Web音遊人(みゅーじん)

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

古楽器はモダン楽器に比べて敷居が高く、テクニック的にも難しい印象がありますが、なかには大人になってから始めても十分に楽しめるものもあります。そのひとつが、櫻井先生の専門でもあるヴィオラ・ダ・ガンバ。
「ヴィオラ・ダ・ガンバはいわば弓で弾くギターで、フレットがあるため音程が取りやすく、調弦もギターに似ています。バイオリンやチェロに比べると音出しが簡単で、初心者でも数時間も練習すれば簡単な旋律を弾けるようになりますから、アマチュアの愛好家の方も多くいらっしゃいます」

また古楽器は、その時代の慣習や文化をうかがい知れる人間的で温もりのあるもの。キットと呼ばれる小型のバイオリンや、ドローン弦を複数持ちバグパイプのような音を発するハーディ・ガーディからは人々の息使いが伝わってくるようです。
「ヨーロッパの貴族社会における大切な教養のひとつがダンスですが、当時はオーディオ機器がないため、踊りの先生はキットを携帯し、弾きながらステップを教えたといわれています。またハーディ・ガーディは、もともとは吟遊詩人や農民が使う民族楽器でしたが、18世紀になるとフランスの上流社会で田園趣味が流行し、農村や農民を象徴するハーディ・ガーディが人気を博しました」

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

(写真左)ヴィオラ・ダ・ガンバ、(写真中右)キット、(写真右)ハーディ・ガーディ

現在ヨーロッパでは古楽器(もしくは復元された楽器)で編成されたオーケストラや、古楽の奏法をモダン楽器で再現するオーケストラは珍しくなく、古楽・古楽器がごく自然に受け入れられています。日本においても古楽に対する理解は深まっており、古楽の専門家や、古楽器とモダン楽器の両方を弾く演奏家が増えてきているそう。
「古楽の世界も進化を遂げており、20年前と今とでは演奏表現が異なりますし、モダン楽器の演奏と同様、奏者によって曲の解釈や奏法はさまざまです。古楽というと当時の演奏の再現が目的のように思われがちですが、その時代の様式を踏まえた上で新しい音楽表現を生み出していくことにこそ意味があると思います」

落ち着いた空間で、厳選された古楽器をゆったりと見学できる上野学園大学 楽器展示室。要望に応じて専門のスタッフが解説したり、特定の楽器についての専門的な問い合わせにもきめ細かく応えてくれたりするほか、年に一度、コレクションのなかのひとつの楽器に焦点をあてる「古楽器コレクション ミュージアム・コンサート」も開催されています。
ちなみに2017年3月21日(火)に開催予定のミュージアム・コンサートでは、現在修復中のタンゲンテンフリューゲルがお目見えするはずとのこと。ぜひコンサートに先駆けて、タンゲンテンフリューゲルや、その他の歴史的価値の高い古楽器を間近で見てみてはいかがでしょうか。

■上野学園大学 楽器展示室

所在地:東京都台東区東上野4-24-12
アクセス:JR・東京メトロ 上野駅から徒歩約8分
開室日時:毎週火曜 10:30~12:30、金曜10:30~15:30
入館料:無料(1F受付にて入館手続きが必要です)
※開室時間などは変更になる場合があります。事前に電話(03-3842-1021)でご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

>前のページに戻る

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:城田優さん「音や音楽は生活の一部。悲しいときにはマイナーコードの音楽が、楽しいときにはハッピーなビートが頭のなかに流れる」

3605views

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズをもたらしたのは斯界を代表する歌姫たちだった

3059views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6967views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

160907views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5888views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

25266views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4809views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4071views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11138views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

6294views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6059views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24681views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

7995views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6019views

音楽ライターの眼

セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの新たな時代を拓く

3360views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

5086views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

9160views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

8544views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

9255views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5090views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

26092views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7754views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24681views