Web音遊人(みゅーじん)

NU1XA

アコースティックピアノを演奏する喜びをもっと身近に。アバングランド「NU1XA」

アコースティックとデジタルの良いところを融合させたヤマハ ハイブリッドピアノのひとつであるアバングランド。この度モデルチェンジした「NU1XA」は、さらに磨きをかけたタッチと音響システムで自分の音色を奏でたい奏者の想いに応えてくれる。

鍵盤とハンマーのダブルセンサーと新しい音響システムが生み出す臨場感

アコースティックピアノの木製鍵盤とアクションを搭載し、コンパクトながらグランドピアノに迫る演奏感を実現するアバングランド。
2023年11月、4つのモデルを展開するアバングランドの中で唯一アップライトピアノアクションが搭載されたモデルが、「NU1XA」として生まれ変わった(他の3モデル「N3X」「N2」「N1X」はグランドピアノのアクションを搭載している)。アコースティックのアクション機構の一部を見直し、センサーと音響のシステムをアップグレードさせることでさらに繊細な表現ができるようになっている。
今回改良された点のひとつが、打鍵の力をハンマーに伝える“ジャック”と呼ばれる部品の形状。「特にアップライトピアノの場合は、グランドピアノに比べるとアクションの構造上、連打しにくいという特徴があります。そこで連打性と密接に関わるジャックの先端の形状を見直し、同音連打やトリルの弾きやすさを向上させました」と、商品企画を担当する太田哲朗さん。

NU1XA

多くのパーツから成るアップライトピアノのアクション。
今回のモデルチェンジでは、ハンマーを下から押し上げる“ジャック”と呼ばれるパーツの先端の形状を改良。
ハンマーが押し上げられてから元の位置に戻る時間が短くなり、連打がスムーズにできるようになった。

アクションの複雑な動きをふたつのセンサーで読み取る

「NU1XA」のベースはアコースティックピアノだが、音源や音を鳴らす部分はデジタル。ハンマーが弦を打つかわりにセンサーが動きを読み取って、「音源」と「音響システム」が音を響かせる。
奏者のタッチを読み取るセンサーは、従来からのキー(鍵盤)センサーに加えてハンマーにもセンサーを搭載。アコースティックピアノアクションにおいて、必ずしも連動しているわけではない鍵盤とハンマーそれぞれの動きをダブルセンサーで捉えることによって、奏者のタッチをより細かく検出できるようになった。
「ピアノを弾いている奏者は、音の出るタイミングや音の強弱をコントロールしながら多彩な表現を行っており、これらを決めるのが“ 弦を打つ瞬間のハンマーの速さ”です。ハンマーセンサーでハンマーが弦を打つタイミングと速さを緻密に読み取ることで、奏者のタッチの繊細な動きをより正確に捉えられるようになり、アコースティックピアノを弾くのと同じ感覚で演奏することができます」(太田哲朗さん)
なお「NU1XA」はアップライトピアノアクションを搭載しており、ほかのアバングランドのモデルとはアクションの構造が異なるため、独自のハンマーセンサーが一から設計されている。
「88あるハンマーそれぞれの動きを検出しつつも、タッチに影響を与えない非接触式を採用するところはアバングランドのこだわりです。特に『NU1XA』はボディを限りなく薄くコンパクトにしており、小さいサイズのアクションを搭載しているため、限られたスペースに検出能力の高いセンサーをいかにして搭載するかは開発の大きなポイントとなりました」と太田哲朗さんは語る。
さらにセンサーで読み取ったタッチの情報を、どのように音に反映し、奏者のところに返すかが重要となる。「NU1XA」では音響システムを改良し、新たに設計したスピーカーの構造を採用したり音の放射の方向を変えたりすることで、壁の反射音も生かした自然な音の広がりを実現している。
「屋根の下の左右に設置された高音域を鳴らすスピーカー(ツイーター)は、これまでは奏者に向けて音を出していましたが、奏者と壁の二方向に音を出すことで壁の反射も利用した立体的な音響にしています。また低音域を鳴らす鍵盤下の左右のスピーカー(ウーファー)も、奏者の方向に音を出していたのを天井方向に変えることで、奏者を含めてボディ全体を包み込むような音響となっています。その結果、目の前に響板が広がるグランドピアノの音響を再現するシステムとなりました」(太田哲朗さん)

NU1XA

写真左より、商品企画を担当する太田哲朗さん、マーケティングを担当する太田沙織さん。
おふたりをはじめ、普段からピアノを弾くスタッフが多数関わる「NU1XA」の開発。
ヤマハのピアノづくりの知見とノウハウに加えて、ピアノを知り尽くすスタッフの耳と感性が生かされている。

生楽器のタッチと表現力を多くの人に届けたいという思い

アコースティックの要素とデジタル技術を組み合わせたハイブリッドピアノは、アコースティックピアノと電子ピアノのスタッフが部署の垣根を越えて開発を行っている。互いの知見、ノウハウが生かされているが、開発の最終段階では「アコースティックピアノの音、響きになっているか」という指標をもとに細部の仕様が決められていったという。
また音源の部分はデジタルだが、鍵盤とアクションはアコースティックで、アクションだけで約5,000のパーツがある。それらが正確に動くよう、ヤマハが長年培ってきたアコースティックピアノ製造技術を生かして、技術者がひとつひとつ丁寧に調整を行っている。
マーケティングを担当する太田沙織さんが教えてくれた。
「アバングランドはアコースティックピアノそのままの弾き心地で演奏でき、中でも『NU1XA』はコンパクトかつ軽量です。また音量調節ができ、ピアノに触れる時間を増やすことができますので、ピアノを習っているお子さんの練習用としてはもちろん、趣味としてピアノを弾く大人の方にもおすすめです。ピアノといっても幅広い選択肢がありますが、アコースティックピアノのタッチで弾きたいけれど、音量を出せる時間が極端に限られる方、サイズが大きく重量のあるピアノは自宅に置けないという方は、ぜひアバングランドをご検討いただきたいです」
その時代のライフスタイルに合ったさまざまなピアノを生み出してきたヤマハ。住環境のスペースは限られるが、NU1XA」はアコースティックのピアノのタッチで演奏する醍醐味と、自分の音楽を表現する楽しみを与えてくれる。

NU1XA

(写真左)コンパクトで薄型なボディながら、流線型の脚でピアノの優美さを表現。
(写真右)蓋を開けると鍵盤と奏者の手が映る鏡面は、グランドピアノを弾いているかのような感覚を味わってほしいという願いが込められている。

奏者の想いを音につなげるアバングランドのシステム

NU1XA


2023 Yamaha AvantGrand NU1XA Promotional Video_vol.3

■NU1XA

NU1XA
アバングランドの中で最も小型なサイズながら、本物のアップライトピアノ鍵盤アクションを搭載し本格的な演奏感を実現させたモデル。

詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

21482views

音楽ライターの眼

レスリー・ウェストの追悼CDボックス2作が発売。暑苦しい夏は暑苦しいロック・ギターで

2465views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6556views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

3671views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15257views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9356views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8260views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5310views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30311views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

9520views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8403views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24978views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10037views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12740views

音楽ライターの眼

スペース・ロックは終わらない。ホークウィンドが最新アルバムと監修コンピレーションを発表

1812views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13415views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

7000views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

5043views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23589views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5540views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

38173views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7352views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29510views