Web音遊人(みゅーじん)

5 Gravities

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

2019年末からのコロナ禍は、アマチュアバンドの活動にも多大な影響を及ぼしています。
活動休止を余儀なくされるバンドも少なくないなか、感染防止対策を徹底しながら、「今できること」に精いっぱい取り組んでいるバンドの様子をご紹介します。

結成直後にコロナがまん延。オンラインで始まった活動

5人のメンバーで結成されたバンド「5 Gravities」、略して「5Gs」。そのまま訳せば、5つの引力となるだろう。彼らの演奏を聴けば、そのネーミングに大いに納得する。5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性を織りなしているからだ。

仕事に打ち込みつつも人生の大半を音楽と過ごしてきたメンバーたちは、それぞれに技術を磨いてきた凄腕ぞろい。「平均年齢は50代半ば。5Gsは5爺sでもあるんです」とギター担当の今出さんは笑う。

ジャンルにこだわらないのがこだわりだというが、あえていうならファンクやブラジル音楽のテイストを盛り込んだフュージョンということになるだろう。インストゥルメンタルが中心だが、ゲストボーカルを迎えることも。オリジナル曲の充実ぶりは、フュージョン系アマチュアバンドでは類を見ないほどだ。

5 Gravities

左から順に、原英敬さん(キーボード)、新屋敷昇さん(ベース)、森友嘉徳さん(ドラム)、廣郡拓さん(サクソフォン/フルート)、今出達也さん(ギター)

結成は、2020年春だった。メンバーのいずれかが誰かと知り合いという結びつきで、新たなバンドを立ち上げることに。ところが、その直後にコロナ禍に。「メッセンジャーでのやりとりで結成が決まったので、一度も集まれないままオンラインで音を重ねる形の活動が続いてきました」。キーボード担当の原さんがそう振り返る。

リモート・セッションでは遅延が発生するため、それぞれが自宅で録った音源を集めて編集。さらに音源と動画をミックスする作業を行ってきた。「サックスだけは自宅で演奏できず、メンバーをお待たせしてしまうこともありました。最近ようやくヤマハのデジタルサックスを手に入れたところです」とサクソフォン/フルート担当の廣郡さん。

リモート編集を重ねるうち、その可能性は広がっていった。編集を担ったベースの新屋敷さんは「各パートの波形を出してタイミングを調整したりなど、いろいろなことができるんですよね。3年間それをやっていたら、腕が上がりました」と笑顔を見せる。今出さんも「バランスやエフェクトなどミックスダウンで音質づくりができるので、おもしろくなりました」と語る。

制作した動画はユーチューブなどSNSに投稿したほか、毎年10万人以上が来場する「すみだストリートジャズフェスティバル」の応募時にも使われた。2020年と2021年は見事審査を通過して2年連続でオンライン祭りに参加。そして、2022年10月、3年ぶりに開催されたフェスティバルでついに人前でのライブデビューを果たすことになった。本番を控えて8月下旬にスタジオで行われた練習が、何と5人そろっての初顔合わせだった。

2022年に行われた「すみだストリートジャズフェスティバル」に出演。錦糸町駅前で演奏を披露した。

フェスティバル当日、「5Gs」に引き寄せられて集まったオーディエンスはおよそ200人!思わず踊り出す人も少なくなかったとか。11月には東京・中野のライブハウスでRCサクセションのコピーバンド等と共演。こちらも大盛況だった。

目標は祭りのゲスト?いや、海外フェス!

実はメンバー全員が、複数のバンドやオーケストラを掛け持ちしている。そんな中、「5Gs」はどんな存在なのだろう。
「みんながグルーヴ感を大切にしているのが、このバンドのよさ。そして、自由度が高いですね。ソロパートは、やりたいようにやっています」(ドラム担当の森友さん)。「煽られたり、煽ったり。そういう自由さはほかではあまりなく、楽しいです」(廣郡さん)。グルーヴと自由な魂がぶつかり合うインタープレイが「5Gs」の魅力の核といえそうだ。

今後の目標は、全国の地域の祭りや町おこしフェスティバルに呼んでもらうことだそう。「ギャラはおいしいごはんで」と原さん。「あとは海外フェスに出るとか」と今出さんが口にすると、メンバーから「おぉ~!」と歓声が上がった。

オンラインで生まれた「5Gs」。リアルな世界に活動を広げ、ますます引力を高めていくに違いない。

5 GravitiesのQ&A

Q.リアルな活動で気を付けていることは?
予定しているステージに出られなくなるということがないよう、常に体に気を遣っています。プロはバーターで入ってくれるサポートメンバーを備えていますが、私たちはそこまでできないので、ともかく一人ひとりが気を付けること。また、練習はなるべく広いスタジオを使うようにしています。空いていれば、スタジオベイド自由が丘店を利用していますね。普段の練習中は吹奏楽器やボーカルを除き、マスクを着用しています。

Q.配信、応募動画はどのような手順で作成したのですか?
最初にガイドトラックを作成し、そこにピアノ、次にドラムといった具合に徐々に積み上げていく感じです。メンバーそれぞれがCUBASEなどのDAW(Digital Audio Workstation)を使っていました。

バンド紹介

●バンド名:5 Gravities
●結成時期:2020年3月
●活動内容:2020年、2021年「すみだストリートジャズフェスティバル」(オンライン)参加。YouTubeなどに演奏動画を投稿。2022年夏からリアルな活動を開始し、同フェスティバルでリアルライブデビュー。11月には2度目のライブを開催。
●練習頻度:結成後にコロナがまん延したため、それぞれが自宅で練習。スタジオでの練習はこれまで6回。
●平均年齢:56歳
●メンバー:今出達也(ギター)、原英敬(キーボード)、廣郡拓(サクソフォン/フルート)、新屋敷昇(ベース)、森友嘉徳(ドラム)
YouTubeチャンネル

仕事を持ちながら音楽を楽しむ「われら音遊人」大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」にご登場いただける、仕事をしながら活動を続けているアマチュアバンドや楽団を募集しています。ジャンルは問いません。ぜひ、取材にご協力ください。
詳細はこちら

photo/ 宮地たか子
取材協力/スタジオベイド自由が丘店 東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1F

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

原田慶太楼

今月の音遊人

今月の音遊人:原田慶太楼さん「音楽によるコミュニケーションには、言葉では決して伝わらない『魔法』があるんです」

1122views

音楽ライターの眼

連載27[ジャズ事始め]アメリカへ渡った渡辺貞夫をトリコにした甘口&ポピュラー路線のジャズ

2437views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4699views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

2892views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10168views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

15717views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22261views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6527views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18511views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7536views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4512views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9374views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7292views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8056views

音楽ライターの眼

タイガース・オブ・パンタン、1980年代中期の幻のアルバム2タイトルが新装再発

1588views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7972views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4647views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4666views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13608views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5634views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

14918views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6328views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9374views