Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

河内音頭発祥の地とされる大阪府八尾市で「八尾=河内音頭のイメージに、新しい魅力をプラスしたい」。こんな壮大(?)な意図のもと、結成されたのが「河内トロピカルジャズオーケストラ(KTJO)」だ。

バンドマスターの橋田正和さんは、学生時代はバンド、社会人になって家庭を持ってからは地元の八尾でジャズセッションと、音楽活動を続けてきた。そして2007年に地元の市民祭りにジャズバンドとして参加した際、あることに気が付いた。「河内といえば河内音頭が有名だけれど、この陽気な気質はラテンにも合うのでは……」
八尾にボサノバやジャズの場を広めたいと思っていた橋田さんは、ひとり密かに〝河内ラテン化計画〞をスタート。まず、同年夏の野外イベントに7人編成のラテンセッションバンドを組んで参加した。このとき耳にしたのが「熱帯JAZZ楽団の曲をやりたい」という声。そこでラテンビッグバンドを組もうと、インターネットコミュニティの中に「河内ラテンビッグバンド準備会」を立ち上げ、1年ほどかけてメンバーを募った。バンド名も参加者で話し合い、「河内にラテンのイメージを入れたい」と「河内トロピカルジャズオーケストラ」に決定。八尾の「八」にもかけて2008年8月8日に活動を開始した。

メンバーは20人。吹奏楽やビッグバンドの経験者が主だが、なかにはこのバンドのために、楽器を習ってから参加したという人も。「ジャズは自由にできる部分が多くて、リラックスして楽しめます。さらにラテンのリズム独特のスウィング感がおもしろく、演奏を追究する中で続いてきました」と話すトランペット担当の松尾勉さんは、ジャズのビッグバンドは初参加だ。

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

結成して8年。大所帯のバンドを長くまとめるのはさぞかし大変だろうと思われるが、運営のコツは「話し合うこと」と橋田さんは言う。「毎月の練習日、イベントのセットリスト、新しい曲など、すべてみんなで相談しながら決めてきました。そして無理のない範囲でというのが長続きの秘訣です」
メンバーは年齢も環境もさまざまだ。妊娠中に参加を決めたというトロンボーン担当の大原礼子さんは、「そろそろ音楽をやりたいと思っていたときに、この活動を知りました。練習に子どもを連れてくる人もいるし、誰でも参加しやすいんです」と、バンド活動を楽しんでいる。

ライブはジャズフェスティバルへの参加や単独ライブなど、年3回ほど。2008年から参加している東大阪市のジャズフェス「鴻池ジャズストリート」は、主催者から招待されての参加で好評を得ている。また「メンバーがそれぞれの地元でイベントやライブができる場所の情報を集めて活動を広げています」と、アルトサクソフォンとパーカッション担当の野村美智子さん。

近年は、「河内さんといえばトロピカル」と言われるなど、知名度も上がってきた。熱帯JAZZ楽団の楽曲が中心という〝ラテンな〞レパートリーはもちろんのこと、メンバーのノリの良さもウケている。加えて河内音頭のお膝元だけにお客さんもノリノリ。踊りだす人もいるほどだ。「八尾は吹奏楽も盛んで、音楽が親しまれているところ。この地を〝ラテンの拠点〞としても盛り上げていきたいですね」
橋田さんが描いた〝河内ラテン化計画〞はますます加速している。


K・T・J・O ♪マンボメドレーin鴻池JAZZ Street2015

■バンド紹介

●バンド名:河内トロピカルジャズオーケストラ
●結成日:2008年8月8日
●モットー:ラテン音楽の楽しさを、多くの人に知ってもらう。
●練習頻度:全体練習は月1回、パート練習はそれぞれで行う。
●平均年齢:40歳
●メンバー:野口武司(アルトサクソフォン) 谷口善章(アルトサクソフォン) 野村美智子 (アルトサクソフォン、パーカッション) 朝日麻衣(テナーサクソフォン) 林彰子(バリトンサクソフォン) 太田洵也(トロンボーン) 大原礼子(トロンボーン) 岡あゆみ(トロンボーン) 細川晃平(バストロンボーン)松尾勉(トランペット)風友明(トランペット) 岡田秋彦(トランペット) 堀越良一(トランペット) 駒井陽子(ピアノ) 堀田満(ベース) 高橋壽一(コンガ) 大本良明(ボンゴ) 立谷桂(パーカッション) 宮代理佐(ボーカル) 橋田正和(ドラム)
●活動内容:年3回ほど、八尾市文化会館プリズムホールや市役所、イタリアンレストランなどでライブを行う。地域の音楽フェスティバルにも参加。

 

特集

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

4969views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

2653views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

9220views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

33270views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6877views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

8800views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

11068views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3448views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4203views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6843views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17009views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3373views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4887views

ピョートル・アンデルシェフスキ

音楽ライターの眼

世界的ピアニストの奥深く妙なる響きに包まれて/ピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタル

2281views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

12239views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

5597views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5016views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6360views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

2899views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

41802views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2693views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17009views