Web音遊人(みゅーじん)

古典と現代の音が聴く人の魂を揺さぶる1stシングル『Sekai-Japan』/竜馬四重奏

テレビ朝日系ニュース番組『スーパーJチャンネル』のオープニングとともに流れてくるテーマ曲『Sekai-Japan』。メロディアスで力強い響きがすっと耳に馴染んで身体をかけめぐり、心をわし掴みにされるような不思議な曲だ。
2019年4月からオンエアされているこの新テーマ曲を担当したのは、竜馬四重奏。「世界に向けて日本を発信するニュース番組」にふさわしいアーティストとして選ばれた。

竜馬四重奏は、バイオリン奏者・竜馬と津軽三味線の雅勝、篠笛の翠、鼓の仁からなるユニットだ。その魅力を語るには、「バイオリンと日本の伝統楽器を組み合わせた“和洋折衷”のバンド」などという表現だけでは不十分だろう。

写真左から仁(鼓)、竜馬(バイオリン)、雅勝(津軽三味線)、翠(篠笛)

彼らが創出する世界観は唯一無二。インバウンドの増加や2020年東京オリンピック・パラリンピック開催で日本文化があらためて注目されている今、音楽業界でその勢いを牽引している存在といっていい。
メンバーは、“革命的バイオリニスト”とも称され、マルチな才能を発揮する竜馬、ロシアで初めて三味線一丁のソロ・コンサートを成功させるなど海外でも高い評価を得ている雅勝、歌舞伎役者と笛演奏家の血筋を引く翠、そしてリーダーである仁は、四代続く囃子の血統を受け継ぐ邦楽囃子方……と、全員が世界的に認められた一流プレイヤーだ。

彼らが表現するのは、古典音楽をベースにしながらもロック、ファンク、エレクトロなど現代的な音楽を取り入れた新たな日本的サウンド。スペシャリストたちの技術と表現力が深く融合し、古典と現代とを行き来する音は聴く人の魂を揺さぶる。
その実力だけでなく、独特の衣装をまとったルックスや魅せるパフォーマンス、人柄などあらゆる面でクール!これまでも国内外で大きな支持を得てきたが、「挑戦だと思っている」(竜馬)と臨んだ2019年8月2~4日の初アメリカ公演では、完全アウェーのニューヨークを熱狂させた。

「世界に向けた日本人らしいエンターテイメントを」との思いから、竜馬の呼びかけによってユニットが結成されたのは、2008年のこと。
「古典の世界では、殻を破るのはタブー。400年前のことをやらなければならないというところがあるのですが、でも僕はその殻を破ることが楽しみでしょうがなかったです」
仁は、当時をそう振り返る。一方、伝統芸能の世界ではまだまだ若手の翠は、竜馬四重奏としての活動について長い間、父親に打ち明けられずにいたそう。
「でもメジャーデビューを機に、父が一度観にきてくれたことがありました。こういう活動も日本の伝統芸能を伝えるツールになっていることを理解してくれたのではないかと思います」(翠)

キャリアやバックグラウンドはそれぞれ。しかし、「日本の伝統文化、魂を世界に」という強い想いと決意はみな同じだった。
また、曲づくりにおいて、当初は作曲家に委嘱していたが、メンバーおよびそれぞれの楽器の魅力や個性を生かしたオリジナル曲をつくり始めたことで、竜馬四重奏を竜馬四重奏たらしめるオリジナリティと輝きが増した。「作曲することで自分たちのパフォーマンスができるようになり、モチベーションが上がりました」と雅勝は話す。
「情熱」の竜馬、「骨太」な雅勝、「誇り」の翠、「自由」な仁。それぞれの個性を一言で表すならば、そんなところだろうか。その強い4つの個性が寄せたり引いたりしながら生みだすエネルギーが、竜馬四重奏の真骨頂だろう。

これまで11年にわたり、日本人の魂を音楽にのせて世界に発信してきた竜馬四重奏だが、ここにきて時代がようやく彼らに追いついてきたといってもいいかもしれない。ニュース番組「スーパーJチャンネル」の新テーマ曲に、彼らが抜擢、先行配信でオンエアされることになったのだ。
「『スーパーJチャンネル』の改編にあたって、世界のなかの日本という意識を持った報道をしていきたいということでした。僕らもずっと、それと同じコンセプトで活動してきました。『Sekai-Japan』というタイトルは、その名の通り、世界のなかの日本。日本からどんどん世界に飛び立っていくようなイメージでつくりました」
新テーマ曲を作曲した竜馬は、楽曲に込めた思いをそう語る。

「報道らしさを意識し、サビの部分は大胆で幅広く、細やかでかっこいいリズムをつけました」と仁。
2019年6月には、シングル盤の『Sekai-Japan』もリリース。表題曲のほか、侍ジャパンのチアリーディングや智弁和歌山高校の応援曲に使われるなど“勝負曲”としても人気が高い『YAMATO』も収録されている。さらに、翠がアレンジした『家路(交響曲第9番「新世界より」第2楽章』、雅勝アレンジの『Mission Impossible(「スパイ大作戦」のテーマ)』の全4曲に竜馬四重奏の魅力を詰め込んだ。
一度触れたら必ず虜になる、独自の世界観をぜひ味わってみてほしい。

■リリースインフォメーション

『Sekai-Japan』

発売元:ポニーキャニオン
発売日:2019年6月5日
価格:1,200円(税込)
詳細はこちら

■コンサートインフォメーション

『竜馬四重奏「LIVE2020~KUROFUNE~」』
開催日:2020年2月8日(土)15:00開演(14:30開場)
会場:かめありリリオホール(東京都葛飾区亀有3-26-1)
料金:全席指定5,500円(税込)※小中学生は1,000円(Ro-0nチケットのみ取り扱い)
申込み・お問合せ: TEL.047-365-9960

詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

5926views

音楽ライターの眼

ブラームス国際コンクール、日本人初優勝のバイオリニスト中村太地が3大Bに挑む

4004views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

7447views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

19186views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9732views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

3015views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8590views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5361views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7864views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2637views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3849views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20717views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6504views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8368views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が生まれるまで

1639views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6725views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2855views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4740views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12752views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

4697views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

28090views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3525views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20717views