Web音遊人(みゅーじん)

小泉文夫記念資料室

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

民族音楽学者であり、東京藝術大学音楽学部の教授だった故・小泉文夫氏のコレクションを展示する小泉文夫記念資料室。室長を務める東京藝術大学音楽学部の植村幸生教授に、資料室の成り立ちや自慢の楽器についてうかがいました。

日本における民族音楽研究のパイオニアであり、民族音楽の魅力を広く知らしめた小泉文夫氏。民族音楽がまだ一般的でなかった1950年代にインドに留学し、実技を学ぶかたわら現地の音楽の調査を実施。日本に帰国後は東京藝術大学で教鞭をとるほか、当時としては珍しくメディアに登場し、独自の視点とソフトな語り口で多くの人を魅了しました。
ですが、活躍の頂点にあった1983年に急逝。遺族から小泉氏が収集した楽器、楽譜、図書、録音テープ、映像資料、レコードなどが寄贈されたのを機に、1985年6月6日に小泉文夫記念資料室が開設されました。

小泉文夫記念資料室

小泉氏の民族音楽研究の出発点はインドだった

現在、所蔵されている楽器はおよそ800点。1950年代から1980年代前半に、小泉氏が数十か国から持ち帰った楽器を中心に展示されています。
「資料室の開設にあたっては、小泉先生が残したメモなどを頼りに約2年がかりで全ての楽器を鑑定し、目録をつくりました。ただし素材については判別が難しいため、来日した音楽家や現地の事情に詳しい研究者に助言を求めたり、ウェブサイトで一般に情報公開したりすることで今もなお情報を更新しています」と、植村教授。

コレクションのなかには今では見られない古いスタイルのものも多く、そのひとつがビルマの竪琴ともいわれるサウン。資料室にあるものは弦をひもで結んで棹(さお)にとめるタイプですが、調律に手間がかかるため、今はネジ式の楽器がほとんどだそう。
また、小泉氏が留学から持ち帰ったインドの楽器も古いスタイルのもの。手漕ぎ式のリードオルガンであるハルモニウム(写真一番上)や、19本の弦(弓で弾く4本の弦+共鳴弦15本)を持つエスラージなど、インドの香りを感じる楽器がそろいます。

サウン エスラージ

(写真左)サウン(写真右)エスラージ

加えて、小泉氏が日本における実践の基礎を築いたのがジャワのガムラン。当初は小泉氏の自宅に学生が集まって練習に励んでいましたが、その後、東京藝術大学の自らが受け持つ演習のなかでガムランを教え始めます。
「ガムランはかなりの大型なので、梱包や船便での輸入手続きなど、日本に運ぶのはさぞ大変だったろうと思います。先生の奥様で声楽家の、故・加古三枝子氏のお話によると、大きなガムランがある日突然自宅に届き、たいそうびっくりしたということです」

なお、当資料室では訪問者が楽器を手に取ることができ、一部の楽器については実際に音を鳴らすことも許可しています。興味のある民族楽器に触れながら心ゆくまで観察したり音を出したりできるのは、とても貴重なことではないでしょうか。

お宝楽器の紹介はまだまだ続きます。

>続きをみる

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

6829views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

3983views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

15940views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

17309views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5966views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

4977views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15664views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4938views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10318views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

5019views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6059views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24680views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5966views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7622views

音楽ライターの眼

連載14[ジャズ事始め]アメリカよりも箔が付いた?“ジャズの蜜月地”上海

1240views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

4977views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

4483views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

11308views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

17276views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4494views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

8987views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7754views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24680views