Web音遊人(みゅーじん)

コレペティトゥーアのお仕事

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

オペラの舞台作りにおいて、歌手が本番に向けて稽古をする際、ピアノ伴奏をしながら、主に音楽表現についてアドバイスを行う人をコレペティトゥーアと呼ぶ。日本ではあまり聞き慣れない職業だが、ヨーロッパではコレペティトゥーアから叩き上げて指揮者になる人も多く、舞台の仕上がりを左右する重要なポジションとして知られている。コレペティトゥーアとはどのような役割を担い、オペラ公演をどう支えているのか、藤原歌劇団に所属する浅野菜生子(なおこ)さんにお話を伺った。

オペラは、オーケストラをバックに歌手が歌いながら演技をする音楽劇だが、稽古の初期段階では、歌手はピアノ伴奏をバックに歌唱を行う。コレペティトゥーアはこの稽古の主導を握り、歌手と何度も稽古を重ねながら、歌唱のアドバイスをしたり、音程や外国語の歌詞の発音をチェックしたり、歌手がより深い音楽表現をするためのサポートをする。
ピアノ伴奏も、通常の伴奏とは異なり、本番のオーケストラの音楽をピアノで表現することが求められるため、伴奏用のボーカルスコアを譜面通りに弾かず、アレンジを加えるという。
「フルスコアをピアノ伴奏用に編曲したボーカルスコアでは、オーケストラの多くの音が省略されているので、作品の音源を聴いたり、フルスコアと照らし合わせたりしながら、必要に応じて音符を書き加えます。オーケストラのどの楽器がどういう奏法で弾くかによって、タッチやペダリングを変えたりもするんですよ」
さらに、指揮者によって異なるテンポの取り方や、細部の音楽表現も演奏に反映させるとか。
「本番の指揮者を補佐する副指揮者に質問したり、その指揮者の過去の演奏から音楽性を予測したりして、演奏に反映させています」

コレペティトゥーアのお仕事

(写真左)藤原歌劇団公演のオペラ『ルチア』の稽古のひとコマ。本番の指揮者を補佐する副指揮者(右)は主に感情表現などの演技指導を、浅野さんは発声やイタリア語の発音についてアドバイスを行った。(写真右)浅野さんが使っている、オペラのピアノ伴奏用の楽譜(ボーカルスコア)。この1册がオペラの1作品分の楽譜だ。譜面通りに弾くのではなく、必要に応じてアレンジを加えている。

コレペティトゥーアは、作品の音楽の全てを把握していなければならず、オペラの音楽や声楽に対する知識はもちろん、イタリア語やドイツ語などの外国語の知識、スコアリーディング、オーケストレーション(管弦楽の作・編曲法)、指揮法などの多岐にわたる知識、スキルが要求される。コレペティトゥーアを足掛かりに指揮者になる人がいるのは、こうしたことが理由でもある。

コレペティトゥーアは、歌手の「耳」の代わりになることも求められる。
「録音した自分の声に多くの人が驚くように、歌手自身が聴いている声と、周囲が聴いている声は同じではありません。コレペティトゥーアは歌手の声を客観的に聴き、受けた印象や、問題点があれば伝えなければなりません」
また、コレペティトゥーアは歌えなければならず、歌手が歌詞の暗譜稽古をするときは、ピアノを弾きながら相手役の歌を歌う“弾き歌い”をする必要がある。
「美しい声でなくてもいいので、堂々と歌うことが大切です。特に歌手に指摘をするときは、言葉で伝えることも重要ですが、歌手の歌声や歌い方を真似して再現するほうが、説得力がありますし、こちらの意図も伝わりやすいです」

コレペティトゥーアのお仕事

オペラ・アリア(独唱)コンサートのリハーサル風景。リサイタルの共演ピアニストも、浅野さんにとって大切な仕事のひとつ。

浅野さんが考える理想のコレペティトゥーアは「ピアノを弾くデータベースおよび辞書」。音楽のことはもちろん、作品の文学的な側面や時代背景、舞台美術など、あらゆる質問に答えられる準備をしておかなければならない。加えて、稽古を通して歌手と深く付き合うことになるため、オペラ公演とは関係ないところで歌手から相談される機会も多くなる。
「歌手がオーディションやコンクール、リサイタルに臨むとき、選曲について相談されることもあるので、オペラのアリア(独唱)だけでなく、歌曲、宗教曲など、声楽のレパートリーについての幅広い知識が必要です。過去の著名な指揮者・歌手の演奏の情報や、今どういった演奏スタイルが求められているかについても押さえておくべきですし、いくら勉強しても足りることはありません」

常に冷静な判断、客観性が求められ、稽古期間から公演中は作品にどっぷり浸かるが、公演が終われば次の作品へ向けて頭を切り替えなければならない。以前、フランス革命を題材にしたプーランクの『カルメル派修道女の対話』に携わったときは、公演が終わっても頭の中で音楽が鳴っていたそうだが、通常は公演が終わって数日経てば、作品が頭から抜けるそうだ。
「自分が携わった作品はどれも思い入れがありますが、多くの作品に携わるという職業柄もあり、ひとつの作品を引きずることはありませんね」

続きをみる

 

特集

坂本龍一さん

今月の音遊人

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

15704views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

4680views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2233views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17972views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9983views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

8074views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12231views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5920views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12672views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7742views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8019views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29353views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8155views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9893views

音楽ライターの眼

クイーン、デヴィッド・ボウイ、デフ・レパードも絶大支持。モット・ザ・フープルが歌い続ける“ロックンロール黄金時代”

1987views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

24258views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10378views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

129897views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20509views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8019views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

41036views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13528views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24894views