Web音遊人(みゅーじん)

親愛なるレニー

人生を変えてしまうほどの、大きな「愛」の物語/書籍『親愛なるレニー レナード・バーンスタインと戦後日本の物語』

20世紀を代表する偉大な音楽家、レナード・バーンスタイン。指揮者、作曲家、そして教育者としても、世界中の人々を虜にしてきた。本書は、ふたりの日本人から彼に送られた書簡の数々を通じて戦後の日米史、そしてバーンスタインその人の存在の大きさに迫るユニークな本である。

著者の研究内容を大きく変えた手紙の存在

アメリカ文化史、そしてアメリカ=アジア関係史を研究する著者の吉原真里は、ワシントンのアメリカ議会図書館で、レナード・バーンスタイン・コレクションにあたっていた。目的は、冷戦期における日米の文化政策を比較・分析するためだった。しかし、膨大な資料の中でも多くを占める個人的な書簡を興味本位で見ているうちに、ある日本人ふたりからの手紙に興味を惹かれ、そこから彼女の研究は思わぬ方向へと広がっていく。

1947年、18歳のときに若きバーンスタインが書いたエッセイに感銘を受け、最初の手紙を送って以来、40年以上にわたり交流を続けた「カズコ」、そしてマエストロと激しい恋に落ち、その後は彼のエージェントの日本代表としてビジネスにも尽力した「クニ」。本書は、ふたりがバーンスタインに送った手紙を時系列に沿って読み解きながら、アメリカと日本をめぐる情勢や文化政策、両国の音楽マーケットの推移、そして、その中でバーンスタインという音楽家がどのように音楽活動を推進していったのかを浮き彫りにしていく。

それが単なる年表的な記録の羅列にならず、血の通う物語として描かれているのは、手紙の存在があるからだ。子ども時代をパリで過ごし、コンセルバヴァトワールでピアノを学んだカズコの音楽への造詣の深さ。演劇を学び仕事もそつなくこなすクニのこまやかな感性。そして手紙を送り続けるふたりの情熱と行動力。加えて、手紙の数々と歴史を精緻につなぎ、ストーリーをドラマチックに展開させていく著者の構成力も本書を魅力あるものにしている大きな要素である。

手紙が雄弁に語るバーンスタインの「愛」

さて、何はともあれ、読んだ者を圧倒するのは、バーンスタインその人の「愛」である。「すべて、愛が根底にあります。人を愛することと、音楽を愛すること。それは私にとって同じことなのです」とは、本書で紹介されている彼の言葉だが、カズコとクニの手紙はそれを証明するかのように、雄弁に愛を語る。不思議なのは、本書ではバーンスタイン本人の言葉は多く語られないにもかかわらず、読んだ後はまるで彼の愛に包まれているような感覚に襲われることだ。

彼がアメリカで大スターになる前から熱心に応援し続けた「ファン」としてのカズコ、「恋人」として恋焦がれながらも、その力を自らの強さに変えてマエストロの夢の実現に献身する「ビジネスパートナー」となったクニ。それぞれが綴る想いが、バーンスタインの愛の大きさをあぶりだしているのである。

バーンスタイン晩年の一大プロジェクトであるPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌)開催までの道のりは、本書にとっても大きなハイライトで、1990年の夏、PMFで「人生を変える」ほどの経験をした参加者たちのコメントも収められていて、彼の愛情の大きさを物語っている。

この世を去ってからすでに30年以上たっても、彼が残した多くの音源や、『ウェスト・サイド・ストーリー』をはじめとする舞台作品は、いまだ多くの人の心を動かし続けている。その秘密が、本書にもぎっしりと詰めこまれているといっても過言ではない。これは、日米の戦後史、音楽史の本であると同時に、大きな「愛」の物語なのだ。

■インフォメーション

『親愛なるレニー レナード・バーンスタインと戦後日本の物語』
著者:吉原真里
発売元:アルテスパブリッシング
発売日:2022年10月28日
価格:2,750円(税込)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:馬場智章さん

今月の音遊人

今月の音遊人:馬場智章さん 「どういう状況でも常に『音遊人』でありたいと思っています」

2619views

音楽ライターの眼

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

3772views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32436views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10148views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6974views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6714views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7170views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6437views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18833views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1313views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8280views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9580views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6974views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9777views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

10235views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

16139views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4812views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

11566views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21895views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5451views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

114246views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6633views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24695views