Web音遊人(みゅーじん)

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

ダイナミックに鳴り響くサウンドに、観客は思わず拳を掲げ、演奏に合わせて会場が一体となる。しっとりと聴かせるバラードでは、ボーカルの声にすっと引き込まれ、アーティストと一対一の世界が生まれる。こうしたコンサートでの音づくりの全てを担うのがサウンドデザイナーの仕事だ。今回は株式会社スターテック代表取締役の志村明さんに、コンサートの肝となる音づくりの舞台裏についてお話を伺った。

志村さんはサウンドデザイナーとしてライブコンサートを俯瞰し、音に関わる指揮を担う。
アーティストや制作会社から依頼を受けたら、まず初めに演奏者や会場の規模に応じた機材の選定とスタッフのスケジューリングを行う。アーティストに合ったPAエンジニア(客席で観客が聴く音の調整をする人、ハウスエンジニアとも呼ばれる)や、モニターエンジニア(ステージ上で演奏者が聴く音を調整する人)などの人選を行い、その後、スタジオでのリハーサルに入っていく。
志村さんは、発売されているCDなどを聞き込み、アーティストとコミュニケーションを重ね、アーティストが伝えたいサウンドを確認する。
「リハーサルは、場合によってはスタジオで1か月以上行うこともあります。まずはモニターエンジニアとステージ上のサウンドを作っていきます。ステージ上のバランスを整えることによりこれがアンサンブルの“物差し”となり、アーティストの思いのままに演奏できるようになるのです。アーティストが届けたいサウンドがステージ上で気持ちよく演奏できることが必須なんです」
この作業と同時に客席で観客が聴く音をハウスエンジニアと調整していく。ハウスエンジニアが操作する“ミキシング・コンソール”は、観客が聴くサウンドをコントロールする要となる。ステージ上の全ての音を入力してミックスし、そのバランスを整えて出力する役割を担い、アーティストの演奏を引き出す色付けを行っていく。
「例えば、ここでピアノが流れて、ギターはこういうバランスで聴かせたいね、とか、ボーカルを活かすためにバックのハーモニーは柔らかくしたいね、とか、演奏者の意図を観客の立場で聴いて、音の調整をします。今はリハーサルのときに行った音作りはミキシング・コンソールに記録しておけるので、本番ではより音楽に集中してミキシングできるようになりました」

2019年6月に開催された日比谷音楽祭の本番前日。入念に最終チェックを行う。

CDなどのレコーディングされたサウンドは、部屋のスピーカーやヘッドホンでちょうど良いバランスとなっているため、コンサートではこれを再現しても、物足りなく感じてしまう場合が多い。そこで、アーティストは観客にライブを楽しんでもらえる演奏を心がけており、これを観客に印象付けるのが、サウンドデザイナーの腕のみせどころ。
「アーティストにはライブならではのプレーやアレンジメントなど、より聴かせたい部分があるのです。このような部分と照明効果や映像効果の相乗効果があると盛り上がるじゃないですか。同じように、音も雰囲気を作るための仕掛けを作るんです。うまいミュージシャンはいいタイミングで盛り上がる仕掛けを入れてきます。そういうアーティストが出す“素材”をどう生かすかというのは、エンジニア冥利に尽きるというか、この仕事の楽しい部分です。盛り上がりに合わせてリズムを目立つようにしたり、イントロのフレーズをグッと出したりね。そうしたときに、こちらが仕掛けたことに対する観客の反応を直に感じられるのは面白いし、この仕事の特権だと思っています」
ツアーなど大きさや形が異なるさまざまな会場で、どの客席でも同じサウンドが届けられるように、予めシミュレーションを行った出力系のスピーカー・プランを立てる。実際の会場ではリハーサルの前にこの“物差し”を再現できるようにスピーカー・システムの調整をすれば 、コンサートのサウンドを思いのままにコントロールできるようになる。
「スピーカー・システムの調整はかなり繊細な作業ですが、毎会場できるだけミキシング・コンソールの中で作ったサウンドがそのまま表現されるように調整します。そのことにより、アーティストのプレーやサウンドがより観客に伝わります。最も大事なのは、アーティストが届けたいサウンドを会場の隅々まで届けて、すべてのお客様に楽しんで帰ってもらうこと。そのために、アーティストのサウンド、素材そのものを大切にしています」

音楽が好きで、高校時代から楽器店の手伝いをしていたという志村さん。大学は日本大学芸術学部放送学科に通い、音楽について幅広く学びながら、自社製作の音響機材を扱う会社の現場に入りアシスタントをしていた。これをきっかけに、大学3年の時、音響機材といえば高価な輸入物ばかりだった時代に国産の音響機材を製作する会社「Intercity」を中学時代の後輩と2人ではじめた。
「若い頃に楽器店や機材を作る場所にいたからか、“こういう音を出したい”という欲求がずっとあるんですよね。今は昔と比べると機材も進化しているので、若手スタッフや、これから音響の仕事に就きたいと思っている人は覚えることが多くて大変だけれども。演奏している音を収音し、それをミキシングして出すという部分は、60年代のビートルズの頃から変わっていないんです。あの頃は今ほど機材も整っていなかったけれど、ビートルズ、いい音しているじゃないですか。それは機材や方法論が変わっても、我々が求められている到達点は変わっていないということ。僕はいまだにイメージする音、何よりいい音楽を追求しているのかもしれないですね」

志村さんが使用するミキシングシステム(ミキサー)のひとつ、ヤマハのRIVAGE PM10。コンサートが開催される様々な会場にミキサーを持ち込み、サウンドをデザインする。

Q.子どもの頃になりたかった職業は?
A漠然と、国際的に世界を股にかける仕事をしたいなと思っていましたね。

Q.もし音楽に関わる仕事に就かれていなかったらどんな仕事を?
A音楽関係の仕事以外は考えたことがなくて……。もしサウンドデザイナーになっていなかったら、ヤマハさんにいれていただいて(笑)。機材を売ったり、作ることなんかに携わっているかなと(笑)。

Q.好きな音楽はなんですか?
A元々はビートルズ世代なんです。ビートルズから入って、ロックバンド、特にプログレッシブ・ロックが好きでした。エマーソン・レイク・アンド・パーマーとか、キング・グリムゾンとか、昔聴いていたアルバムを聴き直していますね。最近のオーディオ環境で聴くと、演奏や音の良さがよくわかって面白いんです。

Q.プライベートでライブやコンサートに行かれますか?
A時間ができれば行っています。コンサートを観客の立場で見ることが大切ですね。

Q.趣味はありますか?
Aまわりに“仕事”って言われます(笑)。

特集

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

3906views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

984views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

2602views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4083views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5409views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

7679views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

5727views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1734views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14116views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

2598views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2128views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3315views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2993views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

5450views

ジェフ・リンズELO

音楽ライターの眼

ジェフ・リンズELOがライヴ映像作品/CD『ウェンブリー・オア・バスト〜ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム』を発表

1477views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2546views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

2623views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

6079views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

816views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

1895views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

3630views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1635views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13165views