Web音遊人(みゅーじん)

ジャズとロックの関係性

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

1964年、“ジャズ・ギターの寵児”だったウェス・モンゴメリーは、レコード会社移籍という決断をする。

その時点での彼はまだ“ジャズ・ギターの寵児”であり、“ジャズ・ギターの革命児”ではなかった。“革命児”になるためのターニングポイントが、ここだ。

彼が背負っていたジャズ・ギターの“負の遺産”とは、チャーリー・クリスチャンやジャンゴ・ラインハルトといった偉大な先人を超えなければならないという宿命だった。それは、彼らを超えたからといって確立できるとはかぎらないギタリストとしての自身のオリジナリティと、経済的な状況も指していたりする。

しかし、ウェス・モンゴメリーはこのターニングポイントによって“負の遺産”をプラスに転じさせることができたのだ。

では、それがどういうことだったのか、ビートルズとどう関係しているのかを見ていこう。

ある確信犯的プロデューサーとの出逢い

リヴァーサイドからヴァーヴへの移籍には、あるキーパーソンが絡んでいた。

その名はクリード・テイラー。彼は、大手レコード会社のなかにいくつものジャズ専門レーベルを立ち上げた名物プロデューサーだった。

ジャズ専門のレーベルをいくつも立ち上げたのは、彼がいわゆる“ジャズマニア”だったからではない。どうやら彼には、“なんとかしてジャズにロックと比肩するぐらいのポピュラリティをもたせたい”という野望があったことが、その業績から浮かび上がってくるのだ。

ヴァーヴ・レコードは、もともとビバップ由来のストレート・アヘッドなジャズの音源をリリースするために設立されたのだが、クリード・テイラーが移籍した1961年には大手マスメディア企業のMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)に買い取られたことから、彼にも“大手が経営するレーベル”としての“成果”が期待されていたことは想像に難くない。

クリード・テイラーがヴァーヴへの移籍前に設立したレーベルのひとつであるインパルス!は、彼の移籍後もジョン・コルトレーンの代表作を次々と世に送り出していたのだから、その手腕に関しては期待値がかなり高かったに違いない。

しかし、音楽業界を俯瞰してみれば、その“業績”も、ほかの人気カテゴリーのキャパシティには及ばないというのが実状だった。簡単に言い換えれば、ジャズのセールスはロックの足下にも及ばなかったということ。

彼はそんな状況を加味しながら改善案を模索していく。そして、時代的な要請に応じてインパルス!がフリー・ジャズへ入れ込んでいったのとは逆に、同じ時代的な要請ながら“ジャズはアフリカン・アメリカンだけの音楽じゃない”というアプローチの表現とその具現者を探しはじめたようだ。

チャーリー・パーカーがストリングス・オーケストラと共演を果たしたようなアルバムなら“聴きやすい”から、ジャズ・フィールド以外へもキャパシティを広げられるという自信が彼にはあったのかもしれない。

あとは、それに見合うタレント性をもったミュージシャンを探し出すこと。

当時はロックが台頭し、エレクトリック・ギターへの注目度が高まっていた。そのエレクトリック・ギターをロックのようには演奏せず、しかもリスナーを圧倒させる技量はもちながら、ロックでは合わせることが難しいストリングス・オーケストラと共演させるというアイデアなら、旧来のキャパシティの限界を超えられるのではないか……。

“ジャズ・ギターの寵児”として、その少し前に遅咲きのデビューを果たしていたウェス・モンゴメリーに白羽の矢が立ったのは、ある意味で必然と呼べる出来事だったのかもしれない。

こうして1964年11月、ウェス・モンゴメリーはスタジオに入り、アルバム『ムーヴィン・ウェス』を収録する。

次回は、Movin’(=転居)したウェス・モンゴメリーが歩んだ道を、ビートルズ・ジャズと照らし合わせて考えてみたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

9097views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

3584views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

19250views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

22349views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5885views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3577views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7854views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2958views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5194views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5999views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2710views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17977views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4790views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12060views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

1612views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

5942views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7192views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

15378views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3579views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

3169views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

16151views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3837views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15157views