Web音遊人(みゅーじん)

山口正介

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

楽器に目覚めたのは比較的、年がいってからだった。入った大学(短期大学だが)が音楽教育を重視していた。そんなことで、同級生にはすでに入学前からバンド活動をしていたり、ピアノや声楽のレッスンを受けていたりするひとも多かった。そして20歳前後から同級生や友人、知人がやっていたロックバンドに関わるようになる。つまりエレキギターを中心としたロックンロールやハードロックのコピーバンドなどなど。

ご多分に洩れず、それぞれのバンド活動は長続きせず、ビートルズではないが、惜しまれつつ解散、ということの繰り返しだった。それがつい最近まで続いただろうか。関わったバンドは片手ではきかず、改めて数えると、驚くべき数ではないか。

それはともかくとして、その間に気がついたことがある。バンドのメンバーは自分よりも上手いひととやりたがる、というしごく当然な結論だ。一緒にやっていると、ひしひしとそれを感じる。つまり、僕はどんなバンドでも、一番下手くそだった。それが解散の理由になったわけではないが、いつも申し訳ないという思いを持っていた。
ヤマハのレッスンに通うようになって、もっとも気が楽だったのは、誰しもが、技量についてふれないことだった。当然のことながら、各個人には、そのひとごとのレベルがある。学習の習熟度合いが違うということだ。

子供のころから音楽に親しんできた方、中高時代に吹奏楽部にいた方、などさまざまだが、僕のように50歳をすぎてからアルトサクソフォンを始めた人間にも、そのレベルにそった課題が与えられる。
バンドをやっているときは、「もっと真剣にやってくれよ」とか「やる気がないなら辞めれば」などという言葉をしょっちゅう聞いた。それは、人前で演奏することを目的にしているのだから、一生懸命になる気持ちはわかる。ライブなどにはお客さんもくる。そのひとたちの手前、恥ずかしいものは聴かせられないし、演奏を楽しんでもらいたい。だから完成度は高いにこしたことはない。そのためには特訓もやる。きつい言葉も出る。

しかし、スロースターターで何をやるにも時間がかかる僕には辛いものだった。
でも、今は違う。バンドにありがちな解散や離合集散がないレッスンは、楽しいものでしかない。

山口正介
レッスン生による管楽器合同クラスコンサートが目前にせまってまいりました。2016年9月4日(日)、銀座のヤマハホールで開催です。私も昨年に続いてサクソフォンで参加します。昨年は単独演奏だったのですが、今年はレッスン仲間と2人で参加。昨年とはまた違った、デュオならではの演奏ができればと思っています。
当日の演奏曲は、はじめは『素顔のままで』だったのですが、諸般の事情により『ニューヨークの想い』に変更。これもビリー・ジョエルの傑作で、いつかサクソフォンで演奏してみたいと密かに願っていた曲ではあります。クラスコンサートが記念すべき一日となるのか、あるいは消してしまいたい一日になるのか、それは「神のみぞ知る」でしょうか。

■山口正介〔やまぐち・しょうすけ〕

作家。映画評論家。1950年生まれ。桐朋学園芸術科演劇コース卒業。劇団の舞台演出を経て、小説、エッセイなどの文筆の分野へ。主な著書に『正太郎の粋 瞳の洒脱』『ぼくの父はこうして死んだ』『江分利満家の崩壊』など。2006年からヤマハ大人の音楽レッスンに通いはじめ、アルトサクソフォンのレッスンに励んでいる。

 

特集

岩崎宏美さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

6789views

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

音楽ライターの眼

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

7699views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

10796views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

6124views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7918views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

23267views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4248views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4157views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6653views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1878views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3066views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6172views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4917views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

13980views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

4580views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

10748views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4968views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

96799views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4612views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5213views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

18402views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4157views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18234views