Web音遊人(みゅーじん)

指先から涙が噴き出しそうにエモーションを込めたポール・コゾフのギター。バック・ストリート・クロウラーの『ザ・ライヴ・パフォーマンス -ファースト&ラスト-』発売

最小限の音数で最大限の感情を表現するギター。10年に満たない活動期間で、25歳の若さで旅立ったポール・コゾフだが、その死から46年が経つ2022年現在でも世界中のリスナーを魅了し続ける。

1950年に生まれたポールは1960年代後半、英国ロンドンのブルース・シーンでデビューするが、フリーのギタリストとして一躍ブレイクを果たす。3枚目のアルバム『ファイア・アンド・ウォーター』(1970)からのシングル『オール・ライト・ナウ』はイギリスでチャートの2位、アメリカで4位というヒットを記録した。

そんな商業的な成功と並行して、ポールはギターの名手として支持を得ていく。ブルースを軸としながら、指先から涙が噴き出しそうにエモーションを込めたリード・ギターは聴く者のハートを捉えるもので、『ウォーク・イン・マイ・シャドウ』『ザ・ハンター』『ソングズ・オブ・イエスタデイ』『アイル・ビー・クリーピン』『ファイア・アンド・ウォーター』『カム・トゥゲザー・イン・ザ・モーニング』……と名演は枚挙にいとまがない。

1970年に英ワイト島フェスティバルで60万人といわれる大観衆を前に演奏、1971年には日本公演を行うなど世界規模の人気を誇ったフリーだが、ポールの身体はドラッグに蝕まれていく。翌1972年の2度目の来日公演に彼は同行せず1973年、バンドは解散するのだった。

ポールはソロ・アルバム『バック・ストリート・クロウラー』(1973)を発表。いきなり17分半のインストゥルメンタル『チューズデイ・モーニング』で始まるなど、決してコマーシャルな内容ではなかったが、彼の入魂のギターを全編堪能出来る作品で、現在ではアウトテイクを追加収録したデラックス・エディションが発売されている。

続いて彼はアルバムと同名のバンド、バック・ストリート・クロウラーを結成。アルバム『バンド・プレイズ・オン』(1975)を発表するが、ヘロインと鎮静剤マンドラックスへの耽溺でボロボロの状態で、しかも北米ツアーではマネージャーを殴って左手の指を突き指、急遽スナッフィ・ウォルデンが代役としてギターを弾いたこともあった。そして1976年3月19日、彼はロサンゼルスからニューヨークに向かう飛行機の機内トイレで息絶えているのを発見されている。死因は脳浮腫と肺水腫と診断された。既に完成していたバック・ストリート・クロウラーのセカンド・アルバム『2番街の悲劇』(1976)は彼の死後に発表された。

わずか10ヶ月程度の活動期間、しかもポールが欠席のこともあったバック・ストリート・クロウラーだがアルバム2作に加えて、ライヴ2公演の音源が残されている。それらをカップリングしたCD2枚組が『ザ・ライヴ・パフォーマンス -ファースト&ラスト-』だ。

CD-1の1975年6月15日、クロイドンのフェアフィールド・ホールでのライヴは5月〜6月に行われた初のイギリス・ツアーからのもの。ポールの死後、『彷徨える魂 Koss』(1977)『リーヴス・イン・ザ・ウィンド』(1982)などのコンピレーション盤で数曲ずつが小出しにされてきたが、1983年に『Croydon June 15th 1975』で全14曲がフル・アルバム化。『バンド・プレイズ・オン』からの曲に加えてソロ作からの『モルトゥン・ゴールド』、フリー時代からおなじみのアルバート・キングの『ザ・ハンター』などでポールのギター、テリー・ウィルソン=スレッサーのヴォーカルが冴えわたり、音質ももちろん良好だ。熱心なファンにとっては“定番”化している音源だが、2022年24ビット・リマスター/DSDマスタリングで音質アップが図られている。

CD-2の1976年3月3日、ロサンゼルスのスターウッド・クラブでのライヴはポールが亡くなる2週間ちょっと前の、生前ラスト・ステージだ。突き指も癒えてプレイも順調で、やはり『バンド・プレイズ・オン』からの曲をメインに弾いている。こちらは古くからテープがマニアの間で地下流通していた音源で、観客が盗み録りしたのではないかとも言われてきたが、音質・バランス共に大きな問題はなく、のめり込んで聴くことが可能だ。

なお、2020年に海外でリリースされたCD4枚組BOX『Atlantic Years 1975-1976』にはスタジオ・アウトテイク&未発表曲4曲が追加収録されていたが、『ザ・ライヴ・パフォーマンス -ファースト&ラスト-』日本盤をレーベル直販あるいは一部CDショップで購入した場合、その4曲を収録したCDシングルが先着特典としてプレゼントされるので、ぜひ手に入れて聴き込みたい。

さらに日本盤には2種類のフライヤー・レプリカ、両面ピンナップを封入するなど、気合いを込めた仕様となっている。

その死から46年、ポール・コゾフのギターの慟哭は止まることがない。

■アルバム『ザ・ライヴ・パフォーマンス -ファースト&ラスト-』


発売元:Wasabi Records
発売日:2022年6月22日
価格(税込):3,520円

詳細はこちら

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

8741views

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

音楽ライターの眼

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

4059views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

3229views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34603views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

7565views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

10964views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5866views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5807views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

11048views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

5522views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4545views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22005views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6614views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18560views

音楽ライターの眼

連載15[多様性とジャズ]ジャズのアイドルたちへのオマージュにあふれた『ミンガス・アー・アム』収録曲

325views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

15677views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

8378views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

20438views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15472views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6560views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

100096views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7588views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25922views