Web音遊人(みゅーじん)

ドリーム・シアターと過ごす、“スキップ出来ない”豊潤なひととき

2022年、“イマドキの若者は音楽を聴くとき、ギター・ソロをスキップする”という話題がネットで持ち上がった。ストリーミングやTikTokで音楽を聴くスタイルだとイントロから単刀直入で“本題”に入らねばならない、ヒップホップやEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)だとそもそもギター・ソロがない……という背景を踏まえた論議だったようだが、若いリスナーの反応はおおむね「ギター・ソロも聴く」というもので、年季の入ったファンをホッとさせることになった。

とはいっても、昔のポップ/ロック・リスナーの誰もがギター・ソロをじっくり聴き込んでいたわけではない。かつてはシングル用のエディット(編集)ヴァージョンが作られ、ギター・ソロがカットあるいは短縮されてしまうこともあった。ラジオやジュークボックスでより多くの曲をかけることが出来るように短くしたものだが1980年代前半、オジー・オズボーンの『クレイジー・トレイン』やシン・リジィの『サンダー・アンド・ライトニング』などギター・ソロが“華”といえる曲ですらカットされたりしたものだった。

そんな風潮に逆行しながら、世界的な人気を誇っているのがドリーム・シアターだ。アメリカのマサチューセッツ州で結成されたこのバンドは1989年にアルバム・デビュー。第2作『イメージズ・アンド・ワーズ』(1992)でブレイクを果たす。ヘヴィでプログレッシヴなサウンドに乗せてジョン・ペトルーシの7弦ギターとジョン・マイアングの6弦ベースが超絶テクニックのせめぎ合いを繰り広げ、ジェイムズ・ラブリエがハイトーン・ヴォーカルで圧倒するのが彼らの音楽性だ。何度かメンバー交替があったものの、現在のドラマーのマイク・マンジーニ、キーボード奏者のジョーダン・ルーデス共に超一流プレイヤーとしてバンドに貢献している。

その楽曲はしばしば長尺であり、最新アルバム『ア・ヴュー・フロム・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド』(2021)は最も短い『トランセンディング・タイム』が6分24秒、ラストを飾る『ア・ヴュー・フロム・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド』は20分23秒という大曲だ。これまで15作のスタジオ・アルバムを発表している彼らだが、ほとんどが1時間を超えるもので、『ジ・アストニッシング』(2016)は2時間10分を超える巨編。もちろんソロもふんだんにフィーチュアされている。TikTok世代なら失神してしまいそうな、しかも目が覚めてもまだアルバムが終わっていない長さの作風である。

(余談ながらスレイヤーの名盤アルバム『レイン・イン・ブラッド』(1986)は28分55秒だ。)

それにも拘わらず、ドリーム・シアターは現在、最も人気のあるハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンドのひとつだ。彼らのアルバムはコンスタントに世界各国のヒット・チャート上位にランクイン、ライヴも大会場に熱狂的なファンが集結する。日本においても近年の東京公演は日本武道館で行われており、2022年8月14日(日)千葉・幕張メッセで開催される“DOWNLOAD JAPAN 2022”フェスティバルでは堂々ヘッドライナーとして出演することが発表されている。

『ロスト・ノット・フォゴトゥン・アーカイヴズ』と題されたオフィシャル・ブートレグ・シリーズも彼らの人気のバロメーターとなっている。貴重なデモやライヴ音源をCD化するこの企画シリーズは当初自主レーベルからマニア向けに発売されていたが、より幅の広いファン層からの要望があり、最新マスタリングと新アートワークでメジャー流通されることになった。ほぼ“月刊”で復刻タイトルや新発掘音源がリリースされており、日本武道館公演を収めた『イメージズ・アンド・ワーズ~ライヴ・イン・ジャパン 2017』を筆頭にかなりの好セールスを記録しているという。

『イメージズ・アンド・ワーズ~ライヴ・イン・ジャパン 2017』

最新作から『ジ・エイリアン』がグラミー賞“ベスト・メタル・パフォーマンス”を獲得するなど、彼らは一部のマニアに留まることなく、数多くの音楽リスナーから支持されている。

そんなドリーム・シアターの人気は、最高の音楽と最高の演奏に起因するものだ。どの作品もそのコンポーザー/ソングライターとしての魅力に溢れているが、それが卓越したミュージシャン達によるスリリングなプレイによって彩られることで、聴く者を魅了するのだ。体感時間は一瞬であっても、記憶に残るディテールを何度でも反芻出来る。

コンサートや音楽イベントが再開されつつある2022年、年末には再び日本の各地でベートーヴェンの交響曲第9番が上演されることが予想される。最初の50分を楽しみながら『歓喜の歌』でクライマックスの感動を迎える、ドリーム・シアターの音楽の楽しみ方は、それに近いかも知れない。

音楽ファンは音楽と共に時間を過ごすことに喜びをおぼえるものだ。楽曲はフック(=ツボ)のみで成り立っているのではなく、全体像の中でフックが際立つ。優れたロック・ソングも超絶テクニカル・プレイも惜しげもなく提供してくれるドリーム・シアターと過ごす時間は、なんと豊潤なひとときであることか。彼らの音楽には、スキップ出来る瞬間などない。

■インフォメーション

アルバム『ア・ヴュー・フロム・ザ・トップ・オブ・ザ・ワールド』

発売元:ソニーミュージック
発売日:2021年10月22日
価格(税込):2,750円
詳細はこちら

DOWNLOAD JAPAN 2022
日時:2022年8月14日(日)10:30(開場9:30)
会場:千葉・幕張メッセ
※イベント内容が変更になる場合もあります。詳しくはオフィシャルサイトにてご確認ください。
オフィシャルサイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

原田慶太楼

今月の音遊人

今月の音遊人:原田慶太楼さん「音楽によるコミュニケーションには、言葉では決して伝わらない『魔法』があるんです」

1602views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

6169views

REVSTAR

楽器探訪 Anothertake

いまの時代に鳴るギターを目指し、音もデザインも進化したエレキギターREVSTAR

5770views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

280119views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11228views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

6748views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

13075views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9022views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21969views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6655views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5213views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29257views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11404views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30008views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.10

4432views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1838views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4270views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6502views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4439views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4670views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

40547views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5896views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9719views