Web音遊人(みゅーじん)

ジュネーブ国際音楽コンクールチェロ部門優勝──世界に飛翔する上野通明の挑戦

2021年は国際コンクールのさまざまな部門において日本人の演奏家の優勝&入賞が相次ぎ、クラシック界は活況を呈している。やはり若手音楽家の活躍はたのもしい限りである。

そのなかで、10月にスイスのジュネーブで開催されたジュネーブ国際音楽コンクールのチェロ部門にて、上野通明が日本人として初めて第1位を獲得。3つの特別賞も受賞するという快挙を成し遂げた。

「ジュネーブ・コンクールに参加しようと決めたのは、セミファイナルの曲目がオリジナリティを求めるものだったからです。僕はJ.S.バッハの『ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番ニ長調BWV1028』を選んだのですが、これはバッハという天才にしか書けない歓びに満ちあふれた作品で、特に第3楽章に惹かれます。ほの暗くしっとりとしていて、シチリアーノ風の面もあり、心に響きます」

こう語る上野通明は、現在ドイツでピーター・ウィスペルウェイに、ベルギーでゲーリー・ホフマンに師事しているが、コンクール前にはふたりの先生からアドヴァイスを受け、レッスンも行ったという。

「ウィスペルウェイ先生にはもう6年就いています。とてもアーティスティックな面を重視する教えで、ユニークな考え方をする人です。2021年秋まで師事する予定でしたが、コロナ禍の影響でレッスンは2022年の夏まで続けることになっています。一方、ホフマン先生は伝統を重視し、スクール(流派)も大切にされます。自分にとって新しいインスピレーションが湧くことを期待して学んでいます」

ホフマンのレッスンはエリザベート王妃音楽大学(1939年創立)で行われ、この学校はワーテルローの森のなかに位置し、自然豊かな環境のもとで研鑽を積むことができる。

「僕は4歳のときにヨーヨー・マの演奏するバッハのビデオを見て憧れ、どうしてもチェロを弾きたいと思ったのですが、両親にはまだ早いといわれ、1年待って5歳から始めました。父は外交官で、僕が生まれたのはパラグアイですが、子どものころからスペイン語圏の国に住み、インターナショナルスクールで英語を学びました。チェロは低音の深みのある音に魅了され、小学生のときのアルバムに、すでに《チェリストになりたい》と書いています」

ジュネーブ・コンクールのファイナルでは、ヴィトルト・ルトスワフスキ(1913~1994)のチェロ協奏曲(1970)を演奏した。

「あまり演奏される機会のないコンチェルトですが、他の作品にはないような暗さがあり、胃のなかからえぐりだされるような感じを受け、アドレナリンが全開する作品です。とりわけ第3楽章に魅せられています。コンクールのときは指揮者と念入りに打ち合わせを行い、本番に備えました。この曲は、今後ずっと弾いていきたい。演奏される機会をもっと増やし、作品のよさを多くの人に知ってほしいのです」

コンクール後は演奏のオファーが殺到しているが、今後の目標は……。

「技術面では、もっと芯のある音が欲しいですね。いまは張りのある細めの音を特徴としていますが、より太くずっしりとした音が出せるようになりたいです。バロックから現代作品まで幅広くレパートリーにしたいのですが、現代の作曲家の委嘱作品を初演することにも意義を見出しています」

2022年1月20日には紀尾井ホールでリサイタルを予定し、コンクールで演奏したバッハからスタートし、ヒンデミットの「3つの小品より幻想小曲作品8-2」、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第2番と続け、後半はドビュッシーとプーランクのチェロ・ソナタというフランス・プロを披露する。

「このバッハをぜひ、聴いてほしいのです。ヒンデミットは現代作品のような趣もあり、ロマンティック。ベートーヴェンは精神性が高く、彼の性格が表れていると思います。フランス作品も自由な印象で大好きなので、のびのびと演奏できると思います」

ジュネーブ・コンクールの覇者は、今後は国際舞台での演奏を視野に入れ、新たな挑戦を続ける。その気概を演奏から受け取りたい。

 

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 木根尚登さん

今月の音遊人

今月の音遊人:木根尚登さん「やっぱりバンドがやりたい!理想は『あまちゃんスペシャルビッグバンド』」

13176views

音楽ライターの眼

連載17[多様性とジャズ]プロテスト・ソングらしからぬ音楽性を備えた『フォーバス知事の寓話』

352views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

8069views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

13723views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6577views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

15426views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

10512views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8696views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24911views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

444views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4002views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25975views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3439views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

11232views

J.S.バッハの《コーヒー讃歌》

音楽ライターの眼

ああ、コーヒーのおいしいこと。1000回の接吻よりすばらしく、マスカット酒より甘い…… J.S.バッハ《コーヒー・カンタータ》の誕生秘話

6177views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

20728views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6604views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

10117views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16710views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3653views

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぼう電子ピアノ「クラビノーバ」3シリーズ

1105views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7614views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7813views