Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#038 歴史的名曲“じゃない”曲で発揮されたディーヴァの本領を味わう~ビリー・ホリデイ『奇妙な果実』編

ジャズ・スタンダードとして知られるほとんどの曲が色恋沙汰をテーマにしていることに気づくと、本作のタイトル曲がいかに“異質”なのかがみえてくるのではないでしょうか。

1930年代のアメリカで黒人差別を扱うということが、どれほど先進的で、かつ危険なことだったのか……。

もちろん、『奇妙な果実』の歌詞には黒人差別を直接表現するようなワードは使われていません。しかし、「ここで歌われているのは、アレのことだ」ということを、当時のニューヨークの人たちは知っていました。

そして、みんなが知っていることを知りながら、自分のレパートリーとして取り上げて完成させたのが、ビリー・ホリデイだったのです。

本作のタイトル曲『奇妙な果実』を遺したからこそ、ビリー・ホリデイが女性ジャズ・ヴォーカルの系譜のなかで“別格”の扱いを受けるのだと、ボクは思っています。

そんな重~いタイトル曲をいまならどう扱えばいいのかを含めて、聴き直してみましょう。


Strange Fruit

アルバム概要

1939年に、A面『奇妙な果実(ストレンジ・フルーツ)』B面『ファイン・アンド・メロウ』というカップリングで、シェラック10インチのシングル盤がリリースされました。

LP盤になったのは1959年で、上記シングル音源のほか、1944年にレコーディングされた音源も収録したA面6曲/B面6曲の12曲構成。1972年には、A面8曲/B面8曲の16曲構成のLP盤も登場しています。

CD化では、12曲構成の同曲順ヴァージョンのほか、16曲構成ヴァージョンも“生産限定盤”としてリリースされました。

“名盤”の理由

タイトル曲『奇妙な果実』は、エイベル・ミーアポルが作詞・作曲した作品。

彼はロシア系ユダヤ人の移民の子としてニューヨークで生まれ育ち、高校教師として働くかたわら創作活動を続けていましたが、ある日、リンチによって殺され木に吊るされている黒人の写真を新聞で見て衝撃を受け、「苦い果実(Bitter Fruit)」という一編の詩を書きます。

この詩は共産党系の機関紙に発表されたほか(ミーアポルはアメリカ共産党党員でした)、メロディを付けたものを彼の妻が共産党や教職者組合の集会で歌っていたといいます。この歌が『奇妙な果実』のオリジナルになります。

やがてその凄惨な内容からこの歌が話題になると、ニューヨーク初の総合ナイトクラブ“カフェ・ソサエティ”の創設者バーニー・ジョセフソンを経由して、専属歌手だったビリー・ホリデイの知るところとなり、彼女のレパートリーになったということです(彼女のショーの演出をしていたロバート・ゴードンが紹介したという説もあり)。

その反響が大きかったことから、レコーディングのために契約中だったコロムビア・レコードと掛け合ったものの、センセーショナルすぎるということで断わられてしまいます。

そこで話を持ち込んだのが、カフェ・ソサエティの近所のレコード店が主宰していたインディペンデント・レーベル“コモドア”でした。

主宰者のミルト・ゲイブラーは彼女の歌を聴いて涙し、コロムビア・レコードからこのレコーディング・セッションの許可を得てシングルを制作することになった──という、成り立ちからして“名盤”の素質にあふれた作品だったのです。

いま聴くべきポイント

カフェ・ソサエティでは毎回『奇妙な果実』が始まる前に、ウエイターが客席から姿を消し、店内の照明が落とされて、ビリー・ホリデイを照らすスポットライトだけになる、という演出が施されたそうです。

それは、この曲の歌詞そのままに黒人に対するリンチが日常的に行なわれていた現状や、それを“見世物”に仕立てたステージに対して観客が興味津々であることへの、彼女の複雑な感情の表われとも言えるでしょう。

そんないろいろな意味での“痛み”を含んだ曲であるからこその“名盤”であるものの、85年後の現在、その“痛み”を共有することができるのか──。

いや、あえて言ってしまえば、共有できなくてもいいよ、というのが今回の結論。

というのは、コモドア・レコードでのこの一連のレコーディング・セッションは、ビリー・ホリデイにとって話題性があった『奇妙な果実』じゃない曲のほうが重要だったと思えるからです。

カップリングされたブルースの『ファイン・アンド・メロウ』だけでなく、LP盤の冒頭を飾る『イエスタデイズ』をはじめとしたバラードの数々は、彼女の哀愁を帯びた歌唱によって輝きを放ち、ビリー・ホリデイを「バラードの名手」として世に認知させることになったのですから……。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

5887views

セイント・ヴィンセント

音楽ライターの眼

セイント・ヴィンセントが切り開くギター・ミュージックの明日

604views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

15548views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4549views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

15189views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

17813views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6039views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19568views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

8130views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

6069views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9962views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9647views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14780views

音楽ライターの眼

連載10[多様性とジャズ]1960年代の公民権運動で結ばれたジャズと多様性の強い絆

2505views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

8516views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10807views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

15711views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2690views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4841views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

4752views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2966views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25158views