Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

都内にある練習スタジオを訪れると、明るい雰囲気で迎えてくれたThe 14th Moonのメンバーたち。この日は、2日後に控えたライブの練習を行っていた。当日演奏するセットリストの中からまず音合わせをしていたのは、名曲、ドワイト・ヨアカムの『Turn It On, Turn It Up, Turn Me Loose』。ドラムとベースがリズミカルに4ビートを刻む、王道のカントリーソングだ。そこにエレキギターを鳴らし、マンドリンの音色が軽やかに加わる。さらにボーカル綾喜子さんの柔らかくてハスキーな歌声が乗り、楽しげに演奏していた。

The 14th Moonは、リーダーの綾和也さんと喜子さん、ドラムの竹内さんを含むメンバーで、大学在学中に結成された。卒業とともにバンドは解散したが、3年前に新たなメンバーで再結成。きっかけを喜子さんが教えてくれた。
「私自身、今から15年前、友だちに誘われて、カントリーバンドを始めたんです。その後、バンドを抜けて新しく活動しようと思ったときに、同窓会で和也さんと再会し、一緒にオリジナルのカントリーソングを歌い始めました。それから次第にメンバーが集まった、という感じです」

元々のバンドメンバー3人に加え、ベースの東さん、ギターの山内さんが加わり、5人組のカントリーポップバンドとして活動を再スタート。現在は、仕事や家庭と両立しながら、東京都内と神奈川県でライブ活動を行っている。

(写真左から)ボーカルの綾喜子さん、リーダーの綾和也さん、ベースの東英一郎さん、ドラムの竹内一雅さん、ギターの山内一典さん。

結成一年後にCDを制作したとき、バンドに転機がおとずれた。
「CDに収録したオリジナル曲の『Nashville On My Mind』は、私が初めてテネシー州のナッシュビルに訪れた感動を歌にしました」と喜子さんは話す。『Nashville On My Mind』はその後、当時の駐日アメリカ合衆国大使の元に。曲を気に入った大使は、なんと彼らを大使公邸に招待したのだ。また、2019年4月には、アメリカの在ナッシュビル日本総領事館の招待で、現地で開催されたイベントで演奏を披露するという、夢のような出来事が起こった。

ところで、カントリーミュージックは、70歳を過ぎても演奏やダンスを楽しむ人が多い音楽だと聞く。
「音楽以外にも、女性ダンサーのパワフルなダンスも見どころです。ご年配のダンサーも多いんですよ。数十人のダンサーがカウボーイハットにジーンズでステップを刻む姿は迫力ありますよ」とドラムの竹内さん。

ダンサーやほかのカントリーバンドを呼び、彼らは年に2回、大きな会場でイベントを主催している。そうしたライブやイベントを行う際に心がけていることがある。
「お金や時間を使って来てくださるお客さんに、少しでも多く喜んでもらうことを大切にしています」

今も昔も変わらずに音楽が好きというメンバーたち。「自分たちがいくつになっても、音楽を楽しみ続けていたい」と笑顔で話してくれた。

定期的にライブに出演。2020年1月25日(土)には自主開催イベント『The 14th Moon, The Greatest Show』を予定。

活動のための工夫やノウハウを紹介!われらのTips

Q.お金やスケジュールの管理は?
練習時のスタジオ代は、その日の練習参加メンバーが割り勘で払います。スケジュール調整には、簡単に出欠管理ができるサイト「調整さん」を使っています。ライブは市民音楽祭に応募したり、年に4回はイベントを自主開催しています。
(綾和也さん)

Q.家庭と仕事との両立は?
ライブの予定が入ったら、早めに家族に相談します。子どもがまだ小学生なので、妻に仕事を休んでもらったり、母親にお願いしたり。どうにもならないときは、子どもの手を引いてライブに参加することも……。
(山内一典さん)

Q.上達するためにしていることは?
YouTubeを見て研究しています。昔は気になるドラマーがいても、どうやって叩いているのかわからなかったですが、今は動画で細かい部分も見ることができるから便利ですよね。昔はレコードを必死に聴いて耳コピしていました。
(竹内一雅さん)

バンド紹介

●バンド名:The 14th Moon(Facebook
●結成時期:2016年11月
●モットー:お客さまを楽しませるライブをする!
●練習頻度:ライブ前は月2回程
●平均年齢:56歳
●メンバー:綾喜子(ボーカル、ギター)、綾和也(ギター、マンドリン)、竹内一雅(ドラム)、山内一典(リードギター)、東英一郎(ベース)
●活動内容:年に4回、カントリーイベントを自主開催(うち大きなイベントは夏と冬に開催)。そのほか、市民音楽祭などへ2か月に1~3回出演。

仕事を持ちながら音楽を楽しむ「われら音遊人」大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」にご登場いただける、仕事をしながら活動を続けているアマチュアバンドや楽団を募集しています。ジャンルは問いません。ぜひ、取材にご協力ください。
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:家入レオさん「言葉に入りきらない気持ちを相手に伝えてくれるのが音楽です」

2405views

音楽ライターの眼

連載26[ジャズ事始め]なぜ穐吉敏子も渡辺貞夫もファンキー・ジャズのムーヴメントに染まらなかったのか?

2018views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

22808views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

36637views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5271views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6559views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2512views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2552views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14988views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5146views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3268views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16459views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7607views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14537views

音楽ライターの眼

2020年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー ~師・サリエリに捧げられた3曲のヴァイオリン・ソナタ

2593views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

10415views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5049views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

11646views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7998views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4785views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

26868views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2552views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19849views