Web音遊人(みゅーじん)

連載4[多様性とジャズ]「ジャズは個人主義の音楽である」という前提をルイ・アームストロングに語ってもらうための序章

前稿で日本人と全体主義と個人主義の関係性をザックリと整理したので、次に進みたい。

ということで、まずジャズと個人主義の関係を考えてみたいのだが、そのとっかかりとして言葉の定義から手を付けてみよう。

1984年から1994年にかけて全26巻が刊行され、現在は毎月定期的に更新されるデジタル版が利用できる『日本大百科全書』には、ジャズの特徴として次の3点が挙げられている。

「(1)4分の4拍子の第2拍と第4拍にアクセントを置くオフ・ビート(アフター・ビートともいう)のリズムから生じるスウィング感、(2)インプロビゼーション(即興演奏)に示される自由な創造性と活力、(3)演奏者の個性を強く表出するサウンドとフレージング」(引用:青木啓「ジャズ」の解説/日本大百科全書

この3点があるからこそジャズはクラシックと明確に一線を画しているのだという認識が広く普及し、それに対してボクも異論はない。

とはいえ、(3)で「演奏者の個性」があげられているのは、本稿を展開するうえで言及しないわけにはいかないだろう。

そう、一般的にジャズは「演奏者の個性」が大きく影響する音楽だと考えられている。つまり、“個性によって成り立っている音楽”と言い換えてもいいのではないだろうか。

そこで再び(前稿でも取り上げた)漱石先生の言葉を借りれば、個人主義というのは「個性を認めて尊重するもの」だったはず。

であれば、演繹法的に「ジャズは個人主義の音楽である」という結論が導き出せることになるのではなかろうか──となる。

もちろん、この演繹法にはエビデンスがないので、その周辺を探っていくのが本稿の目的にもなっているのだけれど、これでようやく、「ジャズは個人主義の音楽である」という論考のための前提条件の提示をまっとうすることができたのではないかと思う。

と、ここまでたどり着いて、いきなり混ぜっ返すようで申し訳ないのだけれど、ジャズ自体の出自は“自己表現”を目的としたものではなかったので、当初から“個人主義”と縁があるとはいえなかった。

ジャズのルーツは遊興施設で演奏される合奏音楽だったため、勝手な自由行動の許容範囲はきわめて狭かったはずだ。ただ、杓子定規に演奏するだけでは客受けが芳しくなかったため、ところどころに“決め事”にない演奏を盛り込むニーズが高まっていったのだろう。

“決め事”にない演奏=アドリブへの注目度が高まることによって、ジャズの人気も比例し、主客(=決め事とアドリブ)が転倒して“ジャズは個人の自由な発想による演奏が許される音楽”という認識につながっていったものと考えられる。

その転換点ともいうべきエポックが、1926年に行なわれた『ヒービー・ジービーズ』のレコーディングで、ルイ・アームストロング(トランペット、ヴォーカル)によるジャズ史上初のスキャットが記録されたことだった──という前振りをして、次回へつなげたい。


参考動画:Louis Armstrong – Heebie Jeebies (1926) [Digitally Remastered]

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

川井郁子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:川井郁子さん「私にとっての“いい音楽”とは、別世界へ気持ちを運んでくれる翼です」

9948views

リトル・リチャード

音楽ライターの眼

ロックンロール創造主リトル・リチャードの音楽と人生を追うドキュメンタリー映画『リトル・リチャード アイ・アム・エヴリシング』が公開

1246views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6536views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25101views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9359views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30435views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20225views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6456views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9800views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

7952views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4381views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24728views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16831views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10980views

ジューダス・プリースト

音楽ライターの眼

ジューダス・プリースト、新作『インヴィンシブル・シールド』を発表。「“盾”は攻撃の手段」

555views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3127views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1328views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

8328views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12977views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6562views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

63609views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6657views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9613views