Web音遊人(みゅーじん)

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

サクソフォンのデジタル化を実現

「アコースティックサクソフォンのデジタル化は、以前から企画案は出るものの、なかなか製品化に至っていませんでした。それが今回、サクソフォン設計・生産、電子楽器設計、音響機器生産などの部署を超えてスタッフが連携し、知恵を出しあうことで、ようやく実を結んだといえます」。そう語るのは、デジタルサックス開発担当の宮崎裕さん。

2020年秋に発売以来、高い人気を誇るデジタルサックス「YDS-150」。人気の理由のひとつは、音量調節が可能で、自宅でボリュームを落として吹けること。またサクソフォンと同様の操作性で豊かな音色と響き、吹奏感が得られるところも奏者の支持を得ています。
「一般的なデジタル管楽器は、キイレイアウトや操作法が独自のもので、サックスというよりウインドシンセサイザーであることが多いです。ですがヤマハのデジタルサックスは、サクソフォンと同様のキイレイアウトで、操作法も同じなので、持ち替えがスムーズにいくところが強みです」と、マーケティング担当の玉井洋行さん。

普段サクソフォンを吹いている人が、違和感なく操作できるのに加えて、管楽器初心者でも簡単に音を出せるハードルの低さもデジタルサックスのポイント。「サクソフォンを吹いてみたい」「昔サクソフォンをやっていたけれど、ブランクがあり自信がない」といった人も、手にしたその日から演奏を楽しめます。

部署の垣根を超え、開発に携わったスタッフが集合!このほかにも多くのスタッフがいるのだそう。(後列左端:開発担当の宮崎裕さん、前列左から3人目:マーケティング担当の玉井洋行さん)

管楽器らしい吹奏感を生む新開発の音響システム

デジタルサックスの表現力の要は、新開発の「ベル一体型アコースティック音響システム」。スピーカーだけでなく、管体内部の音響管、ベルが一体となって音が鳴ることで、管楽器らしい豊かな響き、吹奏感を得られます。
「また、サクソフォン(ソプラノ/アルト/テナー/バリトン)の内蔵音は、プロのサクソフォン奏者が一音一音吹いてサンプリングしています。音色の種類によりますが、サクソフォンらしい荒々しさ、ノイズをあえて残しているところも、管楽器らしさにつながっています」(宮崎さん)

スピーカーから出た音と振動が、音響管を通してベルまで伝わり、管体全体が振動。それがキイやマウスピースを通して奏者にフィードバックされることで、アコースティックの吹奏感を得られる。

ベルは、アコースティックサクソフォンと同じ、イエローブラス製のものが採用されています。
「ベルによって響きが増幅されることでも、管楽器特有の鳴りが生まれます。当初、簡易形のベルにする案もありましたが、長年サクソフォンをつくってきたヤマハとして、“本物のベル”にこだわりました」(宮崎さん)

(写真左)音響効果だけでなく、見た目のインパクトも大きいイエローブラス製のベル。(写真右)専用のマウスピース、リード、リガチャーは、ヤマハのアルトサクソフォンと同じ形状のものを採用。

デジタル楽器ならではの多彩な機能も魅力

デジタルの利点を生かした、多彩な機能もポイント。ヘッドホンをつなげば完全に消音でき、夜中でも音量を上げて演奏できるほか、手持ちのスマホとBluetooth®接続すれば、ヘッドホンから音源と演奏音を一緒に鳴らすこともできます。
「楽器とパソコンをUSBケーブルでつなぐと、マイクがなくても演奏音を録音でき、しかも高音質なので、ネット配信や音楽制作に活用できます。また、アプリを使ってソプラノ・アルト・テナー・バリトンを多重録音し、一人でサクソフォン四重奏を表現するといった楽しみ方もあります」(玉井さん)

さらに、無料の専用アプリ「YDS Controller 」を連携させると、楽器の調性や運指のカスタマイズが可能。
「アプリを使って自由に移調(トランスポーズ)できるので、普段アルトを吹いている人がソプラノを吹いたり、フルートやバイオリンの曲を吹いたりもできます。室内楽のチェロのパートを担当するといったことも、デジタルサックスなら簡単にできます」と宮崎さん。

(左)無料の専用アプリ「YDS Controller」を使えば、好みや演奏レベルに合わせて、キイの反応や息の抵抗感・反応の調整ができる。(右)主要な運指が登録されており、指使いのチェックや、新たな運指の登録・変更も可能。

「デジタルサックスは、サクソフォンの表現力を持っていますが、代替の楽器ではありません。使い手である皆さんによって、新しい楽しみ方、表現法が生まれることにデジタルサックスの存在意義があると思っています。ベルにステッカーを貼るといった外見のカスタマイズもありですし、“デジサク”と気軽に呼んで親しんでもらいたいです」(宮崎さん)

デジタルサックスなら、肩の力を抜いて、自由に、気の向くまま管楽器と触れ合えそうです。

■デジタルサックスYDS-150

吹き込んだ息が楽器の振動となり、あなたの唇、指先、そして心さえも震わせる。アコースティックとデジタルの融合によって生み出された「ベル一体型アコースティック音響システム」が、まるでアコースティック楽器を演奏しているような、オーセンティックで心地よい吹奏感と自然で美しい音の響きを実現しました。
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:木嶋真優さん「私は“人”よりも“音楽”を信用しているかもしれません」

3175views

音楽ライターの眼

オペラ、シンフォニーの指揮&ピアニストとしても活躍する沼尻竜典が第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞

906views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

1919views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

18813views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8326views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

565views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4043views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3148views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7144views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5325views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3771views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6725views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8326views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21895views

音楽ライターの眼

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

3360views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

2523views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4118views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3064views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

13630views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5885views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

5451views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3148views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6725views