Web音遊人(みゅーじん)

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

世界的に有名なアミューズメント施設が多くの人を集め、一方では東京都心へのベッドタウンとして発展してきた千葉県の浦安市。東京湾岸を走るJR京葉線の新浦安駅周辺は、一流ホテルやマンション群、ショッピングセンターなどが集まり、さらなる発展が期待されているエリアだ。

2017年の春、市民からの期待と要望に応えて駅のそばにオープンした浦安音楽ホールは、沿線および周辺エリアで珍しいクラシック音楽専用ホールを有し、ここへ集う人たちに新しい音楽体験と「聴く喜び、弾く(または歌う)喜び」を提供している。

ホールのエントランスはビルの3フロア分ある吹き抜けになっており、螺旋階段でホールへと上る。広い窓からの眺望もよく、ここで小さなコンサートをすることもあるようだ。

ビルの5階にある開放的なロビーから螺旋状の階段を上っていくと、303席(車椅子席含む)のシューボックス型「コンサートホール」(室内楽・リサイタルホール)へ。落ち着いた雰囲気を醸し出すダークブラウンの客席と、2階席を取り囲むようなオフホワイトの壁によるツートンカラー状の内装が、独特の気品を生み出している。

「浦安市には、アマチュアで楽器や合唱などを楽しんでいらっしゃる方、クラシック音楽がお好きな方、プロの音楽家などが多く、音響の優れたコンサートホールを待ち望む声は以前から多数ありました。そうした要望に応えるべく、音響設計のスペシャリストである清水寧先生(銀座のヤマハホールや八ヶ岳高原音楽堂ほか多くのホールを担当)に音響コンサルタントとして携わっていただき、空席時に最大で1.8秒という残響をもつ空間が実現できたのです。演奏家や歌手の方からも『自分の音がきちんと自分の耳に戻ってくるため、とても弾きやすい』『無理をせず自然な声で歌える』といったお声をいただき、もちろんお客様からも好評をいただいています」(ホールマネージャー、嶋田拓生さん)

たとえば、繊細な音のクラシックギターを2階席の最後列で聴いても、演奏者が意図する絶妙なニュアンスがしっかり聴きとれるほどだ。客席は階段状になっており、ステージの高さは低めに設定されているため音楽家と聴き手との距離が近く感じられ、両者の親密度を高めているのもこのホールの特徴。さらには素晴らしい音響を実現するため、独自の工夫も凝らしているという。

「ステージ上に配置された浮雲(反射板)の高さを調整したり、2階席両サイドの壁際に可動式のカーテンを設置したり、状況に応じて音響を変化させるシステムを備えています。また1階席前方にある両サイドの壁面は格子状になっており、その奥には通路を設けるなど、壁近くの席で音が不自然にならないように配慮。加えてその通路が低音を2階席まで伝える役目も果たしています」

(写真左)どの席からもステージが見やすく、繊細な音楽表現を聴きとれるコンサートホールの内部。1階席後方の左右には「中2階」と称したくなるブロックもあり、とてもユニーク。(写真右)ステージの上部、高い天井からは音を反射・拡散させるための「浮雲」が設置されており、残響の微調整も可能に。

このように優れた音響を実現しているホールゆえ、浦安市民を中心に周辺の自治体およびJR京葉線沿線在住者、その他の音楽ファンへと、徐々に評判は広がっている。著名な国内外のアーティストを招いた主催公演(年間20公演超)はもちろん好評だが、「地域密着」と「生涯学習」を目的とした種々のコンサート、講座、企画などが充実していることも見逃せない。

「市民の方にコンサートや発表会でご利用いただくことも多く、みなさんに『音がいい』ことを実感していただいています。誰でもホールのグランドピアノを演奏できたり、修学旅行で浦安にいらっしゃった学校の生徒さんにホールで演奏していただいたりといった体験企画も好評ですし、ピアノコンクール直前にご利用いただいて好成績をあげた方もいらっしゃいました。また、市内在住の音楽家に出演していただく親子向けのワンコイン・コンサートもあり、地域社会に貢献できる場としての役割も担っていきます」

ほかにも昭和音楽大学の協力を得て音楽講座を開講したり、合唱団を創設してオペラを上演したり、ホールのレジデンシャル・アーティストであるクァルテット・エクセルシオ(弦楽四重奏団)のメンバーが市内の子供たちに楽器演奏の指導を行ったりと、幅広い層が集まる音楽体験の場としても、充実した活動を展開中だ。

「コンサートホール」以外にも、多彩なジャンルの音楽やダンスなど多目的利用ができる「ハーモニーホール」があり、練習スタジオも充実。市内の音楽団体に所属して吹奏楽や合唱を楽しんでいる事務局スタッフも多いそうで、市民との気軽な関係を築き上げている。豊かで生き生きとした音楽が聴ける空間として、地域に愛される場として、今後もますます期待される施設なのだ。

可動式の客席により自由な空間を作れる「ハーモニーホール」には、ヤマハの音場支援システム(AFC)を導入。各種のコンサートや、このエリアでも人気が高いダンス公演ほか、さまざまな催し物が人気を博している。

■浦安音楽ホール

所在地:千葉県浦安市入船1-6-1
TEL:047-382-3035
ホール形式:シューボックス形
席数:303席
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

2784views

安倍圭子傘寿記念演奏会

音楽ライターの眼

マリンバから生まれる多彩な音と可能性を堪能、多くの奏者が集った記念コンサート/安倍圭子 傘寿記念演奏会

3589views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

3672views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

71966views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2121views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

15823views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

7993views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3754views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9647views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2852views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3553views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6150views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4797views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15040views

音楽ライターの眼

錦織健が15年ぶりに“日本の歌だけを歌う”テノールリサイタルを行う

412views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3957views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3325views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

37104views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

12601views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5023views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

30726views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5576views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6150views