Web音遊人(みゅーじん)

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

子どもたちのみならず、お母さんたちからも絶大な人気を誇り、全国各地のコンサートホールを連日沸かせている金管五重奏団「ズーラシアンブラス」をご存じでしょうか? メンバーは指揮のオカピをはじめ、トランペットのインドライオンとドゥクラングール、ホルンのマレーバク、トロンボーンのスマトラトラ、チューバのホッキョクグマ。そう、彼らは希少動物からなるスーパープレイヤー集団なのです! 今回は、そんなズーラシアンブラスの活動をオーガナイズする株式会社スーパーキッズの代表、大塚治之さんにお話を伺いました。

ズーラシアンブラス

2000年に「よこはま動物園ズーラシア」のマスコットキャラクターとしてデビューしたズーラシアンブラス。「弦うさぎ」「サキソフォックス」といった動物のアンサンブルと行うコンサート「音楽の絵本」は、今では海外も含め年間約150公演を数えるほどの人気ぶりです。2011年にはズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団もデビューし、その勢いはとどまるところを知らない彼らですが、苦節の下積み時代もあったといいます。

「自分の子どもが小さいころ、未就学児が入れるコンサートを探したんですよ。けれど当時はまったくと言っていいほどなかった。それなら未就学児も聴けるクラシック・コンサートをやろうかなと思ってはじめたのがきっかけです。まずは1999年に『弦うさぎ(うさぎの弦楽四重奏団)』を結成し、そして2000年にズーラシアの開園1周年を記念してズーラシアンブラスを結成しました。けれど最初は本当に売れなかったですね。全国を営業して歩いても、まったく理解してもらえず……もうイヤになって営業をやめ、カタログを配って“やりたいところは声をかけてください”という方式にしたら、急にあちこちのホールから声がかかるようになりました」

音楽の絵本(ズーラシアンブラス、弦うさぎ)

「音楽の絵本」の約90分のステージは、子どもたちが釘付けになる工夫がめいっぱい詰めこまれたエンタテイメント・ショー。「途中で飽きてグズりだすかも……」なんて心配はまったく無用です。それどころか、むしろ「飽きる瞬間も重要」と大塚さんは語ります。

「コンサートは2部構成ですが、子どもたちがずっと集中して聴き通すのは難しいので、メリハリをつける必要があります。まず、第1部の冒頭2~3曲が勝負。ここで、ちゃんと聴いてもらいたい曲を演奏します。あとは第1部の後半あたりにソロの曲を入れて、一気に惹きつける。ソロの力というのはすごいもので、誰もがじーっと聴き入りますからね。休憩をはさんで、第2部の頭では弦楽アンサンブルで『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』などをやって、子どもたちに思いっきり飽きてもらいます。プレイヤーには“ここで谷を掘ってね”と言っていますが、ここで谷を深く掘れば掘るほど、あとで集中力が戻ってくるんですよ。そして第2部のラストから2曲目に、もう1匹のトランペッターが登場して、おいしいところを全部持っていく。基本はそのような流れです」

ほとんどの公演は0歳から入場可。赤ちゃんも、幼稚園生も、小学生も、どの年齢の子どももオールマイティに楽しめる「音楽の絵本」ですが、その理由を尋ねると意外な答えが返ってきました。

「それは、子どもに向けて作っていないから。我々は大人に向けてコンサートを作っているんです。お母さんが面白いと思ったことを、子どもは面白いと感じます。ですから、まずはお母さんが釘付けにならないといけない。子どもって嬉しいことがあると、確認するために親の顔を見ますよね。そのとき子どもの目に映るのが、自分を見ているお母さんではなく、“ステージに夢中になっているお母さんの横顔”というのが、我々の目指すところです。お母さんが楽しいと、コンサートが終わった後も『インドライオンさんのソロがかっこよかったね!』とか、親子のコミュニケーションがはずむでしょう? どの年齢の子どもも楽しめる理由というのは、そこにあるのです」

実際、ダンディなインドライオンの華麗なソロにときめいてしまうお母さんも多いのだとか。それもそのはず、動物たちのプレイヤーの腕前は、プロ・オーケストラの首席奏者級の超一流。

インドライオン、スマトラトラ、マレーバクをはじめ、個性豊かな顔ぶれの「お友達プレイヤー」。

しかも音楽はすべて書き下ろしのオリジナル曲やアレンジ曲であるところも大きな特徴です。

「我々は作曲家のチームを作ってプロジェクトを進めています。年に数回、作曲家が集まる会議を開き、そこで企画とプログラムを出して、“これは誰が担当する”“ここはこういう風にアレンジする”といったことを決めていくんです。曲ごとに作曲家は違いますが、作曲家同士が“あの人はこうくるだろうから、自分はこうしよう”とお互いのサウンド感を考えながら、全体としてひとつのものを作り上げていくスタイルは珍しいのではないでしょうか」

演奏しながら寝てしまって子どもたちに起こされる『ブラームスの子守歌(睡眠薬入り)』、曲が始まってから楽譜が見つからなくて焦りまくる『パニックリ・フニクラ』など、まるでコントのようなネタも満載。動物たちは人間の言葉を話さないので、身振り手振りだけで笑いをとったり、キャラクターをアピールしなければなりません。

「こうやったらウケるだろうなと思ったことが、いざやってみると意外とクスクス程度で終わったり、ダメだと思っていたネタが大爆笑だったり、小さい子どものリアクションは予測がつかないこともあります。地域によってもリアクションは変わってきますし。台湾のお客さんは、プレイヤーを乗せるのが実に上手なんですよ。シーンと聴き入っていたかと思うと、ドカーンと盛り上がる。そういうときはプレイヤーもアドレナリンが出て、素晴らしい演奏をしてくれます」
今年も新キャラクターの登場や、新企画を続々計画中とのこと。音楽あり、笑いあり、ときめきあり……ズーラシアンブラスとその仲間たちのステージを、親子で体験してみませんか?

■2019年公演インフォメーション

ズーラシアン吹奏楽部!

6月22日(土)14:00開演/大阪公演(ザ・シンフォニーホール)
7月8日(月)18:00開演/横浜公演(神奈川県民ホール)

ズーラシアンブラス サマー・ミュージック・フェスティバル

8月1日(木)14:00開演/大阪公演(ザ・シンフォニーホール)
8月3日(土)14:00開演/東京公演(サントリーホール)

※その他の公演情報は、オフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

8393views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

7040views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

8237views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

1867views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8865views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

10632views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4871views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4829views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16938views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

3105views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3697views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7065views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5831views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8806views

7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

音楽ライターの眼

2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

3577views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4946views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3798views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6740views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9986views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3955views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

89686views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7558views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24331views