Web音遊人(みゅーじん)

ビオラの歌、共鳴するピアノ/伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート

ピアノとビオラの重鎮が、分断する世界に連帯感を呼び起こした。コロナ禍が深刻度を増す緊急事態宣言の中、2021年1月17日にヤマハホールで開かれた「伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート」。人々の歌声が消え入りそうな東京で、今井のビオラがシューベルトとシューマンの歌曲を祈るように歌い、伊藤のピアノが寄り添い共鳴する。孤独とさすらいの言葉なき哀歌が、聴き手に慰めと癒やし、前向きな気持ちをもたらした。

曲目は伊藤が得意とするドイツロマン派のシューベルト、シューマン、ブラームスの作品。前半はソナタ、後半は歌曲の声楽パートをビオラが奏でるというもの。伊藤と今井の持ち味を最大限に生かす選曲だ。人声に近い楽器といわれるビオラによる歌は、カラオケも合唱も楽しめないコロナ禍の今にふさわしい。

まずはシューベルト『アルペジオーネ・ソナタ イ短調D821』。6弦の新楽器アルペジオーネのために作曲されたが、現在はビオラやチェロで演奏される。

伊藤が第1楽章の物悲しい第1主題を遅めのテンポで弾くと、今井のビオラが同じ旋律を低音域でゆったりと奏でる。「祈りを感じる」と伊藤が称賛する今井ならではの音色だ。長調に転じた第2主題でも軽快ながら優しい響きを聴かせた。

緩やかな第2楽章アダージョでは、今井の魅力が一段と引き立つ。隅々まで息づく持続音は、1つの音を奏でる尊さを実感させる。

2曲目はブラームス『ビオラ・ソナタ第2番 変ホ長調作品120-2』。晩年の枯淡がにじむ傑作『クラリネット・ソナタ第2番』をブラームス自身がビオラ用に編曲した。クラリネットによる空いた響きの寂寥感とは異なり、ビオラは音に厚みと柔らかさがある。第2楽章でややリズムがつかみにくい箇所があったが、伊藤らしい抒情的で表情豊かなピアノと、今井の伸びやかなビオラが滑らかに溶け合っていた。

後半はいよいよ歌曲だ。まずシューベルト『冬の旅』から2曲。『おやすみ』では『さすらい行進曲』とも呼ぶべき寂しげなリズムをピアノが刻む。その足取りに乗って淡々とビオラが歌う。続く『菩提樹』。伊藤が分散和音を繊細に鳴らし、今井の滑らかなボウイングが美しい旋律を安堵感で包む。なだらかな丘陵地帯の果てに1本の菩提樹が見えてきそうだ。

シューマン『詩人の恋』は全16曲を披露した。伊藤の強い意向でハイネによる歌詩の日独対訳プリントが用意された。恋情、憧憬、失恋の痛みを歌う曲ごとにピアノとビオラが表情を微妙に変化させる。そこから聴き手は詩の意味を読み取る。新しい器楽の試みだ。

共演を聴くにつれて、音楽とは結局のところ歌なのではないかと思った。難解な現代音楽と思われがちなウェーベルンでさえ、作品のほぼ半数は歌曲と合唱曲だ。歌は詩心を分かち合う。疫病や戦争、経済格差で人々が分断され、孤立する現代において、言葉なき歌は詩の故郷へと私たちを導き、共感という安らぎの菩提樹に巡り合わせてくれるだろう。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

塩谷哲

今月の音遊人

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

3343views

音楽ライターの眼

連載29[ジャズ事始め]“ジャズは難しい音楽じゃない”とアメリカ帰りの渡辺貞夫は言った?

1800views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

11132views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

45723views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7391views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

7704views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21562views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6541views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9652views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7749views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5392views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9407views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4442views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8075views

メタリカ

音楽ライターの眼

メタリカの誇るグラミー賞メタル部門最多受賞

290views

調律師 曽我紀之

オトノ仕事人

演奏者が望むことを的確に捉え、ピアノを最高のコンディションに整える/コンサートチューナーの仕事

2580views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

8961views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

6279views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6678views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5473views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16788views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8759views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28564views