Web音遊人(みゅーじん)

ギグリーマン

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

2019年末からのコロナ禍は、アマチュアバンドの活動にも多大な影響を及ぼしています。
活動休止を余儀なくされるバンドも少なくないなか、感染防止対策を徹底しながら、「今できること」に精いっぱい取り組んでいるバンドの様子をご紹介します。

4人の個性がアレンジになるアマチュアセッションバンド

銀座3丁目のビルの3階。偶数月第2火曜の「MR.OLDIES」から聴こえてくるのは思わず体が動いてしまうポップスの数々。演奏するのは結成8年のギグリーマンだ。

ギグリーマン

2022年10月11日に「MR.OLDIES」で行われた定期ライブ。ライブは2ステージで、この日もロックからポップスまで14曲を熱演。

2013年7月に会社の同僚だったヒロさんをタツさんが誘い、新橋の音楽居酒屋「さんろすLIVE」でセッションしたことが始まり。2人ではつまらないからと、当時のドラムのハマさんと現在も一緒に活動しているベースのブンさんを誘い、4人構成に。2014年に「さんろすLIVE」で行われた東日本大震災の復興ライブに出演することとなり、タツさんが“ギグするサラリーマン”で「ギグリーマン」と命名。当時は全員がサラリーマンで、会社帰りにワイシャツ+ネクタイで演奏をしていた。

バンドでさまざまなイベントに参加しつつ、ヒロさんは個人的に憧れのあったライブバー「MR.OLDIES」のオーディションを受けた。無事合格したが、10人の客を連れて来るという条件を一人でクリアするのは難しく、バンドで出ようとメンバーに声をかけた。以来、この店をホームに演奏を続けている。

ライブは毎回大盛況だ。ロック、ポップスを中心にオールディーズ、歌謡曲とジャンルは幅広く、年代問わず楽しめる。「せっかくライブに来てくれたのに、知ってる曲がなかったとはしたくないんです」とヒロさん。演奏中はお客さんも一緒に歌を口ずさみ、スイングする。

「基本的に僕がよく聴いていた曲を演奏します。季節感や話題性などを考えながら、さまざまなジャンルの曲を織り交ぜています」

集まっての練習は、ライブの前に2回程度だ。メンバー全員、担当する楽器の演奏歴は学生の頃から。「楽器スキルのあるメンバーだから、楽譜を渡しておけば、集まったときにはパッとすぐにセッションができちゃうので、自由度が高いんです」とタツさん。練習に時間をかければさらにクオリティは上がるが、レパートリーもジャンルも広く、限られた時間のなかでどこまで持っていけるかは毎回のチャレンジだという。

左からドラムのシノケンさん、ベースのミックさん、ギターのタツさん、ボーカル&ピアノのヒロさん。

「たくさん練習すれば間違いも減るけど、逆に緊張感がなくなるというデメリットもある。次にどうなるのか、ドキドキしながら演奏するのがいいんですよ」とミックさん。メンバーの個性もひとつのアレンジとなり、それらが混ざり合ったものがギグリーマンの音楽となる。

音楽を奏でる楽しさをコロナ禍で痛感

「コロナ禍までは定期的にライブができていて、活動は順調でした。コロナの流行に加えて、お店が閉店してしまったのがきつかった。もうダメだなと思いましたね」とヒロさん。

2020年2月のライブを最後に活動休止。喪失感を抱えながらも演奏できる機会はないかとリサーチし、バンド結成の地・新橋に戻ったり、横浜に繰り出したり、自由が丘や新宿でも演奏した。そうしている間に「MR.OLDIES」が場所を変えて再開することが決定。ギグリーマンにも声がかかった。

2020年後半に行ったライブの様子。この時は、女性ドラマーのミノリさんとベースのブンさんが演奏。(写真提供:ギグリーマン)

「コロナ禍を経て、やっぱり音楽の楽しさを痛感しました。それまでは当たり前のように演奏していたけど、演奏すること自体を禁じられているようでとてもつらく、閉塞感のようなものがあって、普通に演奏できることがなんてすばらしいんだろうって。本当にうれしいです」

取材日のライブに応援に来ていた元ドラムメンバーのミノリさん(右から2番目)と「MR.OLDIES」のオーナー・傳田啓登さん(右端)と。

1980年代の楽曲を中心に、これまでに200曲以上を演奏してきた。今後はこれまで積極的ではなかったオリジナル曲にも挑戦していく予定だ。タツさんのコードにヒロさんが歌詞をのせる。どんな楽曲が発表されるのかが楽しみだ。

お客さんが飲んで食べて過ごす時間に、自分たちの音楽でさらに味付けができれば。みんなが楽しめる曲を披露するために、ギグリーマンは今夜も“ギグ”する。

ギグリーマンのQ&A

Q.コロナ禍でチャレンジしたことは?
YouTubeに動画をアップするようにしました。生配信にもチャレンジしたのですが、初めての生配信ライブはトラブルで配信できず……(笑)。今後はオリジナル曲を発表する場にするなど、ライブとは違った視点で活用して、生配信にも再チャレンジしたいなと思います。

Q.ファッションのこだわりは?
ギグリーマン最初のライブからこの4色サテンシャツです。ヒロは真ん中だから赤。戦隊シリーズですね(笑)。これを着るとモチベーションが上がりますし、チーム感を出すのにも、このシャツが一役買ってます!

バンド紹介

●バンド名:ギグリーマン
●結成時期:2014年3月
●活動内容:東京・銀座3丁目の「MR.OLDIES」で偶数月第2火曜に定期ライブを開催
●練習頻度:ライブ直前に2回程度、メンバーで集まって練習を行う
●平均年齢:58歳
●メンバー:タツ/礒 弘達(ギター)、ヒロ/井上博行、(ボーカル、ピアノ)、ミック/戸田道男(ベース)、ブン/吉野文隆(ベース)、シノケン/篠原健二(ドラム)
オフィシャルサイト

仕事を持ちながら音楽を楽しむ「われら音遊人」大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」にご登場いただける、仕事をしながら活動を続けているアマチュアバンドや楽団を募集しています。ジャンルは問いません。ぜひ、取材にご協力ください。
詳細はこちら

photo/ 田中真光
取材協力/MR.OLDIES 東京都中央区銀座3-14-16 第二ミズホビル3F 03-6264-1433

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

19447views

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.2

8661views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

11131views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17168views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12917views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

8129views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

7836views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8757views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21512views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1723views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4526views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9404views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12917views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12377views

ホーカン・ハーデンベルガー

音楽ライターの眼

「地上で最高のトランペット奏者」と評されるその演奏に恍惚とする/ホーカン・ハーデンベルガー トランペット・リサイタル

11530views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7982views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5418views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4679views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

6995views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7463views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4054views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10288views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28560views