Web音遊人(みゅーじん)

BESTOKU

ボーカルとフリューゲルホルンで描かれる魅力的なTOKUの世界。ジャンルの枠を超えた多彩なアーティストとのコラボも楽しめるベスト盤を発表!

日本を代表するボーカリスト&フリューゲルホルンプレイヤー、TOKU。アルバム『Everything She Said』で2000年にデビューすると、柔らかくまろやかなフリューゲルの音色と甘いボーカルが、アジア各国や海外からも注目を集めた。デビューから20年の時を経てさらに深みを増した彼が発表した、自身初のベストアルバム『BESTOKU(ベストク)』に込めた想いについて聞いた。

吹いて歌うスタイルを貫くアーティスト

初のヨーロッパ録音によって2020年にリリースされた『TOKU in PARIS』のアルバム・ツアーは、ヨーロッパ各地でソールド・アウトに。ボーカルとフリューゲルとが一体化するように、吹くように歌い、歌うように吹くTOKUならではのスタイルは、年月を重ねるごとにその魅力を深化させている。
そんなTOKUが2022年にアーティスト活動20周年を迎えた。これを機に、20年間に発表した全14作のアルバムから32曲を厳選し2枚組のベストアルバム『BESTOKU』をリリース。多彩なコラボレーションやジャンルの枠を超えた楽曲はどのようにして生まれたのだろう。

出会いから生まれた多彩なコラボレーション

「20年はあっという間だった」と語るTOKU。「デビューした当時は、アーティストとしてもっと吸収しなくてはいけないことがたくさんあると思っていた」と振り返る。
「自分のライブがないときは、あちこちのライブに出かけたり、海外の著名アーティストの演奏を聴いたり、知り合いのミュージシャンのライブに飛び入り演奏したり。そんなことをがむしゃらにやってましたね」

BESTOKU

ジャズクラブやライブハウス、そしてクラブ……。毎日、毎夜、どこかで誰かが必ず演奏していたという。そこでの出会いが新たな出会いを生み、多様なコラボレーションの形が生まれていく。このベストアルバムにも、ロン・カーター、EXILE ATSUSHI、Zeebra、SUGIZO、ゴスペラーズ、シシド・カフカ、別所哲也といった多彩なゲストとのコラボレーションが並んでいる。
「いろんなジャンルの人たちとコラボレーションして形にしてきた、自分のアーティスト像というものが見えるアルバムにしたいと思いました。“その人だけのもの”をもっている人とのコラボレーションに意味があると思いますし、そういうコラボレーションは本当に楽しいです。プレイヤーとしてアルバムに参加したコラボも含めれば、今回のベスト盤に入れたのも一部なんですけどね」
ジャンルにも何にもとらわれないコラボレーションからあふれるのは、アーティスト同士がリスペクトし合って生まれる新たな創作のエネルギー。思うように人と会えない時期だからこそ、人と人とが作用し合う音楽のパワーが、全身に染みわたる。

TOKUの世界がジャズのイメージを変えていく

さらに、フランク・シナトラをカバーした『New york New york』、CFタイアップ曲『Doremi』、10周年記念アルバムからのスティービー・ワンダー『Part time lover』など、聴きどころ、楽しみどころが満載。32曲は、どのようにチョイスされたのだろう。
「まず、14枚すべてのアルバムから選ぼうと思いました。また、これまでいろいろなタイアップもしてきたので、そのときにできたオリジナル曲やコラボレーションも入れたいなと思いました。それと自分のオリジナル楽曲も含めて、といろんな思いがあって、1枚じゃ足りないなとなったんです」
その32曲には、「ジャズという音楽が多種多様であることを知ってもらいたい」というTOKUのメッセージが込められている。
「ジャズは決して難しいものではありません。デビューした頃から、そういうジャズのイメージを払拭したいというのがずっとあって、それを改めてお伝えしたいと思います」
どこかノスタルジックで心地よい響きのなかにも、ときに刺激的に、いろいろな景色や色彩を感じさせる『BESTOKU』。ジャズファンはもちろん、ロック、ポップス、そしてクラシックファンも、ジャンルの枠を超えて楽しめるベスト盤だ。

■アルバム『BESTOKU』


発売元:ソニーミュージック
発売日:2022年8月24日
価格:4,000円(税込)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルInstagram

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

村松崇継

今月の音遊人

今月の音遊人:村松崇継さん「音・音楽は親友、そしてピアノは人生をともに歩む相棒なのかもしれません」

2268views

音楽ライターの眼

連載13[多様性とジャズ]デビューの危機に救いの手を差し伸べたアトランティックとの“見えない絆”

1281views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

3536views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

55368views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10518views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

4347views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20800views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10661views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23894views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

2014views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5431views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25044views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13258views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30443views

映画『プリンス ビューティフル・ストレンジ』

音楽ライターの眼

プリンスの故郷を通して見える素顔。映画『プリンス ビューティフル・ストレンジ』

754views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6902views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

7034views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

16308views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

4695views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4805views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

55368views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6635views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29637views