Web音遊人(みゅーじん)

クラシック名曲 ポップにシン・発見(Phase6)

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase6)ロドリーゴ「アランフエス協奏曲」、マイルス・デイヴィスにはないスペインの明るさ

スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴ(1901~99年)はギターと管弦楽のための「アランフエス協奏曲」によって特に知られる。第2楽章アダージョばかりが有名なのは、ギル・エヴァンスの編曲でマイルス・デイヴィスのアルバム「スケッチ・オブ・スペイン」に収められたからだ。なぜ第2楽章だけか。そこにはマイルスが推進したモード・ジャズの秘密がある。哀愁の旋律は魅力的だが、明るい両端楽章を含め全3楽章を聴きたい。

モードで書かれた哀愁の名旋律

ロドリーゴは幼児期に失明したが、ピアノを習って音楽の才能を開花。パリに留学し、作曲家ポール・デュカスに師事した。スペイン内戦期は独仏に滞在。内戦が終結し第二次世界大戦が始まる1939年、パリで「アランフエス協奏曲」を作曲した。内戦では首都マドリード南方の古都アランフエスも戦禍を被った。家族の不幸も重なり心を痛めたロドリーゴは、祖国の民族楽器ギターによる協奏曲の作曲を思い立った。フランコ政権下のスペインに帰国後の翌40年、バルセロナにて初演された。


Concierto de Aranjuez. II Adagio. Joaquín Rodrigo. Pablo Saínz Villegas/Carlos Kalmar/ORTVE.

まず全曲ではなく、有名な第2楽章アダージョを聴き、マイルスのアルバムと比べよう。冒頭からギターがロ短調(Bマイナー)のコードをアルペジオで弾く。その和音に乗せてイングリッシュホルンが哀愁の旋律を吹き始める。この旋律は単なる短調ではない。エオリアと呼ぶ旋法(モード)で作られている。

エオリア旋法はピアノの白鍵では「ラシドレミファソラ」。イ短調の自然短音階と同じだ。第2楽章はロ短調なので、ここでのエオリア旋法は「シド♯レミファ♯ソラシ」。哀愁の名旋律は、現代の短調との違いに気付きにくいものの、実は16~18世紀の教会旋法を採用しているところがポイントなのだ。

イングリッシュホルンに続いてギターが哀愁の旋律を弾く。装飾音をふんだんに盛り込みながらも、エオリア旋法の音を離れない。転調を重ねながら、この旋律は楽器を変えて繰り返し登場する。楽章全体は5つの部分で構成されているが、一つの旋律が転調を伴って形を変えていく変奏曲と捉えることもできる。

緩徐楽章ながらギターが音階的な速いパッセージを入れるなど、聴きどころは多い。超絶技巧風のギターのカデンツァはメランコリックに鳴り響き、煽情的なラスゲアード(和音のかき鳴らし)で締める。その直後に頂点を築くのは、嬰ヘ短調で管弦楽が熱く奏でる哀愁の旋律。最もドラマティックで重要な局面だ。終結部はロ短調で冒頭を回想しながら、最後は懐かしい雰囲気のロ長調の光が差して終わる。

スペイン風ジャズというよりクラシック

ではアルバム「スケッチ・オブ・スペイン」でギル・エヴァンスはどのように編曲し、マイルス・デイヴィスはいかにトランペットを吹いたか。まず気付くのは、調性が原曲のロ短調からニ短調(Dマイナー)に変わっていることだ。原曲の素朴で鄙びたイメージが薄まり、厳粛で劇的な力強さが加わる。そしてタンバリンやカスタネットといったスペイン風の打楽器の導入。これはギターのアルペジオやラスゲアードの代わりとも思える。コード進行による制約を乗り越え、モード(旋法)による進行でアドリブの自由度を高めようとしたモード・ジャズでは、コードを安易にかき鳴らすわけにはいかないのだろう。


Miles Davis – Concierto de Aranjuez: Adagio (Official Audio)

冒頭はニ短調ながら原曲のエオリア旋法の旋律を管楽器がほぼそのまま鳴らす。マイルスのトランペットも旋法に即している。モード・ジャズというよりはクラシック。名旋律がモードでできているとはいえ、エオリア旋法は自然短音階と事実上同じ。現代の短調に最も近い旋法だ。旋律の終止音が短調の主音なので、通常の短調風に聴こえてしまう。

