Web音遊人(みゅーじん)

山口正介 Web音遊人

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

サクソフォンの演奏は意外に簡単だということは前にも書いただろうか。運指は小学校のころ習った縦笛とほぼ同じだ。ただし、マウスピースというリコーダーにはないものがついている。

これが、なかなか思い通りにはいかないという意味で手ごわい。
そもそもマウスピースといっても、マウスピース本体と葦の茎を乾燥させて薄くスライスしたリードと、その2つを固定するリガチャーと呼ばれる留め具の3点からなっている。

この3点、それぞれに色々な種類があるから、やっかいだ。まずマウスピース本体には、先端に息を吹き込む隙間(これをティップオープニングという)があり、同じメーカーのマウスピースでも、その隙間の開き方にいくつかの種類がある。僕が使用しているマウスピースのカタログの解説によると、開き加減により5種類が用意され、狭いと安定し、音がクリアになると書かれている。広いと抵抗は増すが、音量が豊かになるという。

また、フェイシングという、マウスピース本体の先端からとリードが接着するまでの部分で、それが長いとレガートがかかりやすい太い音になり、短いと音切れがいい明快なサウンドが得られるとなっている。

以上はカタログからの受け売りだ。なるほど、それでは、と思っても、そもそもまだまだ初級者であり、抵抗とは何だろう、音切れとはなんだ、などと考えてしまう。
ちなみにレッスンを始めてかれこれ10年にはなるのだが、いまだに何をもって抵抗といい、音切れというか、わかっていない。もしかしたら上級者にならないとわからないことなのかもしれない。
いずれにしても、まだまだ、いくらでも知りたいことが出てくるのだ。そこが面白い。ともかく、順列組み合わせで考えても天文学的な数があると言っていいだろう。

僕は、マウスピースとしては購入時の付属品を使っているのだが、大変、性能がいいようだ。型番は4CM。
市販の参考書などでは1箱10枚セットで売られているリードのうち、使えるのは3枚程度、と書かれている。これは自分が音を出しやすいリードが3割程度、という意味らしい。

だが、このマウスピースではいつも10枚中8枚くらいが問題なく使用できている。これはすごいことだと思う。

山口正介 Web音遊人近々、仕事でニュージーランドへ行くことになりました。クジラの取材で、船に乗って海の王者を見にいくのだとか。あちらは冬らしいので、海の上はけっこうな寒さだろうなと思っても、いったい何を着ていけばよいのだろう。
そんなわが身の心配をしていたら、取材スタッフからやっかいな提案がありました。あるCMで、有名な演奏家がサクソフォンを吹き、歌うクジラとセッションしている映像を見つけだし、せっかくだから山口さんもチャレンジしてください、などと言う。冗談かと思っていたら、どうも本気らしい。冬の海に向かって演奏するなんて、そんなことはできないと断ったのですが、諦めてくれません。もうすぐ出発だというのに、さて、どうなることやら。

■山口正介〔やまぐち・しょうすけ〕

作家。映画評論家。1950年生まれ。桐朋学園芸術科演劇コース卒業。劇団の舞台演出を経て、小説、エッセイなどの文筆の分野へ。主な著書に『正太郎の粋 瞳の洒脱』『ぼくの父はこうして死んだ』『江分利満家の崩壊』など。2006年からヤマハ大人の音楽レッスンに通いはじめ、アルトサクソフォンのレッスンに励んでいる。

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

3829views

ルッカの生家前にあるプッチーニの像

音楽ライターの眼

フィギュア・スケートの選手たちに愛されるプッチーニの『トゥーランドット』 vol.1

10457views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8010views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

13717views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

5184views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

13120views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6663views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4543views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

13613views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

4604views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4779views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5145views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

6512views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16484views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

3808views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

2102views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

1525views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

9035views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2066views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3096views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

92976views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3343views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17921views