ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ジャズとロックの関係性
音楽ライターの眼
ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

1964年、“ジャズ・ギターの寵児”だったウェス・モンゴメリーは、レコード会社移籍という決断をする。

その時点での彼はまだ“ジャズ・ギターの寵児”であり、“ジャズ・ギターの革命児”ではなかった。“革命児”になるためのターニングポイントが、ここだ。

彼が背負っていたジャズ・ギターの“負の遺産”とは、チャーリー・クリスチャンやジャンゴ・ラインハルトといった偉大な先人を超えなければならないという宿命だった。それは、彼らを超えたからといって確立できるとはかぎらないギタリストとしての自身のオリジナリティと、経済的な状況も指していたりする。

しかし、ウェス・モンゴメリーはこのターニングポイントによって“負の遺産”をプラスに転じさせることができたのだ。

では、それがどういうことだったのか、ビートルズとどう関係しているのかを見ていこう。

ある確信犯的プロデューサーとの出逢い

リヴァーサイドからヴァーヴへの移籍には、あるキーパーソンが絡んでいた。

その名はクリード・テイラー。彼は、大手レコード会社のなかにいくつものジャズ専門レーベルを立ち上げた名物プロデューサーだった。

ジャズ専門のレーベルをいくつも立ち上げたのは、彼がいわゆる“ジャズマニア”だったからではない。どうやら彼には、“なんとかしてジャズにロックと比肩するぐらいのポピュラリティをもたせたい”という野望があったことが、その業績から浮かび上がってくるのだ。

ヴァーヴ・レコードは、もともとビバップ由来のストレート・アヘッドなジャズの音源をリリースするために設立されたのだが、クリード・テイラーが移籍した1961年には大手マスメディア企業のMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)に買い取られたことから、彼にも“大手が経営するレーベル”としての“成果”が期待されていたことは想像に難くない。

クリード・テイラーがヴァーヴへの移籍前に設立したレーベルのひとつであるインパルス!は、彼の移籍後もジョン・コルトレーンの代表作を次々と世に送り出していたのだから、その手腕に関しては期待値がかなり高かったに違いない。

しかし、音楽業界を俯瞰してみれば、その“業績”も、ほかの人気カテゴリーのキャパシティには及ばないというのが実状だった。簡単に言い換えれば、ジャズのセールスはロックの足下にも及ばなかったということ。

彼はそんな状況を加味しながら改善案を模索していく。そして、時代的な要請に応じてインパルス!がフリー・ジャズへ入れ込んでいったのとは逆に、同じ時代的な要請ながら“ジャズはアフリカン・アメリカンだけの音楽じゃない”というアプローチの表現とその具現者を探しはじめたようだ。

チャーリー・パーカーがストリングス・オーケストラと共演を果たしたようなアルバムなら“聴きやすい”から、ジャズ・フィールド以外へもキャパシティを広げられるという自信が彼にはあったのかもしれない。

あとは、それに見合うタレント性をもったミュージシャンを探し出すこと。

当時はロックが台頭し、エレクトリック・ギターへの注目度が高まっていた。そのエレクトリック・ギターをロックのようには演奏せず、しかもリスナーを圧倒させる技量はもちながら、ロックでは合わせることが難しいストリングス・オーケストラと共演させるというアイデアなら、旧来のキャパシティの限界を超えられるのではないか……。

“ジャズ・ギターの寵児”として、その少し前に遅咲きのデビューを果たしていたウェス・モンゴメリーに白羽の矢が立ったのは、ある意味で必然と呼べる出来事だったのかもしれない。

こうして1964年11月、ウェス・モンゴメリーはスタジオに入り、アルバム『ムーヴィン・ウェス』を収録する。

次回は、Movin’(=転居)したウェス・モンゴメリーが歩んだ道を、ビートルズ・ジャズと照らし合わせて考えてみたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 富澤えいち