受賞ディスク決定!「BBCミュージック・マガジン賞2015」

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
BBCミュージック・マガジン賞
地球は音楽で回る(fromロンドン/イギリス)
受賞ディスク決定!「BBCミュージック・マガジン賞2015」

英国では、春は授賞式シーズンである。クラシック界にも数多くの賞があり、映画や演劇の授賞式ほど華やかではないかもしれないが、さまざまな分野の音楽家たちの業績が表彰される。
その中で、英国の音楽雑誌が主催する「BBCミュージック・マガジン賞」は、読者および一般の音楽ファンが投票できることで知られている。全部で7つの部門があり、前年に同誌のレビュー欄で5つ星を取ったディスクから選考委員が各部門3枚ずつ選び、オンラインでの一般投票で賞を決める仕組みである。

授賞式は4月7日にロンドンのキングス・プレイスのホールで行われた。
オーケストラ賞には、故クラウディオ・アバドの最後の演奏となった、ルツェルン祝祭管弦楽団とのライブ録音『ブルックナー:交響曲第9番』が選ばれ、息子たちが賞を受け取った。ピアニスト3人がノミネートされた器楽賞部門では、ミハイル・プレトニョフ、マルカンドレ・アムランというベテラン勢をおさえて、英国の若手の逸材ベンジャミン・グローヴナーのアルバム『DANCES』が受賞した。また、合唱賞にはアンドリュー・デイヴィス指揮BBC交響楽団によるエルガーのオラトリオ『ゲロンティアスの夢』の録音が選ばれたが、やや英国びいきなのは一般投票ゆえだろう。

協奏曲賞を受賞したのは、ノルウェーのスター・ピアニストのレイフ・オヴェ・アンスネスとマーラー・チェンバー・オーケストラによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番と第4番のディスク。このコンビは4年間にわたって〈ベートーヴェン・ジャーニー〉と題したピアノ協奏曲の全曲録音およびツアーを行っており、その第2巻にあたる。本盤はさらに〈レコーディング・オブ・ザ・イヤー賞〉にも選ばれ、旅の終盤にさしかかっているアーティストたちにとって嬉しいプレゼントとなった。同コンビは5月にはいよいよ日本にも上陸するので、旬の演奏をぜひライブで堪能してほしい。

このほか特別賞として、チェンバロ界の異才マハン・エスファハニに新人賞が贈られ、DVD賞には筆者が映画館で観た時にとても感銘を受けた『椿姫ができるまで』(ナタリー・デセイ主演)が選ばれるなど、メジャー企画だけの賞ではないことを印象付けた。

BBCミュージック・マガジン賞

今回の受賞者たち。レイフ・オヴェ・アンスネス(左から2番目/ピアノ)、マハン・エスファハニ(中央/チェンバロ)、セバスチャン・アバド(右端/クラウディオ・アバドの息子)らが授賞式に集まった。

■公演情報

レイフ・オヴェ・アンスネス (指揮・ピアノ)with マーラー・チェンバー・オーケストラ
5月14日(木)19:00 静岡音楽館AOI
5月15日(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
5月17日(日)14:00 東京オペラシティ コンサートホール

文/ 後藤菜穂子