作品は精緻にアレンジされている。しかしトランペットのアドリブにしても、アルバム「カインド・オブ・ブルー」(1959年)をはじめ彼のほかのモード・ジャズ作品と比べてやや窮屈さを感じないか。名旋律の枠組みにアドリブが収まってしまう印象が拭えない。

エオリア旋法が必ずしもスペイン風に響かないこともある。ロドリーゴは18世紀後半のアランフエス王宮を思い描いて作曲したという。宮廷画家としてゴヤが活躍した時代を想定しており、新古典主義の建築や庭園がイメージされる。第2楽章の旋律も古典的な風雅を持つ。カスタネットをフラメンコ風に鳴らすのとはやや違う気もする。それでもマイルス盤の意義はクラシックファンも取り込み、ジャズの世界を広げたことだろう。

アルバム全曲と全3楽章を聴く楽しみ

アルバム全曲を聴けばさらに興味深い。スペインの民俗色はむしろフラメンコの音階に近いフリギア旋法にある。フリギア旋法を存分に鳴らすのが終曲「ソレア」。主部はほとんど2つのコードとそのテンションコードのみ。よってコード進行は問題にならず、フリギア旋法をフラメンコ調にしたモードによるアドリブが主役なのだ。フラメンコのリズムに乗ってマイルスのアドリブは飛翔する。まさにスペインの描画である。

マイルス・デイヴィス「スケッチ・オブ・スペイン」(1960年、ソニー)

マイルス・デイヴィス「スケッチ・オブ・スペイン」(1960年、ソニー)

現代人好みの民俗的なスペイン音楽は意外にも「アランフエス協奏曲」の第2楽章ではなく、「ソレア」に表れている。ロドリーゴの原曲についても同様。フラメンコ風のスペインをもっと聴きたければ、「アランフエス協奏曲」の第1、3楽章が欠かせない。


JOHN WILLIAMS. CONCIERTO DE ARANJUEZ.

ギターは容易にコード弾きができる。ギター協奏曲としての「アランフエス協奏曲」が線的なモードだけというわけにはいかない。原曲の第1楽章はギターがニ長調のコードをかき鳴らして始まる。民俗色溢れる複合リズムに乗って、明るい主題が生き生きと展開する。フラメンコ風の超絶技巧の速いパッセージをはじめギターソロの聴きどころも多い。

「ロドリーゴ:アランフエス協奏曲/ある貴紳のための幻想曲 他」イエペス(ギター)、ナバロ指揮フィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団、ロンドン交響楽団(1976、77、79年録音、ユニバーサル)

「ロドリーゴ:アランフエス協奏曲/ある貴紳のための幻想曲 他」イエペス(ギター)、ナバロ指揮フィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団、ロンドン交響楽団(1976、77、79年録音、ユニバーサル)

第3楽章が面白いのは、ギターが第2楽章の最後を引きずってロ長調でロンドの主題を弾き始めるところだ。その後すぐに管弦楽が主調のニ長調で主題を引き継ぐ。明るくのびのびとした躍動感がみなぎる。コード弾きの多用と明快な長調の魅力を持つ第1、3楽章は、モード・ジャズの素材には向かなかったと想像できる。

「アランフエス協奏曲」も「スケッチ・オブ・スペイン」も全曲を聴く楽しみは大きい。名曲の中にも隠れた魅力がある。まだ知らないスペインとジャズが待っている。

「クラシック名曲 ポップにシン・発見」全編 >

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社チーフメディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。クラシック音楽専門誌での批評、CDライナーノーツ、公演プログラムノートの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:今井美樹さん「私にとって音楽は、“聴く”というより“浴びる”もの」

5880views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#023 ジャズ界の“彗星”が遺したハード・バップからの決別宣言~エリック・ドルフィー『アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1』編

1078views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

44747views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175466views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4514views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

14420views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6385views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13305views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9773views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4742views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4667views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24692views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10279views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23370views

Even Hell Has Its Heroes

音楽ライターの眼

伝説のドローン・バンド、アースを題材にした映画が海外公開。ニルヴァーナにも多大な影響

4571views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7003views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

1824views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2087views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20176views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5670views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175466views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7170views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9577views