Web音遊人(みゅーじん)

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

50代最後となる2017年の春も、ニューシングルのリリースやライブなど精力的な活動を展開するChageさん。デビューから38年、走り続けるChageさんに思い出の曲や自身の変化、音楽への思いをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

ザ・ビートルズ のアルバム『アビイ・ロード』のB面ですね。『Here Comes the Sun』から始まり『The End』で終わる一連のメドレーになっているのですが、未完成の短い曲をつないでひとつの流れをつくるという編集が見事。中学生で初めてこのアルバムを手にして以来、繰り返しかけていましたね。今でも聴いています。
ビートルズとの出会いは小学4年生のとき。当時高校生だった叔父の家に遊びに行くと、初期のビートルズが必ずかかっていたんです。夏休みには、『ゴジラ』でも観るのかと思いきや、映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』に連れて行かれたこともありました。「この4人が世界を変える」という叔父の言葉は、今でも覚えています。といっても、僕は音楽漬けの日々を送っていたわけはなくて、野球が好きなごく平均的な小学生でしたから、そんなこと言われても……という感じでしたけれど(笑)。
ただ、時代が動く瞬間を叔父がリアルタイムで見て伝えてくれたことは、僕にとっては大きかった。叔父は九州から夜行列車に乗って日本武道館のビートルズ日本公演に行っていて、僕がデビューしたときにそのチケットの半券をくれたんです。それから何年後かに自分が武道館に立ったときには、やはり感慨を覚えましたね。ビートルズのマインドやエッセンスは、今も自分の体の中に入っていると思います。
ビートルズに限らず、僕はついUK(イギリス)の音楽を聴いてしまうんです。スコーンと抜けたアメリカのロックとは違い、UK の音楽はいわば曇り空。どんなに明るい曲でもどこか濡れている。自分の楽曲でもそんな切なさを出したいですね。

Q2.Chageさんにとって「音」や「音楽」とは?

辛いとき、楽しいとき、人は歌を口ずさみますよね。喜怒哀楽、感情の変化のすべてが歌につながっていると思うんです。「音楽」は特別なものではなく、生活の一部ではないでしょうか。
昔の僕は、感動を与えようとか、心を鷲掴みにしようといった思いが強かった。それはそれで必要なことだったし、そうやって成長してきました。でも、50代も終わろうとしている今、自分の中で変化が起きているのは事実で、リスナーの日常の中に寄り添いたいという気持ちが大きくなってきたんです。大上段に構えるのではなく、味噌汁やコーヒーを飲むように、Chageの音楽があったらいいな、と。哀しいときに聴くのか、楽しいときに聴くのかはリスナーの自由。ただ、音楽によってリスナーが少しでもポジティブな気持ちになれたり、その背中を押してあげたりすることにつながればいいなと思っています。
今は、そうした力の抜き加減を追求しているといってもいいかもしれません。ポールの日本公演を観ても非常にいい具合に肩の力が抜けていて、70歳という年の重ね方が音になっている。あんなふうになれたらいいですね。

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

音楽はものすごく懐が深いですよね。ですから音で遊んでいるつもりが、遊ばれているんじゃないかなと思います。
僕は青春の思い出をつくろうと「ポプコン」に出場して、アマチュアからプロと呼ばれるようになって、それなりに頑張ってきました。でも最近、そろそろ音と対峙し、遊べるところまで行きたいと感じるようになりましたね。川、海、山、木……自然界のあらゆるところに音がある。それらを音楽と結び付け、つなげられるようになれば音と遊べるんじゃないかという気がします。
実は、3年ほど前から「水のように歌いたい」と思い始めました。これまでの僕は、濃い芋焼酎(笑)。でも、どんなに高級なお酒より、すばらしい職人がつくった銘酒より、森から出てきた水が一番おいしいんじゃないかと思うんです。
僕はどちらかというとクセがある歌い方をするので、一度それを取り払ってみたいですね。そして今、シンプルな音をつくることに歓びを感じています。頭ではなく、心から湧き出てくるものを素直に歌いたいという気持ちが強いんです。
今後はChageを通した音楽観を押しつけがましくなく、水のようにすっと入り込めるものにしていきたいですね。音楽には終わりはありません。これからも終わりのない遊びをずっとやっていくんでしょうね。

Chage〔チャゲ〕
「ポピュラーソングコンテスト」、通称「ポプコン」の第16、17回大会で「チャゲ&飛鳥」で入賞。1979年『ひとり咲き』でデビュー。その後、数多くのヒット曲を生み出し、日本を代表するアーティストに。現在はソロを中心に活動し、JFN系17局ネット『Chageの音道』でパーソナリティを務めるなど幅広い活躍を見せる。
Chageオフィシャルサイトhttps://chage.jp/

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

3144views

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

音楽ライターの眼

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

4181views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

3860views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

4992views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

3083views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

6347views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3458views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

1576views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7341views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

4169views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2622views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13556views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6595views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11118views

音楽ライターの眼

若き精鋭ふたりに、耳も目もぐいぐい引き込まれる/三浦文彰&ヨナタン・ローゼマン デュオ・リサイタル

1235views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

972views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3063views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

3399views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

10542views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

2664views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

3398views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4358views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4328views