Web音遊人(みゅーじん)

ジャン=エフラム・バヴゼ

理知的ピアニストの職人芸、エスプリでつなぐドビュッシー、ショパン、ブーレーズ/ジャン=エフラム・バヴゼ ピアノ・リサイタル

理知的ピアニストがフランスからやってきた。ドビュッシー、ショパン、ブーレーズをエスプリの効いた職人芸でつなぐ。2023年3月17日、ヤマハホールでの「ジャン=エフラム・バヴゼ ピアノ・リサイタル」は、ドビュッシーとショパンの作品を交互に披露し、ブーレーズの短い12曲を加え、最後にドビュッシーの練習曲集で快活さを発揮。見事な職人技に「ブラボー!」の声援が上がった。

ドビュッシーとショパンを交互に弾く前半のプログラムにロマンチックでドラマチックな演奏を期待すると、いい意味で裏切られる。1曲目のドビュッシー『バラード(スラヴ風バラード)』は、ヘ長調の緩やかな分散和音に載せて、懐かし気な旋律をしみじみと弾いていく。今夜はピアノの詩人の登場か。ホ長調の中間部も感情の高まりを詩的に表現した。

続けてショパン『バラード第2番 ヘ長調 作品38』を弾き始めた。ドビュッシーの全音音階風の響きが記憶に残っているため、緩やかに揺れるシチリアーノ風の旋律では長調の調性が浮き彫りになり、ロマンチックな印象が強まる。しかしここまでだ。イ短調で始まる暴風域の中間部は、激情の発露ではなく、音響の爆発だった。バヴゼが機知に富んだ職工的なピアニストであることを伺わせる。彼の関心は物語ではなく、音楽的な機能や技術、知的な分析と遊戯にあるようだ。

ドビュッシーとショパンの組み合わせによる2セット目は『マズルカ』、3セット目は『ワルツ』、4セット目は『タランテッラ』と続いた。いずれも両者の同じタイプの作品を比較分析し、差異を浮き彫りにし、知的に楽しむ趣向。4点セットによって前半のプログラムを4楽章形式の「大作」として構成したのは興味深い。

ドビュッシーの『スティリー風タランテッラ』が始まると、ホ長調の旋律とシンコペーションによる推進力から、交響曲の終楽章に多いロンド風の光明が差し込んできた。最後のショパン『タランテッラ 変イ長調 作品43』をきらめく響きで弾き終えたとき、彼は繊細な叙情詩人から精妙な職人風情にすっかり変わっていた。

後半はフランス現代音楽を代表するブーレーズの『12のノタシオン』から始まった。バヴゼは簡単な英語で12曲を紹介した。いずれもウェーベルン流の十数秒から1分程度の短い曲。2曲目は「最初から読んでも最後から読んでも同じ回文」と説明し、「回文にならない音符が1つだけあり、ブーレーズに指摘したら認められた」という逸話を披露した。演奏は物語や感情が入る隙のない理知的なもの。音の仕組み自体の面白さを伝える瞬間芸だ。

ブーレーズに続いてドビュッシーの『12の練習曲 第1部(6曲)』が始まると、ドビュッシーがハイドンのような古典派に思えてきた。第1曲冒頭のチェルニー風の「ドレミファソファミレ」は準備体操のような単純な音型であり、笑いも誘う。しかしそこからハ長調に様々な遊びが加えられ、技巧的な演奏が展開する。バヴゼは基礎から高難度までの練習を楽しみ、聴き手はスポーツを観る感覚だ。

アンコールのマスネ『トッカータ』もスポーティーな機敏さに満ちていた。ただ、ドビュッシーの『喜びの島』では、感極まる終結部の旋律をもう少し丁寧に弾いてほしかった。そこには劇的で感動的な歌があるのだから。だが、ピアノ愛好家にはたまらない技巧とセンスの持ち主。さらにファンを増やしていくだろう。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:さだまさしさん「僕にとって音楽は、最高に好きなものであり、最強に嫌いなもの」

10922views

音楽ライターの眼

小さなトリオの大きな響き/仲道郁代 ベートーヴェン“ピアノ室内楽”全曲演奏会 Vol.1

1443views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

10435views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

41166views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10079views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

4347views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17670views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7394views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13757views

Red Pumps BIGBAND

われら音遊人

われら音遊人:出自がさまざまなメンバーと、誰もが楽しめる音楽をビッグバンドで

346views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8441views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29637views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

11132views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19391views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase22)ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番ハ短調」、現代音楽がロマン派となる「砂の器」の宿命

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase22)ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番ハ短調」、現代音楽がロマン派になる「砂の器」の宿命

876views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17408views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10514views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

13121views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13539views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8441views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

17055views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7394views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9890views