Web音遊人(みゅーじん)

小泉文夫記念資料室

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

民族音楽学者であり、東京藝術大学音楽学部の教授だった故・小泉文夫氏のコレクションを展示する小泉文夫記念資料室。室長を務める東京藝術大学音楽学部の植村幸生教授に、資料室の成り立ちや自慢の楽器についてうかがいました。

日本における民族音楽研究のパイオニアであり、民族音楽の魅力を広く知らしめた小泉文夫氏。民族音楽がまだ一般的でなかった1950年代にインドに留学し、実技を学ぶかたわら現地の音楽の調査を実施。日本に帰国後は東京藝術大学で教鞭をとるほか、当時としては珍しくメディアに登場し、独自の視点とソフトな語り口で多くの人を魅了しました。
ですが、活躍の頂点にあった1983年に急逝。遺族から小泉氏が収集した楽器、楽譜、図書、録音テープ、映像資料、レコードなどが寄贈されたのを機に、1985年6月6日に小泉文夫記念資料室が開設されました。

小泉文夫記念資料室

小泉氏の民族音楽研究の出発点はインドだった

現在、所蔵されている楽器はおよそ800点。1950年代から1980年代前半に、小泉氏が数十か国から持ち帰った楽器を中心に展示されています。
「資料室の開設にあたっては、小泉先生が残したメモなどを頼りに約2年がかりで全ての楽器を鑑定し、目録をつくりました。ただし素材については判別が難しいため、来日した音楽家や現地の事情に詳しい研究者に助言を求めたり、ウェブサイトで一般に情報公開したりすることで今もなお情報を更新しています」と、植村教授。

コレクションのなかには今では見られない古いスタイルのものも多く、そのひとつがビルマの竪琴ともいわれるサウン。資料室にあるものは弦をひもで結んで棹(さお)にとめるタイプですが、調律に手間がかかるため、今はネジ式の楽器がほとんどだそう。
また、小泉氏が留学から持ち帰ったインドの楽器も古いスタイルのもの。手漕ぎ式のリードオルガンであるハルモニウム(写真一番上)や、19本の弦(弓で弾く4本の弦+共鳴弦15本)を持つエスラージなど、インドの香りを感じる楽器がそろいます。

サウン エスラージ

(写真左)サウン(写真右)エスラージ

加えて、小泉氏が日本における実践の基礎を築いたのがジャワのガムラン。当初は小泉氏の自宅に学生が集まって練習に励んでいましたが、その後、東京藝術大学の自らが受け持つ演習のなかでガムランを教え始めます。
「ガムランはかなりの大型なので、梱包や船便での輸入手続きなど、日本に運ぶのはさぞ大変だったろうと思います。先生の奥様で声楽家の、故・加古三枝子氏のお話によると、大きなガムランがある日突然自宅に届き、たいそうびっくりしたということです」

なお、当資料室では訪問者が楽器を手に取ることができ、一部の楽器については実際に音を鳴らすことも許可しています。興味のある民族楽器に触れながら心ゆくまで観察したり音を出したりできるのは、とても貴重なことではないでしょうか。

お宝楽器の紹介はまだまだ続きます。

>続きをみる

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

6337views

フジ・ロック・フェスティバル'18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’18にボブ・ディランが参戦。歴史的イベントをたっぷり楽しむには

4218views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

27088views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7624views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2981views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2533views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2560views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8255views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4094views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3621views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5766views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4621views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

19230views

音楽ライターの眼

仮面ライダーも串刺しに、メタルも恋に落ちた名曲、ジョー・ダッサンの「愛の挽歌」

2073views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

34022views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2676views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6560views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4001views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3244views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

27088views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4409views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16497views