Web音遊人(みゅーじん)

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

東広島市の中心地である西条(さいじょう)のメインストリートに建つ「東広島芸術文化ホール くらら」(以下くらら)。2016年4月1日に開館したばかりだが、友の会「くららフレンズ」には既に4,000名以上が登録し、多くの公演のチケットが完売となるなど、地域住民の期待の高さを感じさせる。

西条は、酒づくりの町として全国的に知られるところ。自然光が差し込むホワイエ(こもれび広場)には、壁面に酒蔵の煙突を連想させる赤レンガがあしらわれ、酒づくりに欠かせない米(米粒)の形を模したスツールが置かれるなど、館内の各所で東広島の特産やそのモチーフを見ることができる。なお「くらら」という愛称も、酒蔵の町のイメージから来ているそうだ。

くららの顏となるのは、4層の客席に、サイドバルコニー席を各階に備えたムードあふれる大ホール。こけら落とし公演には、バイオリニストの千住真理子をソリストに迎えた、小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団、ピアノ開きコンサートにはピアニストの仲道郁代が登場し、いずれも満員の観客を集め大きな盛り上がりをみせた。

大ホールの自慢は、舞台と客席とが一体感を得られる音響空間。舞台からの直接音は明瞭でありながら、壁面の反射音や、高い天井を生かした残響で、柔らかくふくよかな響きを実現している。加えて、舞台形式には4つのパターンがあり、公演内容に応じたフレキシブルな音響づくりができるのも特長のひとつだ。

東広島芸術文化ホール くらら  - Web音遊人

「響きすぎず、デッドでもなく、オーケストラの各楽器の音がバランスよく響くホールだと感じました。バイオリン・ソロは会場の後ろまでなめらかに通り、小さな音から大きな音まで表現が映えますね」とは、こけら落としに出演した千住真理子。なお公演が終わるとすぐ、親交のある仲道郁代に「すごく音響がいいよ」とメールで知らせたとか。

千住のメッセージを受け、期待を胸にピアノ開きコンサートに臨んだという仲道郁代。
「指揮者の小林研一郎さんも『日本で5本の指に入る音響』とおっしゃっており、リサイタルの日を楽しみにしていました。実際演奏してみると、響きの豊かさと、音の抜け感が両立しており、繊細なピアニシモも隅々までよく通るホールという印象を持ちました」

実は、くららの音響設計にはヤマハの空間音響グループが携わっている。ヤマハホールなど数々の音楽ホールを手がけてきた専門チームだ。設計者である香山壽夫建築研究所のメンバーと協議を繰り返しながら、理想的な音響空間を創り上げたのだ。

今後もクラシックコンサートをはじめ、ジャズ、ポピュラーソング、パフォーマンス、歌舞伎など、バラエティー豊かな公演が目白押しのくらら。また国内外の著名なアーティストを招へいするだけでなく、アマチュア演奏家や市民グループにも広く門戸を開き、さらに県内在住・在学の子ども達で構成する「東広島市くららジュニアオーケストラ」をレジデント・オーケストラとして育成し、くららのシンボルとして発信していくという。

地域に根ざした文化・芸術の発信地として、市民はもちろん、市外、県外の音楽ファンも巻き込みながら、くららがどのように成長を遂げていくか楽しみだ。

東広島芸術文化ホール くらら  - Web音遊人
1階の客席の壁面にはレンガ、2階以上の壁面には天然木を用いた反射板が、それぞれ音響に最適な角度で設置されている。

東広島芸術文化ホール くらら  - Web音遊人
(写真左)背中にフィットしやすいよう、職人がひとつひとつ背面のカーブを手作りした客席の椅子。張り地は、炊いた米から立ち昇る湯気をイメージした伝統的折模様のモチーフを現代的にアレンジしたもの。
(写真右)音楽鑑賞はもちろん、こもれび広場に隣接する市民ギャラリーをふらりと覗いたり、2階のレストラン・カフェでくつろいだりと、気軽に立ち寄れるオープンな雰囲気がくららの魅力だ。

■東広島芸術文化ホール くらら 大ホール

所在地:広島県東広島市西条栄町7-19
TEL:082-426-5900
ホール形式:プロセニアム形式
席数:1,206席(車いすスペース6席を含む)
オフィシャルサイトはこちら

■2016ひがしひろしま音楽祭

2016年に10回目を迎える、「2016ひがしひろしま音楽祭」。6月26日(日)まで東広島市の各地で開催している。
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

5953views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

1932views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

8470views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

25420views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9522views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6498views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4436views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4312views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6191views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2481views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

3892views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5642views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

5383views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14389views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

4147views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

10174views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4018views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4229views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7887views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4821views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

36138views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3746views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19536views