Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

音楽プロデューサー、ベーシストとして数えきれないほどのヒット曲にその名を連ねる亀田誠治さん。その原点にある曲や、音楽の魅力についてお聞きしました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

ビートルズの『ハロー・グッドバイ』です。アルバム『マジカル・ミステリー・ツアー』に入っていますが、僕は小学校2年生のときに買ってきたベスト盤(青盤)で初めて聴きました。そのときのことはいまでも鮮明に覚えています。僕は部屋に置いてあった母親のクラシックギターを手に取って、なぜかベースラインを真似し始めたんです。まだベースという楽器も、ポール・マッカートニーが弾いているのかも認識していないのに。だから、ベーシスト・亀田誠治を生むきっかけとなった曲だといえますね。「ハロー」と「グッバイ」とか「イエス」と「ノー」とか、小学生でもわかる簡単な言葉に深いメッセージを込める表現方法は、僕が考えるロックやポップスの基本形となりましたし、イントロがなかったり、最後に民族音楽っぽい展開になったりするところなどは、音楽は自由なんだということを教えてくれました。バンドサウンドの中にビオラが出てくるところも大好きです。いまでもこの曲を聴くと安心するし、ふとした瞬間に聴きたくなる。自分がいま立っている場所を確かめたり、原点を見つめ直すために頭の中で流したり、この曲の影響は計り知れません。僕にとってのバイブルであり、人生のテーマソングともいえる曲ですね。

Q2.亀田さんにとって「音」や「音楽」とは?

「人と人をつなぐ魔法」だと思います。ライブで同じ空気を共有するときはもちろん、ラジオで聴いていても、違う場所にいるみんなの気持ちをひとつにしてくれますよね。人の感情を高ぶらせてくれたり、落ち着かせてくれたり、記憶を蘇らせてくれたり。本当に魔法だなぁ、と思います。コロナ禍において、「いまこそ音楽が必要だ」という想いを日に日に強くしています。時代の空気に不寛容さや不確かさを感じたり、誰もが“もやっ”とする気持ちを抱いていたり、誰かを疑っていたり……。自分に確信が持てないこともあると思う。こんな時代だからこそ、音楽による調和が求められているし、音楽が持つ包容力や人と人をつなぐ力が発揮されるのではないでしょうか。僕は東京の日比谷公園をまるごと会場にした「日比谷音楽祭」というイベントを2019年から毎年開催しているのですが、まさにそんな音楽の力を実感しています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

それは……僕自身です(笑)。本当に僕は、文字通り音で遊んでいます。よく人から「音楽を仕事にして嫌になったことはありませんか?」など聞かれますけど、そんなことは全くありません。スタジオに入ってみんなで「せーの」と音を出す瞬間は最高だし、最近はデータのやりとりで音楽を作ることも多くなりましたが、そんなときも「どんな音源が送られてくるだろう?」とワクワクしますし。カッコいいフレーズや気持ちいい音に囲まれていると、楽しくてしょうがないんですよ。東京事変のメンバーからは「亀田さんが最年長なのに、いちばん子どもっぽい」とよく言われるのですが、音楽が鳴っているとき、音を出しているとき、ミュージシャンとして人と接しているとき、僕はひたすら無邪気になれるんです。あと「類は友を呼ぶ」ではないけれど、僕の周りにいるミュージシャンもみんな「音遊人」だと思います。コロナ禍では「おうち時間」が増えて、ひとりで静かに音楽を作る時間をたくさん持つことができました。まるで学生時代に戻ったかのように宅録気分でいろいろ音を重ねたりしていると、新しい発見がたくさんありますね。僕はプロミュージシャンになってから30年以上経ちますけど、本当に、音楽に飽きたことがない。音楽は僕の天職なんです。もし生まれ変わったとしても絶対ミュージシャンになりますよ!

亀田誠治〔かめだ・せいじ〕
1964年生まれ。音楽プロデューサー、ベーシスト。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、Little Glee Monster、山本彩、Creepy Nuts、石川さゆり、MISIA、Novelbright、アイナ・ジ・エンドなど数多くのアーティストのサウンドプロデュース、アレンジを手がける。
2004年に椎名林檎らと東京事変を結成。2005年、Bank Bandにベーシストとして参加。2007年第49回、2015年第57回日本レコード大賞、編曲賞を受賞。2013年にはシグネチャーモデルとなるベース「BB2024カメダ・エディション」をヤマハと共同開発。2021年には映画「糸」にて日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。
2019年から開催されている親子孫三世代が様々な音楽体験ができるフリーイベント「日比谷音楽祭」の実行委員長を務めている。2021年は5月29日(土)、30日(日)にオンラインで開催する。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

11185views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

5694views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

115759views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

8648views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6224views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4702views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5593views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5256views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16240views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6773views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4244views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21707views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8421views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18221views

音楽ライターの眼

連載49[ジャズ事始め]フュージョン的アプローチでは生まれなかった大江戸ウィンドオーケストラ

622views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

10231views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6457views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

40967views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11007views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4711views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

1138views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5192views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25643views