅了してきた岩崎宏美さん。歌手生命の危機となる病気の発病など、波乱に見舞われることもあった岩崎さんですが、音楽について語る様子は実に明るく楽しそう。元気をくれる歌声のように、語る言葉にもエネルギーがこもっています。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

ジャクソン5の『ABC』でしょうか。我が家は、姉と妹の良美と三姉妹そろって童謡を習っていたのですが、親は音楽に縁がなかったので、家の中で常に音楽が流れているような環境ではありませんでした。ステレオは一台だけあったのですが、私や妹がレコードをいじると針を傷つけるからと触らせてもらえず、姉が聴きたい曲しか聴けませんでした。
なので、小学校5年生の時に学校の行事で長野県の菅平高原に行って、ジュークボックスを聴けるのがうれしかったんです。目をつぶって選ぶと、流れてきた曲が『ABC』。衝撃的な格好良さでした。洋楽をほとんど知らなかったからもう夢中で、スピーカーの前に体育座りして聴き入ってしまいました。「ファファンファンファファーン」という高音の歌声は、男の子が歌っているのか女の子なのか分かりませんでしたが、それが、マイケル・ジャクソンだったんです。同級生の女の子が「このレコードうちにあるんだ、うちでは誰も聴かないからあげる」と言ってくれて、それからは本当によく聴きましたね。マイケルとは同い年ということもあり、中学生の時は結婚したいと思っていたくらいです。ベッドの横に「マイケルの好きな飲み物……パンチ」などと、雑誌で見た情報を書いてみたり。「パンチ」って何だったんでしょう?(笑)。コーラスでも何でもいいから、彼のそばで働いてみたいと思いました。中学3年生の時、初めて見た洋楽のコンサートは、姉に連れていってもらったジャクソン5の武道館公演。その時のマイケルは変声期で、私の知っている声ではなかったけれど、兄弟で助け合いながら色んなパートに振り分けて歌ってくれて、すごく素敵でした。

岩崎宏美さん

Q2.岩崎さんにとって「音」や「音楽」とは?

家にいて疲れている時は、声の入っている音楽はあまり聴かないかもしれないですね。声を聴いてしまうと、職業柄つい体が反応してしまうんです。だから、クラシックだったりハワイアンだったり、ボサノバみたいなものだったり、メロディーだけで心が安らぐ音楽を聴きますね。
私は体調が少し悪くても、自分の声の調子が良いと元気になれます。本当に声が健康のバロメーターだなあと思います。
ハワイアンが好きになったのは、16歳の時に初めてハワイに行った時です。『スター誕生!』でハワイ大会があり、私は新人コーナーに出演するために連れて行ってもらいました。海外に行くのは初めてだったので、パスポートも飛行機も初めてでした。ハワイに到着して飛行機を降りると、花のレイをかけられて、ほっぺにチュッとされて……。お花の匂いがして湿気もなくて、こんなきれいなところがあるんだ、と感動しました。そのときに思ったことが「老後はここで暮らしたい」。16歳なのにね(笑)。そんな夢のような楽園は、どこの場所に行ってもハワイアンが流れていました。実にリラックスできる音楽だなあと思いました。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

それはもう、私の同業者でしょう。みーんな、楽しんでいますよね。もちろん私もそうですし、ステージに立ってパフォーマンスをする人だけではなくて、ディレクターなど影で支えてくれる人もそうですね。音に携わる仕事ができることを、私は誇りに思っています。歌は、小学校2年生の時から習っていて一番続いているお稽古事なので、それを職業にすることができて本当にうれしいです。他に、何にも取りえがないですから。
レコーディングは大好きですね。私がいなくなった後も形として残るものだから、みんなでとても大切に作り上げています。でも、私がもっとも楽しんでいる瞬間はコンサートの時です。お客様の反応が生で聴けるのは、やっぱり嬉しいものです。そのために日頃から喉に気を使って、いい声が保てるように頑張っています。いつ何が起こるか分からないですが、自信がある限りは歌い続けていきたいです。

岩崎宏美〔いわさき・ひろみ〕
1975年、『二重唱(デュエット)』でデビュー。当時から抜群の歌唱力を誇り、『ロマンス』『思秋期』では数々の賞を受賞。1982年、火曜サスペンス劇場主題歌『聖母たちのララバイ』が130万枚の大ヒットを記録するなど、歌手として着実な実績を上げていく。一方でミュージカルやドラマなどでも多彩な才能を発揮。特に、『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役は、歌手人生において大きな影響を与えた。2015年にはデビュー40周年を迎え記念アルバムのリリースやコンサートを開催。2017年8月に4年ぶり29作目となるオリジナルアルバム『Hello! Hello!』発売。同年、映画『美女と野獣』実写版ではポット夫人の吹替を担当。
岩崎宏美オフィシャルサイト  http://www.hiroring.com/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

8040views

音楽ライターの眼

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、“本物の”『ライヴ・アット・ロイヤル・アルバート・ホール』が半世紀を経て初公式リリース

1708views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

19297views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175832views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8890views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7025views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6410views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10447views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21793views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4216views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5048views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24731views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19094views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21793views

音楽ライターの眼

英国ロック&ソウルの“生きる伝説”テリー・リードが2019年6月に来日

7712views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

10888views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

1888views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11594views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6825views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8297views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54646views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7200views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24731views