Web音遊人(みゅーじん)

明日また歌いたいと思っていることが原動力/由紀さおりインタビュー

この世に“永遠”はないかもしれないけれど、この人にはその言葉が似つかわしい。
『夜明けのスキャット』でデビューしてから、2019年で50年を迎えた由紀さおり。澄んだ歌声は70代を迎えてなお美しく響きわたり、白く透き通った肌は変わらない。
「明日また歌いたいと思っていることが私の原動力です。私の毎日は、明日歌うためにあるといっても過言ではありません」
そう断言し、真のプロフェッショナル魂をうかがわせる一方、美しい肌の秘訣を尋ねると由紀はチャーミングな笑顔を見せた。
「人前に出ますからね(笑)。由紀さおりとしてだけでなく、女としてもそうありたいと思ってはいますけれどね」

“永遠”の美しい歌声で人々を魅了し、常に第一線を走り続ける由紀さおり。2019年から2020年をアニバーサリーイヤーと位置づけ、多彩な活動を展開している。
そのひとつが、2019年3月にリリースされたデビュー50年記念アルバム『BEGINNING~あなたにとって~』。後ろを振り返るのではなく前を向いて新たな一歩を踏み出す、まさにBEGINNING(はじまり)となる作品だ。
「若い方々がつくってくださる曲をどこまで歌えるか挑戦したくて、亀田誠治さんにプロデュースをお願いしました。自分が大切にしてきた歌を歌うだけでは、枯渇する感じがしますから」
同アルバムには、アンジェラ・アキ、いしわたり淳治、水野良樹(いきものががり)、永積崇(ハナレグミ)らアーティストによる書き下ろし全8曲を収録。なかでも、アンジェラ・アキが作詞・作曲を手がけ、アルバムタイトルにも冠された『あなたにとって』は、由紀にとって特別な存在となった。
「聴いてくださる方、一人ひとりのテーマソングにしていただきたい歌です。私という存在が消えても歌は残る。そういう作品に育てていきたいという大きな野望を持って、いろいろなところで歌っていきたいと思っています」
また、“感謝”と題した50年記念コンサートも進行中だ。このコンサートでは由紀が大切にしてきた珠玉の名曲に加え、ニューアルバムからも数曲を披露。円熟味をたたえ、ますます磨き抜かれた歌声で聴き手の心を揺さぶる。

女優、由紀さおりとしても新たな高みを目指す。
2019年9月、銀座の観世能楽堂は、ひときわ喝采に包まれた。上演されたのは、由紀のひとり芝居『夢の花-蔦代という女―』。有吉佐和子の名作『芝桜』が原作で、戦前の花街で生きた東京の芸者、蔦代の物語だ。
ひとり芝居の上演は、由紀が十数年来あたためてきた願いであり、思い入れは強い。それが実現したのは2018年秋。紀尾井町ホールでの1ステージ限りの舞台だった。
「足りないところもたくさんあって、それから1年かけてお稽古をしました」
そして2019年の秋、新たな趣向を加えての待望の再演。演じながら、歌に三味線に日舞とひとり4役をこなし、由紀はたおやかな姿を見せた。
「人間国宝の野村四郎先生に監修していただき、所作も教えていただきました。新しい発見があって、本当に刺激的でしたね。やはり能舞台は神様がおいでになる場所ですから、ものすごく力をもらえました」
3日間4公演を終えてすぐに再演の話が持ち上がったというから、由紀の笑顔はいっそう晴れやかだ。
「私は、その時どきの空気感やお客さまの呼吸みたいなものを常に自分の肌で感じ取り、歌ったり、演じたりしてきました。ある種研ぎ澄まされたその感覚を私は忘れたくないのです。今回の舞台も、そんな自分の感覚を信じることにつながったと思います」
さらに研鑽を積み、磨きをかけた渾身の舞台は2020年秋開催予定。由紀のチャレンジは、これからも続く。

■アルバムインフォメーション

『BEGINNING~あなたにとって~』


発売:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2019年3月
価格:2,778円(税抜)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

『由紀さおり50年記念コンサート2019~2020〝感謝〟』

2020年3月7日(土)開演15:30 加古川市民会館(兵庫県加古川市)
3月18日(水)開演18:30 和歌山県民文化会館(和歌山県和歌山市)
3月19日(木)開演18:30 びわ湖ホール(滋賀県大津市)
4月9日(木)開演16:00 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京都葛飾区)
4月24日(金)開演16:00 たましんRISURUホール(立川市市民会館)(東京都立川市)
4月28日(火)開演16:00 レクザムホール(香川県県民ホール)(香川県高松市)
4月29日(水・祝)開演17:00 新歌舞伎座(大阪府大阪市)
5月14日(木)開演15:00 御園座(愛知県名古屋市)
5月28日(木)1.開演14:30/2.開演18:30 カナモトホール(札幌市民ホール)(北海道札幌市)
6月6日(土)開演15:00 中野サンプラザ(東京都中野区)
6月12日(金)開演16:00 関内ホール(神奈川県横浜市)

その他の公演情報は下記「公演情報はこちら」でご確認ください。
公演情報はこちら

■ブックインフォメーション

『明日へのスキャット』

著者:由紀さおり
発売:集英社
発売日:2019年7月25日
価格:1,389円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

2937views

音楽ライターの眼

ベートーヴェンの生誕250年に、3大ピアノ・ソナタを極める

26621views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4730views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

32551views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10188views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

6796views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4359views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5473views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18170views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

5635views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5332views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6358views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10188views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

9018views

音楽ライターの眼

連載16[ジャズ事始め]“上海リヴァイヴァル”を象徴する「上海バンスキング」とアジア・ジャズの序章

1080views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

4821views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5239views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

9005views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13536views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3142views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

15565views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

552views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22353views