Web音遊人(みゅーじん)

紀尾井ホール

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

四ツ谷駅から右手に桜並木、左手に上智大学を見ながら5分ほど行くと、左手奥に見えてくる紀尾井ホール。かつてここに尾張藩の江戸屋敷があったことから、紀伊徳川、尾張徳川、井伊彦根の1字を取ってついた地名がホール名となった。歴史と文化の香り漂う、静かなたたずまいのなかで音楽を堪能できる場所。それが紀尾井ホールだ。

ホールの扉を入ると、木のぬくもりに包まれたような感覚とホール全体のシックな色調に、思わず深呼吸をしたくなる。素材と構造にこだわり、高度な建築技術を駆使して作られた静寂と響きは、ここが都心であることをすっかり忘れさせてくれる。

オープンは1995年。5年間にわたるヨーロッパ各地の名ホール研究の結果をもとに、シューボックス形式、800席という基本設計が採用されたのは、バロックから古典派の時代の「本物の響き」をリアルに再現するうえで最適とされたから。

この「本物の響き」をコンセプトに活動するのが、レジデント・オーケストラである「紀尾井シンフォニエッタ東京」。開館と同時に結成された二管編成の室内オーケストラで、今や主要オーケストラの首席奏者やソリストなど、第一線で活躍する演奏者たちとなったメンバーで構成される。1シーズン5回行われる定期演奏会はすでに105回(2016年6月時点)。毎回、注目の指揮者やソリストを迎え、数々の名演を生み出してきた。

紀尾井シンフォニエッタ東京

紀尾井シンフォニエッタ東京

ホールの響きを知り尽くしたオーケストラが奏でる音は、ホールと一体となった、まさにここでしか聴けないもの。もちろん、リサイタルや室内楽など、年間を通してさまざまなコンサートにも利用され、多くの演奏家にとって目標の舞台ともなっている。さらに、クラシック音楽ファンには意外に知られていない邦楽専用ホール(5階)も、ぜひ一度は訪れたい場所。響きはもちろん、迎賓館赤坂離宮を臨むホワイエからの眺めも絶品だ。

洋の東西を問わず、音楽と人とが出会う紀尾井ホール。その運営母体である新日本製鐵株式会社(現・新日鐵住金株式会社)は、私たちの暮らしの礎を築いてきた歴史ある鉄鋼会社。音楽もまた人が生きるうえで「なくてはならないもの」であり、そこには共通点がある。
民間放送AMラジオ初のクラシック専門番組「新日鉄コンサート(当初はフジセイテツコンサート)」を1955年にスタートし、長年にわたって若手音楽家を世に送り出し、新日鉄住金音楽賞(旧新日鉄音楽賞)を1990年に創設、その5年後に音楽ホールを作るに至る壮大な音楽文化創成のストーリーは、20周年を機に始まった新たなチャレンジとともに、さらなる未来へと続いていく。

紀尾井ホールホール客席のシャンデリアは、特殊なガラスパーツを重ねあわせて雪の結晶を表現。結晶の中で光が灯って見えるようにデザインされている。

紀尾井ホール(写真左)天井はガラス繊維補強セメントという素材でできていて、音を拡散し、響きを自然に減衰させて客席を包み込む効果がある。(写真右)舞台や客席は、根太(ねだ)組という構造により床下が空洞になっており、ホール全体で響きの空間を作っている。

■紀尾井ホール

所在地:東京都千代田区紀尾井6-5
TEL:03−3237−0061
ホール形式:シューボックス形式
席数:800席(1階/522席、2階/278席)
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

6737views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

6316views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

9970views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

43689views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8009views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

10163views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8520views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3861views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8540views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

5118views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

5284views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16539views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6435views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

15049views

音楽ライターの眼

ユニフォームが新作『SHAME(シェイム)』を発表。ノイズ・ロックの破壊衝動の向かう先へ

1178views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2175views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3567views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

9881views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7568views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

3834views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

104461views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3109views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16539views