はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
東京文化会館
こどもと楽しむMusicナビ
はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

子どもに音楽の楽しさを体験させてあげたい。でも、どうやって?はじめの一歩はどこから?とくに赤ちゃんや小さなお子さんのご両親には、そんな疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そんな皆さんにおすすめしたいのが、上野の東京文化会館を中心に開催されているミュージック・ワークショップ。0歳から大人まで誰もが、多彩なプログラムを通して音楽をエンジョイし、その素晴らしさを発見することができます。チケットは完売続出という人気の秘密を、東京文化会館のスタッフに伺いました。

東京文化会館は2013年よりポルトガルの音楽施設「カーザ・ダ・ムジカ」と連携し、現在は年に10回程度の『東京文化会館ミュージック・ワークショップ』と、年に2回の『ミュージック・ワークショップ・フェスタ〈夏〉〈冬〉』などを開催しています。

「カーザ・ダ・ムジカはポルトという街にある音楽ホールなのですが、先進的なエデュケーション・プログラムに取り組んでおり、ヨーロッパの教育関係者の間でも“あそこのワークショップはすごい!”と評判だったんです。実際、私もはじめて観たときは衝撃を受けました。こんなに感動するワークショップがあるのかと。すべてワークショップ・リーダーと呼ばれる人たちが企画し、構成を考え、選曲や作曲をし、みずからパフォーマンスするのですが、彼らのレベルが非常に高いんですね。東京文化会館との連携にあたっては、ワークショップ・リーダー育成プログラムを立ち上げ、日本からカーザ・ダ・ムジカにリーダー候補を派遣するなどして研修を行なっています」(教育普及担当 福井千鶴さん)

「基本的に『東京文化会館ミュージック・ワークショップ』は、その育成プログラムで誕生した東京文化会館のワークショップ・リーダーが行なっています。そして『ミュージック・ワークショップ・フェスタ』はカーザ・ダ・ムジカからワークショップ・リーダーが来日し、東京文化会館のリーダーと一緒に行ないます。東京文化会館だけでなく、近年は都内のあちこちのホールで開催されるようになってきていますので、ぜひお近くの会場をチェックしてみてください」(広報担当 里神大輔さん)

「おとぎの国へLet’s go!」「咲かせよう!音楽の花」「動物たんてい~かくれているのは、だあれだ?~」など、タイトルを見るだけでもワクワクしてくるワークショップの数々。その魅力は、一体どんなところにあるのでしょう?

東京文化会館ミュージック・ワークショップ

「まず、会場に一歩足を踏み入れた瞬間、音楽が流れ、もうそこは別世界なんですよね。未就学児向けのワークショップは20名程度+同伴者、小学生から大人向けでも30名程度と少人数で行なうことが多いので、すぐ近くでリーダーが歌ったり話しかけてきたりして、小さな子でも音楽が自分に向けられているのを感じることができます。演奏曲はクラシックだけでなく、オリジナル曲やジャズ、ロックなどさまざまですが、どの曲も本当に素晴らしくて、そこが最大の魅力だと私は思っています。大人も癒されるような美しい曲、家に帰った後も口ずさんでしまうようなキャッチーな曲……。たとえばベートーヴェンの交響曲をいきなり聴かせたら、なにかを感じる子と、そうでない子が出てくると思うのですが、このワークショップはすべての子が感じられるように作られています」(福井さん)

東京文化会館ミュージック・ワークショップ

「ワークショップというとお勉強っぽいイメージがありますが、ここのワークショップは、どちらかというとショーに近いですね。ただ観ているだけの鑑賞型とは違うのですが、そこまで積極的に参加しなくても一体感を感じることができる。シャイな日本人には合っているかもしれません」(里神さん)

対象年齢が「6~18か月」「19~35か月」「3~4歳」「5~6歳」と細かく分かれているのも特徴的ですが、これは子どもの成長段階に合わせて、その時期にベストな内容を届けるためとのこと。継続して通えば、そのときどきの子どもの成長を図る物差しになりそうです。

東京文化会館ミュージック・ワークショップ

「このワークショップがスタートしたときに赤ちゃんだった子が、今は小学生になりました。毎回来てくださる方からは“ここで育ててもらっています”とおっしゃっていただいたことも。音楽を楽しむことが第一目的なので、参加したからといってすぐに歌がうまくなったり、リズム感がよくなったりすることは、おそらくないと思います。けれど、言葉を超えたコミュニケーションを学ぶ“場”にはなるのではないでしょうか」(福井さん)

「最近は妊婦さんや、50歳以上が対象のワークショップもはじまり、小学校や特別支援学校、高齢者施設へのアウトリーチも増えています。このワークショップによって、お客さまの人生のどのステージにも東京文化会館が関わることができるようになりました。とりあえず劇場に足を運べば、自分の好きな音楽や舞台を楽しむことができる。そうやって日常生活の中に劇場を置いていただくことで、文化を盛り上げていくことができたらと思っています」(里神さん)

乳幼児向けのワークショップ会場にはおむつ替えや授乳スペース、ベビーカー置き場も完備されていますので安心です。
皆さんも、お子さんと一緒に足を運んでみませんか?
心を打つ音楽に、育児のストレスもお悩みも吹き飛んでしまうかもしれませんよ!

■ミュージック・ワークショップ・フェスタ<冬>

開催時期:2018年12月1日(土)~9日(日)
開催場所:東京文化会館、調布市グリーンホール、調布市文化会館たづくり
※チケットの発売状況は、オフィシャルサイトでご確認ください。
詳細はこちら

■東京文化会館

所在地:東京都台東区上野公園5−45
TEL:03-3828-2111
オフィシャルサイトはこちら

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 原典子