Web音遊人(みゅーじん)

BESTOKU

ボーカルとフリューゲルホルンで描かれる魅力的なTOKUの世界。ジャンルの枠を超えた多彩なアーティストとのコラボも楽しめるベスト盤を発表!

日本を代表するボーカリスト&フリューゲルホルンプレイヤー、TOKU。アルバム『Everything She Said』で2000年にデビューすると、柔らかくまろやかなフリューゲルの音色と甘いボーカルが、アジア各国や海外からも注目を集めた。デビューから20年の時を経てさらに深みを増した彼が発表した、自身初のベストアルバム『BESTOKU(ベストク)』に込めた想いについて聞いた。

吹いて歌うスタイルを貫くアーティスト

初のヨーロッパ録音によって2020年にリリースされた『TOKU in PARIS』のアルバム・ツアーは、ヨーロッパ各地でソールド・アウトに。ボーカルとフリューゲルとが一体化するように、吹くように歌い、歌うように吹くTOKUならではのスタイルは、年月を重ねるごとにその魅力を深化させている。
そんなTOKUが2022年にアーティスト活動20周年を迎えた。これを機に、20年間に発表した全14作のアルバムから32曲を厳選し2枚組のベストアルバム『BESTOKU』をリリース。多彩なコラボレーションやジャンルの枠を超えた楽曲はどのようにして生まれたのだろう。

出会いから生まれた多彩なコラボレーション

「20年はあっという間だった」と語るTOKU。「デビューした当時は、アーティストとしてもっと吸収しなくてはいけないことがたくさんあると思っていた」と振り返る。
「自分のライブがないときは、あちこちのライブに出かけたり、海外の著名アーティストの演奏を聴いたり、知り合いのミュージシャンのライブに飛び入り演奏したり。そんなことをがむしゃらにやってましたね」

BESTOKU

ジャズクラブやライブハウス、そしてクラブ……。毎日、毎夜、どこかで誰かが必ず演奏していたという。そこでの出会いが新たな出会いを生み、多様なコラボレーションの形が生まれていく。このベストアルバムにも、ロン・カーター、EXILE ATSUSHI、Zeebra、SUGIZO、ゴスペラーズ、シシド・カフカ、別所哲也といった多彩なゲストとのコラボレーションが並んでいる。
「いろんなジャンルの人たちとコラボレーションして形にしてきた、自分のアーティスト像というものが見えるアルバムにしたいと思いました。“その人だけのもの”をもっている人とのコラボレーションに意味があると思いますし、そういうコラボレーションは本当に楽しいです。プレイヤーとしてアルバムに参加したコラボも含めれば、今回のベスト盤に入れたのも一部なんですけどね」
ジャンルにも何にもとらわれないコラボレーションからあふれるのは、アーティスト同士がリスペクトし合って生まれる新たな創作のエネルギー。思うように人と会えない時期だからこそ、人と人とが作用し合う音楽のパワーが、全身に染みわたる。

TOKUの世界がジャズのイメージを変えていく

さらに、フランク・シナトラをカバーした『New york New york』、CFタイアップ曲『Doremi』、10周年記念アルバムからのスティービー・ワンダー『Part time lover』など、聴きどころ、楽しみどころが満載。32曲は、どのようにチョイスされたのだろう。
「まず、14枚すべてのアルバムから選ぼうと思いました。また、これまでいろいろなタイアップもしてきたので、そのときにできたオリジナル曲やコラボレーションも入れたいなと思いました。それと自分のオリジナル楽曲も含めて、といろんな思いがあって、1枚じゃ足りないなとなったんです」
その32曲には、「ジャズという音楽が多種多様であることを知ってもらいたい」というTOKUのメッセージが込められている。
「ジャズは決して難しいものではありません。デビューした頃から、そういうジャズのイメージを払拭したいというのがずっとあって、それを改めてお伝えしたいと思います」
どこかノスタルジックで心地よい響きのなかにも、ときに刺激的に、いろいろな景色や色彩を感じさせる『BESTOKU』。ジャズファンはもちろん、ロック、ポップス、そしてクラシックファンも、ジャンルの枠を超えて楽しめるベスト盤だ。

■アルバム『BESTOKU』


発売元:ソニーミュージック
発売日:2022年8月24日
価格:4,000円(税込)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルInstagram

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

7341views

エマーソン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

テクニックと知性に裏打ちされた、円熟の響き/エマーソン弦楽四重奏団

5042views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

8627views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

84405views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5494views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

10362views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

18225views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3723views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6258views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

4080views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4270views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25243views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7420views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7842views

安倍圭子傘寿記念演奏会

音楽ライターの眼

マリンバから生まれる多彩な音と可能性を堪能、多くの奏者が集った記念コンサート/安倍圭子 傘寿記念演奏会

4314views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

5426views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

2998views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

12992views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

488views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3648views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

10634views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7270views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25243views