初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
樫本大進、キリル・ゲルシュタイン
音楽ライターの眼
初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

世界最高峰のオーケストラ、ベルリン・フィルの第一コンサート・マスターとして、またソリストとしても大活躍している、樫本大進。今回ヤマハホールで開催されたのは、「古くからの友人で、世界中に名を轟かせているスター・ピアニスト」と樫本が絶賛する知性派ピアニスト、キリル・ゲルシュタインとの“プレミアム”なコンサート。樫本からの希望で、初共演が実現したという。この日は東京や京都、浜松など7カ所で開かれた二人のデュオ・リサイタルの最終を飾る日。息の合ったデュオでありながら、同時に音楽的な出会いが、火花散るようにエキサイティングな一夜になった。

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

この夜のヤマハホールは333席が完全に満員。熱心な“大進ファン”が大勢詰めかけて、熱気が会場にあふれた。二人が選んだプログラムは、「ぼくたち二人が拠点にしている、ドイツとオーストリアの作品を中心に」(樫本)組み立てられた。

最初は王道のベートーヴェン「バイオリン・ソナタ第6番イ長調Op.30-1」。出だしから気合いが入った緊迫感あふれる演奏。バイオリンの音色がクリアーにホール全体に響き渡り、ピアノも、力強い響きが印象的だ。第2楽章は優雅で美しい緩徐楽章。第3楽章は軽やかに息の合ったデュオが繰り広げられた。

続くブラームス「バイオリン・ソナタ第2番イ長調Op.100」は内面を掘り下げたより深い説得力あふれる演奏で、二人の音色も力強く響く。とくに第3楽章は骨太の激しい、迫力に満ちた演奏となった。

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

休憩後のモーツァルト「バイオリン・ソナタ変ロ長調K.378」は前半の2曲とは全く異なったアプローチ。ピアノのゲルシュタインは、前の2曲とは別人のような軽やかなタッチでやさしい音色を響かせる。彼の実力と柔軟さを見せつけられた演奏となった。バイオリンもピアノに触発され、闊達に優雅な旋律を奏でていく。優美さが際立つ第2楽章を経て、躍動に満ちた第3楽章で締めくくられた。

最後のR・シュトラウス「バイオリン・ソナタ変ホ長調Op.18」はこの夜の白眉。のちのオペラや管弦楽を思わせる旋律が散りばめられた華やかで、技巧的な曲だ。バイオリンは色彩に満ちた旋律を情熱的に奏で、ピアノと官能的に絡み合う。そして第2楽章は夢見るように流麗な旋律で、バイオリンがよく歌う。最後の第3楽章はR・シュトラウスらしい華麗な旋律と躍動感にあふれた楽章。バイオリンは切れ口鋭く、熱情的で力強く、スケール感を感じさせる演奏。明らかに円熟への道を進んでいる樫本大進の飛躍を印象づける、感動的なコンサートとなった。

鳴りやまない拍手に応えて、興味深いアンコールが2曲奏でられた。シューマンと彼を慕うブラームスの合作になる「F.A.Eのソナタ」から、シューマン作曲の第2楽章「インテルメッツォ」と、ブラームス作曲の第3楽章「スケルッツォ」。知性派二人ならではの考えぬかれたアンコールだった。

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

 

石戸谷結子〔いしとや・ゆいこ〕
音楽ジャーナリスト。1946年、青森県生まれ。早稲田大学卒業。雑誌「音楽の友」の編集を経て、85年からフリーランスで活動。音楽評論の執筆や講演のほか、NHK文化センター等でオペラ講座も担当。著書に「石戸谷結子のおしゃべりオペラ」「マエストロに乾杯」「オペラ入門」「ひとりでも行けるオペラ極楽ツアー」など多数。

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 石戸谷結子
photo/ Ayumi Kakamu